ブログのアクセスが伸びないあなたへ!苦しい時の心構えをお伝えします

ブログのアクセスが伸びないあなたへ!苦しい時の心構えをお伝えします
現在コロナウィルスの影響で売上が下がってしまった全国のゲストハウスをつなげて、全国規模でクラウドファンディングに取り組んでおり、僕も運営として関わっています。

様々な想いや参加している施設紹介もあるので、ぜひまずは読んでみてください。

全国の宿泊施設を応援できる「みらいの宿泊券」を販売したい


こんにちは。

木内(きのうち)です。

 

ブログを一生懸命書くけどアクセスが伸びなくて悩んでいる人は多いと思います。

事実、僕は400日以上毎日平均3000文字以上のブログを書いていますが、そこまで爆発してアクセスが伸びていません。

 

ほんと少しずつ伸びている感じです。

そこで、今回のブログは『ブログのアクセスが伸びないときの心構え』について僕の実体験を交えた気持ちをお伝えしたいと思います。

 

ブログのアクセスが伸びないのときの心構え

僕が実際にしているブログのアクセスが伸びないときの心構えとは、

  • 数字に左右されずに記事を淡々と書き続ける
  • ブログ初期の数字と比較して成長している自分を認める
  • そんなもんでしょというある意味開き直る
  • アクセスが集まっているサイトを分析
  • 一旦ブログから離れてTwitterを育てる

という5つです。

 

では、どうしてこのような考え方を持っているのか書いてみたいと思います。

 

ブログのアクセス数は気にせず淡々と記事を書き続ける

僕もブログを書いているので、『多くの人に読んで欲しい。』という気持ちはあります。

そして、あなたが『ブログへのアクセスが欲しい』という気持ちも本当にいたいぐらいわかります。

 

ですが、僕自身ブログを毎日更新していて思うのでは、アクセスが爆発的に伸びることはないということです。

 

もちろん、これは僕の実体験に基づいた内容で、本当にノウハウを知っているプロの人が書くと違うかもしれません。

 

ですが、僕のように独学でSEOを勉強してコツコツ書き続けている人も多いというのも現実的にあります。

ただ、その多くの人がブログを書くのを途中で辞めてしまうのですが。

 

だから、そういう人にとっての心構えのアドバイスがこちらです。

  • 『Googleのさじ加減でブログへのアクセスは一気に増減する。それを気にしていたら心が大変。だからアクセスに一喜一憂せず良い記事を淡々と書き続けることが重要』

ということです。

これで、ぐっと気が楽になりますよ。

 

ぜひ、ブログを書き続けたい人は意識して欲しいと思います。

 

ブログ初期の数字と比較して成長している自分を認める

先程、『ブログのアクセス数に一喜一憂する必要はない』とお伝えしました。

ですが、ブログを続けるためのモチベーションの1つになるのが自分の成長です。

 

そして、その成長は何でわかるかというと、ずばり数字でわかるんですね。

 

でも、『「ブログのアクセス数に一喜一憂する必要はない」という考えとは矛盾してるのでは?』と思った人も多いと思います。

 

僕の考えは『直近の数字』ではなく『過去のあなたの数字』と比較するということなんですね。

そうですね、例えば1年前のあなたと比較するとどうでしょうか。

 

コツコツブログを定期的に書き続けていると、必ず1年前よりも数字が増えていると思います。

また、ブログを始めて1年以内の人は半年前とか3ヶ月前のあなたの数字と比較するようにしましょう。

 

すると、あなたの成長が見えてきます。

そして、この成長を感じることでブログにアクセスが集まらなかったとしても、ブログを書くモチベーションになったりあします。

 

ですので、ぜひ半年や1年前のあなたと比較してみることをおすすめします。

僕ですか?もちろん、チェックして「やってることは間違いではなかった」と自信をつけていますよ』

 

『そんなもんでしょ』というある意味開き直る

ブログにアクセスが集まらない場合の心構えとして『開き直る』というのがあります。

 

先程も書きましたが、『僕たちのブログへのアクセスはGoogleのさじ加減1つ』です。

だから、ブログへアクセスが集まらなかったら『そんなもんでしょ』と開き直ると心がだいぶすっきりします。

 

もちろん、ブログにアクセスを集めることをあきらめるわけではありません。

このように開き直ることによって、視野が広くなるんですね。

 

なぜなら、どうしてもアクセスばかりに気を取られていると、視野が狭くなりやすいから。

すると、心がいっぱいいっぱいになって、ブログが嫌いになっていくんですね。

 

その結果『ブログにアクセスが集まらないし書いても無駄』となり、途中でブログを書くことをやめてしまいます。

 

ブログを書くことを辞めてしまうなんて、本当にもったいない。

そういう心をリセットする意味でも、開き直ることが大切だと僕は考えています。

 

アクセスが集まっているサイトを分析

アクセスが集まるサイトを分析すると、意外な発見があったりします。

そして、この発見があなたに心の余裕をもたらしてくれる可能性があるんですね。

 

どういうことか具体的に説明しますね。

 

人間が不安になるときって原因がわからないからなんですね。

 

例えば、病気。

あなたの病気は原因不明です』とお医者さんに言われたらどうでしょう。

とてつもなく不安になりますよね。

なぜなら、対策のしようがないから。

 

でも、『あなたの病気は白血病です』と言われた場合はどうでしょうか。

確かに重病ではありますし死の危険性もあります。

 

ですが、『原因不明の病です』と言われた時と比較して、まだ希望が持てそうですよね。

なぜなら、対策ができるから。

 

この白血病にはこういう風にすればよくなる』とか『もっとこういう治療があるよ』とかわかりますよね。

このように未来への希望を持った人間は、行動がしやすくなるんですね。

 

そして、これはブログにも当てはまります。

アクセスが集まっているサイトを研究することによって、原因がわかるんですね。

あっ!なるほど。そういうことか』と。

 

そうなれば、あとはブログに反映させるだけですよね。

 

まとめると、

  • ブログにアクセスが集まらない
  • 闇雲に対策をしてみる
  • アクセス数が変わらない
  • 挫折してブログをやめる

となるところを、

  • アクセスが集まっているサイトを分析する
  • 原因が判明する
  • その対策をする
  • ブログにアクセスが集まるようになる

ということになる可能性が上がりますよね。

 

だから、ぜひアクセスが集まっているブログを研究してみてくださいね。

 

一旦ブログから離れてTwitterを育てる

あーもういや!ブログをやめたい』と考えている人は、1度ブログから離れてもいいんじゃないかなって僕は思っています。

 

決してブログだけが情報発信の場所ではないですし、イヤイヤ続けてもなかなかアクセスは集まらないでしょう。

では、その時どうするか。

 

僕のおすすめはTwitterですね。

Twitterアカウントを育ててみましょう。

 

Twitterは140文字以内であなたの伝えたいことを伝えるので、ブログを書いていた人にとっては、比較的楽に参加できると思います。

 

また、アクセスは数はフォロワーの数やリツートの数によって変わってくるので、ブログのようにアクセスが集まらなくて悩むことは少なくなります。

 

ですので、ブログから一旦距離を置きたいと考えている人は、一旦距離を取りTwitterを始めることをおすすめします。

 

そして、Twitterで盛り上がったネタをブログに書くと『書くことがない』という状態から脱出できるので、記事のアイデアに悩むことは少なくなりますね。

 

最後に

今回はブログにアクセスが集まらないときの心構えを書いてみました。

全て僕が実践していることで、実践していただくと、心に余裕が生まれブログを書き続ける希望が生まれると思います。

 

ですので、ぜひブログにアクセスが集まらなくて悩んでいるという人は、今回紹介した、

  • 数字に左右されずに記事を淡々と書き続ける
  • ブログ初期の数字と比較して成長している自分を認める
  • そんなもんでしょというある意味開き直る
  • アクセスが集まっているサイトを分析
  • 一旦ブログから離れてTwitterを育てる

という5つのポイントを実践してみてくださいね。

 

きっと心が楽になり、もっと楽しくブログに向き合えると思いますよ。

ぜひ、試してほしいと思います。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です