阿波踊りは徳島市以外のいつかの市町村で行われています!

阿波踊りは徳島市以外のいつかの市町村で行われています!

徳島県の夏の名物といえば、阿波踊りですよね。

8月12日〜15日の期間の4日間のために残りの361日を生きているとっても過言ではないほど、大好きなお祭りです。

事実、僕もかつて連(阿波踊りのグループのこと)に所属し、大太鼓を演奏していました。

 

ただ、多くの徳島県外の人は『阿波踊りは8月12日〜15日のみ』と思っている人が多いですね。

 

なぜなら、僕は徳島県の鳴門市で『うずしおゲストハウス』という宿泊施設を運営しており、多くの県外のお客さんから『えっ!?阿波踊りって徳島市以外でもしているんですか』と言われるからですね。

 

そこで、今回のブログは『徳島市以外の阿波踊り』について解説したいと思います。

この記事を読んでわかること
  • 徳島市以外の阿波踊りの場所
  • 徳島市以外の阿波踊りの日時

 

阿波踊りは徳島市だけじゃない!ほかの市町村でも行われています

全国的に有名なのが徳島市の阿波踊り。

この期間は『8月12日〜15日』ですね。

 

そして、去年全国TVにも取り上げられて『総踊りの中止』がどうこう言っていたのが、この徳島市の阿波踊りです。

だから、このようにテレビで取り上げられたためか、多くの人が『阿波踊り=徳島市の阿波踊りのみ』と勘違いされています。

 

ですが、阿波踊りは徳島を代表する踊りのため、様々な市町村で行われています。

そこで、徳島市以外の阿波踊りを開催日時順に紹介したいと思います。

 

鳴門市の阿波踊りが徳島県で1番早く開催される


鳴門市の阿波踊りは徳島県で1番始めに開催されます。

つまり、ここから阿波踊りシーズンが開始されるのです。

 

8月9日、10日、11日は鳴門市の阿波踊り。

そして、8月12日、13日、14日、15日は徳島市の阿波踊りとなります。

その後、いけだ等の阿波踊りが16日まであります。

 

つまり、8月9日〜16日までの8日間は阿波踊り期間になります。

 

鳴門市の阿波踊りは規模としては徳島市の阿波踊りほどはありません。

ですが、人が少ないためゆっくり踊りを楽しむことができます。

 

実際、僕が運営する『うずしおゲストハウス』にご宿泊いただいたゲストさんが、11日に鳴門市の阿波踊りへ、そして、12日に徳島市の阿波踊りへ見に行きました。

 

その人は『鳴門の阿波踊りはゆっくり見ることができてよかった。徳島市は人が多すぎてゆっくり踊りを見ることができなかった。でもどちらもすごく楽しかった』とおっしゃってました。

 

ですので、人が少なくゆっくり阿波踊りを見たいという人は鳴門市阿波踊りがおすすめです。

では、その鳴門の阿波踊りの情報です。

 

阿波市の阿波踊り

阿波市の阿波踊りのポスターをまずは掲載したいと思います。

まずは表面。

 

そしてこちらが裏面になります。

特徴は、阿波踊りだけでなく、他のイベントもあるということですね。

イベントの中に阿波踊りの演舞があるという認識をしてもらえればいいですね。

 

また、『もち投げ』もおもしろそうですね。

 

マンションを購入した人はわからないかもしれませんが、注文住宅で家の上棟(家の柱を立て骨組みをつくり、一番高いところにある木(棟木)を取り付けること)時におもちを投げる習慣があったりします。

 

これ、すごく面白いんですよね。

ですので、阿波踊りだけではなく他の楽しみ方ができるイベントになっています。

 

いけだの阿波踊り

 

まずは、いけだの阿波踊りのポスターを紹介したいと思います。

 

 

また、いけだの阿波踊りの公式ホームページには以下の説明があります。

市内外から約30連の踊り子達が乱舞、池田の夜を熱く踊ります。
13日には恒列の前夜祭を開催。
しなやかな女踊りと、豪快な男踊りの融合は見事です。
県外客でゆっくりと腰掛けて観覧できる場所として栄町通りに有料桟敷席が約800席ございます。その他の無料演舞場多数ありJR阿波池田駅横のへそっこ公園では、各連が入れ替わり立ち替わり乱舞を無料(観覧席あり)で披露しています。

 

僕は鳴門市出身ですが、いけだの阿波踊りはよく名前を聞いていました。

つまり、鳴門市民の僕にも名前が届くぐらい徳島県内の阿波踊りのイベント中では規模が大きいと考えています。

 

僕の勝手なイメージですが、規模でいうと、

  • 徳島市の阿波踊り>鳴門市の阿波踊り>いけだの阿波踊り

になるのかなと思います。

 

実際、有料の桟敷席(さじきせき)も多くあるため、楽しい阿波踊りになると思います。

では、いけだの阿波踊りの詳細がこちらです。

  • 開催期間:8月14日、15日、16日の3日間
  • 開催場所:JR阿波池田駅周辺
  • 開催時間:19時〜22時(16日のみ22時30分まで)
  • 公式ホームページ:https://miyoshi-tourism.jp/awa_odori/

 

吉野川市阿波踊り大会

 

吉野川市の阿波踊りはJR鴨島駅前の特設開場で行われています。

こちらが実際の動画になります。

やっぱり阿波踊りはいいですね。

もし、徳島の阿波踊りの人が苦手という人は吉野川市の阿波踊りに参加してもいいかもしれませんね。

 

または、8月15日の徳島市の阿波踊りが終わってから、16日の最終日の阿波踊りに参加してもいいですね。

 

では、こちらが吉野川市の阿波踊りの詳細になります。

 

つるぎ町さだみつ阿波踊り大会

 

こちらが実際にさだみつ阿波踊り大会で踊っている様子ですね。

楽しそうですね。

 

また、こちらの動画も美しいですね。

 

場所は、JR徳島線の『貞光駅』で下車し、そこから徒歩10分の位置になります。

では、こちらがつるぎ町さだみつ阿波踊り大会の詳細になります。

 

勝浦の阿波踊り

引用元:https://www.awanavi.jp/spot/21739.html

勝浦の阿波踊りも屋台がたくさんある中での阿波踊りになります。

規模としては小さいですが、地元の地域に溶け込んでいる感じがする阿波踊りになっています。

 

勝浦は『はっぱビジネス』で有名な上勝町の近くになります。

 

また、この動画のおかげで上勝町は世界的にも有名になりました。

ですので、上勝町を見学してその帰りに見てもいいかもしれませんね。

では、こちらが勝浦の阿波踊りの詳細になります。

  • 開催期間:8月16日のみ
  • 開催場所:勝浦郡勝浦町 JA東とくしま勝浦支所前
  • 開催時間:18時30〜21時30
  • ホームページ:https://www.awanavi.jp/spot/21739.html

 

最後に

徳島県人にとって阿波踊りはなくてはならないものです。

本当にこの数日間のために他の日を生きているって言っても過言ではないほど。

 

ちなみに、規模的には徳島の阿波踊りがすごいけど、ゆっくり見るなら鳴門の阿波踊りもおすすめです。

ぜひ徳島県の阿波踊りを見にきてくださいね。

 

映像では伝わらない生の迫力を体験していただけますよ。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ちなみん、米津玄師さんが紅白で歌を披露した『大塚国際美術館』もあわせて見学したい人はこちらの記事もあわせて読んでみてくださいね。

 

あわせて読みたい

鳴門市※大塚国際美術館から車で10分以内の宿泊施設をまとめて紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です