短髪メンズ必見!長髪にするまでの期間と8つのデメリット【写真あり】

短髪メンズ必見!長髪にするまでの期間と8つのデメリット【写真あり】
質問者
短髪から長髪にしようかどうか悩んでいます。どれぐらいの期間がかかるのか。また、長髪にするデメリットがあれば教えてください。

このようなお悩みに回答しています。

 

今回の記事の内容は以下の通りです。

  • 短髪メンズが長髪にして髪を結べるまでの期間
  • 長髪にする8つのデメリット
  • メンズの長髪は女性にモテるのか

この記事を書いている人。

元サラリーマン。34歳で独立したのち、ゲストハウス、投資、ブログ運営等のビジネスをしています。また、民泊やゲストハウスは地元新聞やTV(NHK)を始め日本経済新聞にも民泊の実践者として紹介されています。

 

『一生に一度は男だって髪の毛を伸ばしてみたい!』と考えている人は多いと思います。実際、僕も同じように考え人生で2回長髪にしてみました。

 

その実体験から、長髪にするまでの期間や長髪にした場合のデメリットについてお伝えしたいと思います。

 

結論からお伝えすると、

  • 短髪メンズが長髪にし髪の毛を結べるまで1年以上かかる
  • 長髪のデメリットは我慢と掃除
  • 長髪にしたら女性にモテるとかは関係ない

となっています。

 

Kinouchi

実際僕も2年近い時間をかけて長髪にしたので、様々な写真を交えて詳しくお伝えしていきますね!

  • 長髪に挑戦しようとしている短髪メンズの人
  • 髪が結べるまでにかかる期間やデメリットを知りたい人

はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

※動画で見たい人はこちらからどうぞ!

 

短髪メンズが長髪にして髪を結べるまでの期間

結論、短髪メンズが長髪にして髪の毛を結べるようになるまで1年以上かかります。

 

これは論より証拠なので、僕の実際の写真をお見せしながらご紹介したいと思います。

 

髪の毛を伸ばすと決める直前(2018年10月撮影)

ゲストハウスでオランダ人とスイス人と交流している時です。

まだまだ髪の毛は短いですね!

 

髪の毛を伸ばすと決めた直後(2018年11月撮影)

まだまだ髪の毛は短いですね。

ちなみに、徳島県鳴門市の海で撮影しました。

 

髪の毛を伸ばすと決めた1ヶ月後(2018年12月撮影)

少し髪の毛が長くなってきましたが、まだまだ髪を結ぶまでには時間がかかりますね。

台湾のお客さんと一緒に撮影しました。

 

髪の毛を伸ばすと決めた2ヶ月後(2019年1月撮影)

YouTuberのみねしましゃちょーさんと。

自転車で日本を旅行している時に寄っていただけました。

みねしましゃちょーさんのアカウントはこちらです。

>>みねしましゃちょーのYouTubeアカウント

 

髪の毛を伸ばすと決めた4ヶ月後(2019年3月撮影)

フランス人男性と。

この時期から髪の毛を伸ばすイライラが襲ってきました。

なかなか大変な時期に入りました。

 

髪の毛を伸ばすと決めた6ヶ月後(2019年5月撮影)

インドネシア人のリピーターのお客さんと。

少しずつ髪の毛が長くなってきましたが、まだまだ長髪と呼べるものではありませんし、当然髪の毛を結ぶことはできません。

ちなみに、徳島県徳島市にある『はやしのお好み焼き』は本当に美味しいのでおすすめです。

 

髪の毛を伸ばすと決めた8ヶ月後(2019年7月撮影)

ゲストハウスにご宿泊いただいているお客さんたちと。

短髪と比較してだいぶ長くなりましたが、まだまだですね。

この時期は本当に辛かった。

 

髪の毛を伸ばすと決めた9ヶ月後(2019年8月撮影)

そろそろ髪の毛を結べるようになってきました。

この時期の写真はあまり撮影しておらず、この写真が一番アップでわかりやすかったですね。

でも、髪の毛はちょんまげ程度です。

 

髪の毛を伸ばすと決めた10ヶ月後(2019年9月撮影)

頭頂部の髪の毛は後ろで少しだけ束ねることができますが、横と後ろは全くもって束ねることができませんでした。

アメリカ人女性と日本人女性のゲストさんと一緒に食事に行ったとき。

 

髪の毛を伸ばすと決めた11ヶ月後(2019年10月撮影)

何とかサイドをジェル等で固めて後ろに流しています。

まだまだサイドと後ろの髪の毛は短いですね。

ちなみに、髪の毛を束ねなかったらこのような状態でした。

 

髪の毛を伸ばすと決めた12ヶ月後(2019年11月撮影)

あの元アンセムやアニメタルの坂本英三さんと一緒にライブした時の写真です。

短いですが、このころから全ての髪の毛をかろうじて後ろで束ねることができるようになってきました。

ただ後ろにちょろちょろした髪の毛は出ていますが。

 

髪の毛を伸ばすと決めた13ヶ月後(2019年12月撮影)

ジェルやワックスで固めるか、しっかり意識して後ろで束ねないと髪の毛を束ねることができません。

台湾人の方お客さんと。

この方は台湾の芸能人学校の先生の方で映画のことについて色々教えていただきました。

 

髪の毛を伸ばすと決めた14ヶ月後(2020年1月撮影)

ゲストハウスの近くにある牡蠣の食べ放題に来た時の様子です。

後ろの髪の毛が束ねるには短く、もう少しという感じでした。

最後の方でなかなか上手くまとまらなかった時期ですね。

 

髪の毛を伸ばすと決めた15ヶ月後(2020年2月撮影)

この時期の僕の写真はこの写真しかありませんでした。

日本人のお客さんと一緒にお酒を飲んだときの様子ですね。

この頃からコロナの影響が出始め民泊やゲストハウスのキャンセルが始まりました・・・・。

 

髪の毛を伸ばすと決めた16ヶ月後(2020年3月撮影)

徳島駅前にあるミュージックバーコティさんに飲みに行った時です。

この頃からキレイに後ろで結べるようになってきました。

 

コティさんの紹介はこちらをご覧ください。

>>徳島市にあるミュージックバー『コティ(COTY)』さんはおすすめです!

 

髪の毛を伸ばすと決めた17ヶ月後(2020年4月撮影)

全国のゲストハウスと提携してキャンプファイヤーで資金を集めている時。

その内容がおそらく全国初の取組みで面白いとのことで、NHKさんに取材をしていただきました。

髪の毛はキレイに後ろで結べています。

 

髪の毛を伸ばすと決めた20ヶ月後(2020年7月撮影)

4月以降ゲストハウスのお客さんはほぼ0になったので、自分の写真がありませんでした。

また、お客さんが泊まってくれても一緒に撮影もしませんでした。理由は、『こんな時期に旅行に行くなんてけしからん』という批判の声がお客さんに届くのを防ぐためですね。

 

この時期の写真で残っているのは、船の掃除をしている時の写真でした。

髪の毛をどのよに束ねているのか横から見えるのでイメージが湧きやすいと思います。個人的にはもうすでに長いと思っていた時期ですね。

 

髪の毛を伸ばすと決めた22ヶ月後(2020年9月撮影)

髪の毛を切る前と切った後ですね。

切る前は髪の毛をストレートに伸ばすと胸ぐらいまでありました。

今は久しぶりの短髪です。

 

振り返ってみると、個人的には髪の毛を伸ばし始め16ヶ月ごろの髪の毛の長さが1番好きでした。

僕はサイドまで伸ばすという方法で髪の毛を伸ばしましたが、ツーブロック風で頭頂部のみ髪の毛を伸ばしている人も多いですね。

 

その場合、あなたの今の髪の毛の長さにもよりますが1年もあれば結べるようになると思います。

ですので、短髪のメンズが長髪にして髪の毛を結べるようになるには1年以上はかかると思っておいた方がいいでしょう。

当然、途中で髪の毛をすいたりするともっと期間は長くまります。

 

短髪メンズが長髪にする8つのデメリット

結論、短髪のメンズが長髪にするデメリットは以下の8個です。

  • ①伸ばすまでの期間は我慢が必要
  • ②シャンプーの時間が長い
  • ③長髪は髪を乾かすのに時間がかかる
  • ④頭が重く首や肩がこる
  • ⑤長髪にすると髪の毛のセットに時間がかかる
  • ⑥首元が暑い
  • ⑦枕や洗面等の髪の毛の掃除が常に必要
  • ⑧まともな人に見られない

 

では、1つ1つ解説していきたいと思います。

 

①長髪にして髪を結べるまでの期間は我慢が必要

写真を見ていただいたらわかると思いますが、長髪にするには本当にその期間我慢することが必要です。

特に、結べるようになるまでは。

 

この時期が1番大変で多くの人が挫折するのがこの期間だと思います。伸ばすためのポイントは、髪を切らずに我慢する。

ほんと経験上これしかありません。

 

整えながら伸ばすという選択肢もありですが、スピードを求めるなら我慢一択です。

目安は1年。頑張りましょう!

 

②シャンプーの時間が長く地肌まで洗えていない感じがする

短髪メンズならば地肌まで短時間でしっかり洗えるという感覚があると思います。

ですが、長髪にになるにつれてその感覚が失われていきます。

 

まず髪の毛を洗うまでに時間がかかります。そして、短髪のときのようにしっかり洗いたいけどなかなか洗えないという感覚も。

 

もちろん、時間をかければキレイに洗うことはできますが、短髪の時のように短時間で!というのはなかなか難しいでしょう。

これも長髪のデメリットになります。

 

③長髪は髪を乾かすのに時間がかかる

髪を乾かずのに時間がかかる。これは仕方がないですね。

僕は現在短髪なので、ドライヤーも使わずに自然乾燥です。

でも、長髪の時はドライヤーを使って髪の毛を乾かすことが多かったですね。

 

髪が乾くまで時間がかかるし、髪が長くなるにつれてその時間はどんどん長くなっていきます。

ですので、髪が乾くまでの時間がかかるといのは長髪のデメリットとなります。

 

④頭が重く首や肩がこる

髪の毛を切って1番始めに思ったことは『頭が軽い!』でした。

つまり、それだけ余分な重さが首や肩にかかっていたということになります。

 

想像するとわかりますが、頭にペットボトルを乗せているのと乗せていないのでは、どちらが首への負担が多いかと考えると当然ペットボトルが無いほうがですよね。

 

ですので、首や肩への負担があるというのも長髪にするデメリットと言えます。

 

⑤長髪にすると髪の毛のセットに時間がかかる

短髪と比較すると長髪は髪の毛のセットに時間がかかります。

僕も最後は後ろで髪の毛を結んでワックス等をつける程度でしたが、髪が伸びるまでは本当に大変でした。

 

また、髪の毛を結び直すのにも十数秒とは言え時間がかかります。

それが1日に何回かあるとすると、それだけで貴重な時間が失われています。

 

ですので、髪の毛のセットに時間がかかるというのも短髪と比較してデメリットと言えます。

 

⑥首元が暑い

首元が暑いのも長髪のデメリットですね。

特に夏場。ほんと髪の毛を下ろした状態は首の後ろに熱気が溜まってすごく暑かったですね。

だから髪の毛を常に結んでいました。

 

暑さが苦手という人には特に夏場は我慢が必要になると覚えておくといいでしょう。

 

⑦枕や洗面等の髪の毛の掃除が常に必要

長髪にすると掃除が本当に大変です。

 

  • 寝て起きて見たときの枕周辺の髪の毛
  • 髪の毛のセットに使った洗面台
  • シャワー後のお風呂

などに長い髪の毛が目立つようになります。

 

もちろん、短髪でも落ちていると思うのですが、その目立ちやすさは全然違います。

 

また、床の色が白ければ白いほど髪の毛が目立つようになります。

ですので、長髪にすればするほど掃除が本当に大変ですね。

覚悟が必要です。

 

⑧まともな人に見られない

長髪メンズの8つめのデメリットはまともな人に見られないということです。

 

髪の毛が長くなるにつれて人々の視線が集まるようになります。

『こいつ大丈夫?ヤバい奴じゃないか』という人に見られます。

これは仕方ないですね。

キレイに整えていればマシだと思いますが、それでもメンズで長髪、髪を結んでいるというだけで一般の人からすると変わり者です。

 

特にこの長髪の影響は高額商品を販売しているお仕事に影響してくると僕は考えています。

 

例えば、1000万円の不動産を売っていたとします。

同じ顔、同じスーツ、同じトーク内容でも、

  • Aさん・・・短髪で清潔感あり
  • Bさん・・・長髪で髪の毛を結んでる

という場合であれば、多くの人はAさんを信用してAさんから商品を購入するでしょう。

 

ですが、アパレル関係やデザイナーなどクリエイティブなお仕事であれば、長髪だからと言ってデメリットになるとは限りません。

ですので、どういうお仕事をするかによって長髪はデメリットになるでしょう。

 

メンズの長髪は女性にモテるのか

結論、短髪だろうが長髪だろうが女性にモテるかどうかは人によります。

僕の経験上、短髪だからモテる、長髪だからモテないということはないと思っています。

 

もちろん、両方の人に清潔感があるという前提のお話です。

一般的に『女性は長髪よりも短髪のメンズが好き』と言われていますが、人によると思います。

 

例えば、髪を結べるぐらいの長髪であったとしても、俳優の佐藤健さんだったらどうでしょう。

逆に短髪であったとしても、太って脂ギッシュな肌をしている男性でだったら・・・。

当然、佐藤健さんを多くの人が選ぶと思います。

 

つまり、長髪短髪はあなたを表現するアイテムの1つであり、それ以外の部分も非常に重要ということになります。

 

ですので、筋トレをして身体を鍛えたり、トーク力を磨きコミュニケーションをスムーズに取れるようにしたり、仕事に情熱を燃やしたり。

色々自分磨きに挑戦してみましょう。

 

ちなみに、長髪に対しては女性よりも男性から声をかけていただくこと、興味を持っていただくことが多かったですね。

『その髪型いいですね!』『いつから伸ばしているんですか?』とか。

 

これは単純に男性は女性と比較して髪の毛が短い人が圧倒的に多いので、その分多くの人が興味を持ってくれたからだと思います。

 

まとめ:短髪メンズが長髪にするには1年以上の我慢と掃除が必須

今回は短髪メンズが長髪にするための期間と長髪のデメリットについて解説してみました。

 

まとめると、

  • 短髪メンズが髪を結べるぐらいの長髪になるまで1年以上は必要
  • 長髪にするデメリットは我慢と掃除
  • 長髪だからモテないは関係ない
  • 長髪はあなたを表現する要素の1つ

ということになります。

 

長髪は髪の毛を結んでお団子にするだけでなく、様々な髪型に挑戦できるというメリットがあります。

ですが、その反対のデメリットが我慢と掃除です。

 

もし長髪にすることを迷っていのであれば、1度の人生きりなのでぜひ挑戦してみてください。

ただし、『我慢と掃除』という2つの覚悟が必要ですけどね。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。



ラインやメルマガやっています。

ブログでは書いていない『ビジネス、気付き、情報』などを中心に様々な内容をお届けしているので、ぜひご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です