犬の散歩を自転車ですると違法です!法律と事故の両方を解説してみた

犬の散歩を自転車ですると違法です!法律と事故の両方を解説してみた

こんにちは。

木内(きのうち)です。

 

2019年1月下旬から犬を飼いだしてはや2週間。

僕も家に帰ったときは、朝と夕方に散歩をしていたりします。

 

限られた時間なのですが、かわいいのでできるだけ一緒に過ごすようにしています。

 

ただ、一緒に過ごすなかで散歩のときに気づいたことがあるんですね。

それは、『犬の散歩を自転車ですればもっと犬が喜んでくれるのでは?』ということですね。

 

そこで、今回のブログは『犬との散歩で自転車を使うとどうなるのか』という点について、色々調べたので紹介したいと思います。

 

これから、犬を飼う人、または犬を飼おうと考えている人は参考に読んでみてくださいね。

 

犬の散歩を自転車ですると違法となります!

結論からお伝えすると、犬の散歩を自転車ですると違法となり罰金の対象となります。

実際、警視庁広報課のツイートにはこのような投稿があります。


はるかさん
自転車で散歩をする前に調べてよかったですね☆

では、どうして犬の散歩を自転車を使ってしようと考えたかというと、犬の足が僕よりも早いからなんですね。

もっと早く進みたい!』という意志がビシビシとリードに伝わってきます。

 

さらに言うと、公園などで人がいないときに、全力で走って遊んだりしていますが、全速力の僕の足では犬のスピードに全く追いつきません。

つまり、犬はもっと早く先に進みたいのに、僕が邪魔していると感じたからなんですね。

 

だから、『犬の散歩を自転車ですると犬がもっと喜んでくれるのかな』と思ったんです。

でも、実際は犬の散歩を自転車ですると違法になります。

 

なぜなら、法律や警視庁のホームページに明確に記載があるからですね。

 

犬の散歩を自転車でするとどの法律が適用になるのか

調べていくと、下記の法律が適用になるようです。

ですが、僕も法律の専門家ではないので、最終的には弁護士の先生、または警察の人に確認してみてくださいね。

 

道路交通法70条

(安全運転の義務)
第七十条 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぽさないような速度と方法で運転しなければならない。
(罰則 第百十九条第一項第九号〔三月以下の懲役又は五万円以下の罰金〕、同条第二項〔十万円以下の罰金〕)

引用元:https://www.takaragaike.co.jp/doukou/s0404.htm

1番始めにある『車両等』という言葉。

この車両等には自転車も含まれるんですね。

 

つまり、この法律では自転車を運転するときは安全運転をしなければならないということが書かれています。

 

したがって、リードをつないで犬を散歩をすることは、自転車を片手で運転をすることになるため安全運転の義務を違反していることになります。

 

ですので、違反になるため絶対にやめましょう。

また、警視庁のホームページでも同じような内容が掲載されていました。

 

自転車でリードを持って愛犬を散歩させることは違反である

Q8 自転車に乗ったままで、雨の日に傘を差したり、リード(ひも)を持って愛犬を散歩させたり、携帯電話で通話することは違反である。

A 正解は○

自転車に乗ったままで、雨の日に傘を差したり、愛犬を散歩させたり、携帯電話で通話することは違反となります。

都規則第8条第1項第3号に「傘を差し、物を担ぎ、物を持つ等視野を妨げ、又は安定を失うおそれのある方法で、大型自動二輪車、普通自動二輪車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。」とあります。

また、都規則第8条第1項第4号に「自転車を運転するときは、携帯電話用装置を手で保持して通話し、又は画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと。」とあります。

物を持つことで片手運転になったり、犬に引っ張られて操作上の安定を失うことになるため違反になります。

引用元:https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/kotsu/jikoboshi/bicycle/menu/bicycle_quiz.html

こちらでは、明確に

  • 愛犬
  • リード
  • 散歩

という言葉が出てきていますよね。

しかも、警視庁のサイトです。

はるかさん
ほぼ間違いなく自転車での散歩は違反となりそうですね

 

ですので、自転車での犬の散歩は絶対にやめましょう。

また、違反というだけではありません。

 

犬自身にとっても自転車での散歩は非常に危険な行為であるようです。

 

自転車で犬を散歩させる行為は犬にとっても危険

僕が飼い出した犬は足が早いので気づきませんでしたが、自転車で散歩をさせると以下のようなデメリットもあるとのことです。

  • 犬が予想外の動きをして自転車が転倒する
  • 人に犬が衝突してしまう
  • リードが犬の首にからまってしまう
  • リードが自転車にからまってしまう
  • 障害物に犬がぶつかってしまう
  • 犬自体が自転車に巻き込まれてしまう

というようなことも。

 

僕は今まで犬を飼ったことがなかったので、こういうことには知りませんでした。

そして、このことから気づいたことがあります。

 

それは、犬を飼ったことがない人は多いので、『同じような間違いをするのでは?』ということですね。

だから、こういうブログを書いてみようと思いました。

 

ですので、犬の散歩を自転車でするのは、

  • 違反
  • 事故

ということにおいて大問題となるので、絶対にやめましょう。

 

最後に

今回は犬を飼い始めて2週間で僕自身の間違いについて書いてみました。

もちろん、この内容に気づいてすぐに家族には伝えました。

 

今回のブログをまとめると、

  • 犬を自転車で散歩させることは、重大な事故や違反につながる可能性があるので絶対にやめましょう

ということになります。

 

僕自身も自転車で散歩をするこは絶対にすることはありません。

かわいい愛犬が苦しむ姿は見たくないからですね。

 

このブログを書いている今も、僕の横で寝ていますがかわいいですね。

丸くなって寝る姿に癒やされています。

 

また、定期的に『自分の間違った考え方』や、『犬を飼う前に知っておきたかった』ということを、発信していこうと思います。

ぜひ楽しみにしていてくださいね。

 

ちなみに、犬を飼い始めた直後のブログはこちらです。

犬を飼うのは大変と聞くけど飼い始めました!名前はなるたろうです。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です