鳴門にお越しの釣り人が泊まりやすい宿泊施設も目指しています!

鳴門にお越しの釣り人が泊まりやすい宿泊施設も目指しています!

僕は徳島県の鳴門で『うずしおゲストハウス』という宿泊施設を経営しています。

場所は、あの米津玄師さんが、紅白で生歌を披露した大塚国際美術館から車で5分の位置です。

 

米津玄師さんの影響は抜群で、ありがたいことに本当に多くのゲストさんが鳴門市へお越しになるようになりました。

僕の宿泊施設もお陰様で賑わっています。

 

そして、本日ご宿泊いただいているゲストさん達のある1つのグループが『釣り目的で鳴門にお越しのゲストさん達』なんですね。

そこで、そのゲストさん達の会話をから色々気づきを得たのでシェアしたいと思います。

 

僕が集客したいと考えている4つのタイプのゲストさん達

現在、僕は以下の4つのタイプのゲストさんを集客したいと考えています。

 

それは、

  • 大塚国際美術館が目的のゲストさん達
  • 自転車で旅行をしているサイクリストさん達
  • 海外のゲストさん達
  • 鳴門に釣り目的で来たゲストさん達

の4つのタイプのゲストさん達です。

 

そして、現在の集客状況は、

  • 大塚国際美術館目的のゲストさん
  • 海外ゲストさん

は本当に多くお越しになるようになりました。

 

実際、この記事を書いている10月の現時点での数字は、半分は海外ゲストさんですので、目標通りに順調に増えていっています。

 

そして、次に集客に力を入れているのが

  • サイクリストさん達
  • 釣り目的のゲストさん達

です。

 

そして、本日運がいいことに鳴門に釣り目的でお越しのゲストさん達にご宿泊いただいたので、色々釣り人の視点でのアドバイスをいただきました。

 

鳴門に釣り目的でお越しの人達に宿泊してもらうために・・・

鳴門に釣り客を増やすための方法として、釣り人の皆さんから色々アドバイスをいただきました。

やはり知らない、わからないことは思い切って専門家に質問することは大切ですね。

 

断られても別に失うものはないですよね。

だから、思い切って丁重にお願いしたら30分近くもお時間をとってくれて色々教えていただきました。

 

でも、誤解をしてほしくないのは、事前に僕はそのグループにGiveをしているということなんです。

事前にGiveをしているから質問にも答えてくれやすくなったという事実があるんですね。

 

釣り人の時間は特殊!その時間にあわせて宿泊できることをアピールしてはどうか

釣り人の人はやはり朝が早いんですね。

これは僕も対応していたのですが、この次に教えてもらった『お昼にシャワーを浴びて昼寝したい』という要望があることは僕は思いつきもしなかったですね。

 

他の宿泊施設がしていない⇒チャンスかもしれない。

でも、当然お掃除の時間等のデメリットもありますよね。

 

だから、事前予約制を導入するとかがいいのか。

でも、そうすると他のゲストさんへの差別となってしまうかも。

このあたりは少し考えなくてはいけないですね。

 

でも、こういう普段の僕では考えつかないアイデアはすごく聞いていて面白いですね。

 

渡し船等の船長さんと提携してはどうか

僕はゲストハウスから車で10分圏内は無料送迎のサービスをしています。

そして、この10分圏内の船の船長さんと提携してみるというアイデアですね。

 

船長さんは僕に鳴門に来た釣り目的のお客さんを紹介し、僕は宿泊している釣り目的のお客さんを船長さんへ紹介するというパターンですね。

 

これはお互いにメリットもありますし、釣り目的の人にとっても、送迎があるというのはメリットが高いですよね。

早速動いてみたいと思います。

 

釣り用の服が洗えて干せるということをアピールしてはどうか

これも全く思いつかなかったですね。

釣りをすると服が汚れるみたいなんですね。

 

それを外でホースを使って洗えてなおかつ干すことができるというのは、釣り人にとってはありがたいとのこと。

面白いですね。

 

この2つの場所はあるので、ホームページ等に釣り人コーナー等を作ってアピールしたいと思います。

 

釣った魚を調理してくれるお店があったら通いたいけどな・・・

自分が釣った魚が定食とかになって出てきたら本当に嬉しい』。

この発言も釣り目的のゲストさんからの言葉でした。

 

確かにこういうお店があればいいですよね。

でも、現実としてなかなかない。

では、どうすればいいのか。

 

これも今すぐどうこうするというのは言えないですよね。

お店と提携するのか、そういう人に来てもらうのか、それとも自分でするのか。

 

すぐには答えが出ませんが、釣り人の気持ちがわかったので、こういう釣った魚の有効な使い方についてもっと深く考えてみたいと思います。

 

釣った魚の引取サービスはどうか

これは以前から僕がしていることですね。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

【全国初!?】ゲストハウス経営で新しいことに取り組み始めました!

 

でも、取り組み始めて感じたのは、調理をするのはすごく時間がかかるんですね。

だから、全部僕が対応することはできないので、改善する必要があるかなと。

例えば、『3枚におろした状態』とか『内蔵を取ってからもらう』とかですね。

 

ただ、これは多くの釣り人さんからのご要望であるので継続していきたいですね。

あとはアピール方法。

全国的にも珍しい取り組みだと思うので、アピール方法を考え実践していきたいと考えてます。

 

最後に

今回は鳴門に来た釣り目的の人をどうやってゲストハウスに泊まってもらうのかという点について教えてもらったことをまとめてみました。

 

時間の関係(僕は毎日日付が変わるまでにブログを公開すると決めている)で、他にも書ききれていないことがあります。

 

ちなみに、僕がなぜ短期間で集客数を伸ばし、booking.comの口コミで鳴門市No1を取ることができたのか。

このように常にゲストさんと対話して、その人達が困っていることを解決し続けているからという非常にシンプルな理由ですね。

 

これからも実践し改善し続けていきたいと思います。

ぜひ、鳴門に釣りに来たときは『うずしおゲストハウス』に宿泊してみてくださいね。

 

ちなみに、写真は釣り目的ではないゲストさん達です。

このように共有スペースで朝食を食べながら話をしていると、自然と仲良くなりますね。

今月から朝食の無料サービスを始めたので、ぜひ試してくださいね。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です