ブログにアクセスが集まらない!その解決方法を実体験からまとめてみた!

ブログにアクセスが集まらない!その解決方法を実体験からまとめてみた!

僕はブログを書き続けていて、このブログで連続更新312日目。

つまり、最低でも312記事のブログを書いてきて(Total400記事以上公開中)、その文字数は平均3000文字以上。

 

ただし、そのブログの中でも

  • アクセスが集まった記事
  • アクセスが集まらなかった記事

があります。

 

そこで、今回のブログはアクセスが集まる記事と集まらない記事 の違いについて考えてみました。

 

アクセスが集まるブログと集まらないブログの違いとは?

結論からお伝えすると、アクセスが集まるブログにするためには以下の3点が重要と考えています。

  • 読者が知りたい内容のことが書いているブログ
  • 興味よりも悩みを解決するブログ
  • アクセスの柱を複数持っている

 

では、1つ1つ僕の考えを解説したいと思います。

 

アクセスが集まるブログは読者が知りたいことを書いている

実は、2日前にこのようなブログを書きSNSに記事を投稿しました。

この記事を投稿したのが、2019年10月23日。

そして、この記事を書いている現在のアクセス数はこのようになっています。

明らかに昨日より伸びていますよね。

昨日のアクセスは点線の部分で、今日のアクセスは実線の部分です。

 

さらに、Twiiterのアクティビティはこのようになっています。

僕のツイッターの現在のフォロワーは240人ちょっと。

このフォロワーの数でこのインプレッションが増え続けているのは、リツートが増えているから。

 

さらに、僕の基準の中ではエンゲージメントも高いので、よりツイッターユーザーが興味を持って反応してくれているとのことを表しています。

 

では、どういう記事のブログだったかというと、『ロサンゼルスの治安』についての実体験を書いています。

その実際のブログはこちら。

ロサンゼルスの危険地域には冗談でも行ってはダメです!死にますよ・・・

 

時間がない人のために簡単にどんなブログかとまとめると・・・。

ブログの内容
  • ダウンタウンLAはロサンゼルスでも危険な地域
  • そこで暮らしていた僕の実体験
  • サウスロサンゼルスの治安
  • ギャングが多く殺人事件が発生する
  • その殺人事件は全米平均の8倍以上
  • 全米で最も犯罪が多い地域の1つとなっている

というようなもの。

 

結果的に、『ロサンゼルスの治安』については読者が知りたい内容だったということですね。

 

で、ここからは僕の仮説になります。

 

まず、ロサンゼルスというのは多くの日本人が知っていますよね。

  • 西海岸
  • ビーチ
  • ハリウッド
  • ビバリーヒルズ
  • サンタモニカ
  • メルローズ
  • ディズニーランド

上記に記載した言葉を1度は聞いたことがあると思います。

 

つまり、『日本人の中で認知度が高い内容のことについてブログを書いた』ということになります。

 

そして、ロサンゼルスがある西海岸へいつか旅行に行ってみたいと考えている人が多い。

でも、同時に『アメリカは銃社会なので危ない』という情報も知っている。

 

なぜなら、『世界まる見えテレビ特捜部』や『ザ!世界仰天ニュース』や『ニュース番組』などでアメリカの犯罪等を日本で流すから。

 

つまり、ロサンゼルスの認知度は高いが、同時に危ない地域という刷り込みが多くの日本人の中にある。

行ってみたいが怖い目にはあいたくないという心理。

 

そして、その危険なロサンゼルスの中でも最も危険と言われている地域のうちの1つで4年以上生活した僕の実体験。

 

だから、『怖い目にあわない方法があるかもしれない』という興味がわき、クリックしてブログを読む。

そして、内容が良かったためリツイートが増え、さらに多くの人がクリックして読んでくれたのかなと思います。

 

以上のことをまとめると、

  • 日本人のほとんどはロサンゼルスという地名を知っている
  • 同時に銃社会で危ない地域という認識をしている
  • 旅行したいと考えいるが危険な目にあいたくないという潜在意識がある
  • その危ないロサンゼルスで4年以上生活した人の実体験
  • 危ない目にあわない方法があるかもしれないという期待
  • 気になるから読んでみよう

という心理になったため、行動してくれたのかなと。

 

それを、もう少し完結にまとめると、

  • 大勢が認知している内容

かつ

  • 興味があるけど悩んでいること

かつ

  • その悩みを解決する内容

かつ

  • 実体験

という4つのキーワードがあわさった結果なのかなと。

 

だから、まずアクセスが集まるために必要なことは、大勢の人が認知している内容というのが重要

 

だから、例えば僕が今までのブログ人生をかけて、カナダの『クリプトプシー』というバンドについて書いたとしても、多くの人は見向きもしないでしょう。

 

なぜなら、誰も知らないから。

どれだけその文章が良かったとしても関係ない。

どれだけその文章がためになる記事だったとしても関係ない。

 

したがって、まずアクセスを集めるためには、大勢の人が認知していることを題材にする必要があるのかなと今回の数字から気づきました。

 

ただし、大勢の人が認知していても『困っていることではなく、興味があることに訴求しても行動する人は少ない』ということにも気づきました。

 

アクセスを集めるためには興味があることよりも悩みを解決することを意識して書く

昨日のロサンゼルスの危険地域の記事のアクセスが増えたので、次の日もロサンゼルスの記事について書いてみたんですね。

すごく単純ですね。

 

ロサンゼルスのアンダーグラウンドな情報だったらもっとアクセスが集まると思ったんですね。

内容は『ロサンゼルスは大麻が合法に!?元留学生が語る現地の大麻事情とは?』というブログ。

 

大麻=マリファナのことについての僕の実体験記事です。

でも、こちらのアクセスはこの通り。

全然反応がありません。

そして、ここからがまた僕の仮説なのですが・・・。

 

読者が読みたい記事とは、

  • 興味があること<悩みを解決すること

なのかなと。

 

大麻のことについて興味がある人はいますよね。

しかもロサンゼルスでの実体験なので、なかなかブログで読むこともできません。

でも、クリックはほとんどされていません。

 

つまり、ここから先程の仮説である、

  • 興味があること<悩みを解決すること

という図式に気づきました。

 

先程の4つのキーワードに基づき考えてみると、

  • 大勢が認知している内容⇒大麻は大人であれば多くの人が認知している=OK

かつ

  • 興味があるけど悩んでいること⇒興味しかない⇒X

かつ

  • その悩みを解決する内容⇒そもそも悩みを解決するような内容ではない⇒X

かつ

  • 実体験⇒実際にロサンゼルスで体験した内容⇒OK

という結果になり、4つの項目のうち2つしか合格していません。

 

だから、アクセスが集まらなかったのかなと。

ですので、もしあなたがブログにアクセスを集めたいと考えているなら、ぜひ、4つの項目を満たすブログを書くことをおすすめします。

 

そして、3つめのポイントがgoogle以外からのアクセスを増やす重要性です。

 

ブログへアクセスを集めるには複数の媒体からアクセスされるようにする

僕は今までSEOメインで考えていました。

もちろん、ツイッターやFacebookに記事はシェアしていますが、特にフォロワーを増やす行動をしているわけではないですし、友達申請も自分からどんどん申請しているわけではありません。

 

ですが、今回ツイッターからその1記事だけで1日で1000PV以上ものアクセスがありました

これはSEO対策を始めたばかりの人からすると、すごいPV数ということがわかっていただけると思います。

 

仮に、1記事1日1000PVとして、30日経過するとその記事だけで月間3万PVです。

(もちろん、アクセスがずっと続くわけではありませんが)

 

この即効性の高さがツイッターの強さなのかと改めて実感しました。

それを育てていない僕は本当にアホだなと。

 

SEO対策ばかりの記事を書いていても、アクセスが集まるまでどうしても時間がかかってしまいます。

ですが、TwitterなどのSNSを有効に使うことにより、もっと早い段階でアクセスを集めることができる。

 

その結果、アクセスが集まっている記事=有益な記事となり、おそらくgoogleからの評価も高くなり検索結果も順位が上がりやすくなるかもしれません。

 

正直この即効性はびっくりしていますし、これを有効に使わない手はないなと。

だから、SEO対策もしつつブログを書き、SNSを育てようと決めました。

 

つまり、アクセスをブログに集めるためには、『複数の媒体からブログへ誘導することが重要である』ということですね。

 

最後に

今回はアクセスが集まるブログと集まらないブログの違いについて僕の考えを書いてみました。

でも、これらはあくまでも仮説。

 

これらの仮説を検証をして、正しいのか正しくないのかわかります。

わかったらまたその内容の仮説を立て、検証を繰り返す。

これが、遠回りのように見えて独学でする人には1番有効になるんじゃないのかなと思います。

 

ちなみに、仮説と検証の考えはこの記事に書いています。

仮説検証を繰り返し行えない人は人生で損をしている⇒その理由とは?

 

だから、引き続き行動し仮説を立て繰り返し検証するということをしたいなと。

 

・・・と、ここまで読んでどうですか。

 

今回書いたブログは、4つのキーワードを意識して書いてみました。

  • 大勢が認知している内容⇒正直ブログの書き方はそんなに需要がないかも

かつ

  • 興味があるけど悩んでいること⇒アクセスが集まらないというのは大きな悩みである

かつ

  • その悩みを解決する内容⇒ブログを書いている人にとってはその悩みを解決できる内容になっている

かつ

  • 実体験⇒実際に僕が体験したことを数字を用いて検証している

という内容ですね。

 

4つのうち3つの内容を満たしている。

さあ、アクセスが集まるか。

今からTwitterに投稿してみたいと思います。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です