不動産投資はリスクが高い!?実践者がWebサイト運営と比較してみた!

不動産投資はリスクが高い!?実践者がWebサイト運営と比較してみた!

僕は不動産投資を行っています。

なぜなら、23歳か24歳のときに『金持ち父さん貧乏父さん』という本を読んで衝撃を受けたからですね。

1日で読破し『不動産投資をして金持ちになる!』と決意したを今でも鮮明に覚えています。

 

そして、その3〜4年後の27歳の時に初めて不動産を購入して、僕の不動産人生が始まりました。

 

ですが、最近考えるのが『不動産投資はWebサイト運営と比較するとリスクが高いのでは?』ということを考え始めるようになったんですね。

 

そこで、今回は

  • 不動産投資
  • Webサイト運営

のリスクについて僕の実体験を解説したいと思います。

 

不動産投資とWebサイト運営を比較

では、早速不動産投資とWebサイト運営の

  • リスク
  • 労働時間
  • 収益性
  • 社会的信用度

という点をまずは解説したいと思います。

 

不動産投資とWebサイト運営のリスクの違い

不動産投資のリスクで考えられるのは、

  • 自殺
  • 孤独死
  • 自然災害
  • 人口の減少
  • 金融機関からの締付け

などが考えられると思います。

 

上記に示した内容は不動産所有者ではコントロールすることができません。

 

また、それと比較してWebサイト運営のリスクは、

  • Googleによるアップデート
  • サイバー攻撃

なのかなと考えています。

 

僕がライターをしていたとき、そのWebサイトを運営者の人もサイバー攻撃にあい、寝る時間を削ってサイトの修復をしていました。

 

つまり、上記2つともあなたでコントロールすることができないということを意味しています。

 

したがって、不動産投資もWebサイト運営の両方ともリスクヘッジはできるが、完璧にリスクを減らすことはできないということになります。

 

不動産投資とWebサイト運営の労働時間の違い

不動産投資は1度物件を購入し入居者が決まれば、その入居者に対してすることはあまりありません。

さらに、入居者との間に管理業者を入れることで、あなたがすることはほぼなくなります。

 

したがって、あなたがするべきことは、管理業者からかかってきた連絡に対して決断するということになります。

 

例えば、退去後の修繕はどの程度までするのか。

外壁の塗装はどうするのか。

このような案件に対してあなたは決断する必要があります。

 

それと比較してWebサイト運営は、記事を書き続けることが必要になります。

あなた自身で書くこともできますし、あなた以外の人に書いてもらっても大丈夫。

 

ただし、それが読者に価値を提供する記事であるということが前提となります。

 

もちろん、不動産投資も

  • 立地
  • 価格
  • 設備

等の面で他の競合よりも入居者に価値を提供し続けないと住み続けてくれないでしょう。

 

つまり、どちらの場合も対象としている人に価値を与える必要があるということがいえます。

 

不動産投資とWebサイト運営の収益性の違い

では、その2つの収益性の違いはどうかというと、僕の個人的な感覚としては、『稼ぐ人は不動産投資だろうがWebサイト運営だろうが稼ぐ』という感覚を持っています。

 

実際、僕と同年代の人で家賃収入年間『2億円』を超えている人もいますし、僕がライターをしていた人の収入は年間『1億円』を超えていました。

 

つまり、『稼ぐ人は稼ぐし稼げない人は稼げない』というように僕は考えています。

 

不動産投資とWebサイト運営の社会的信用度の違い

この社会的信用度の物差しは『銀行からの融資』という定義で話をすすめたいと思います。

そして、職業は会社員として話をします。

 

個人的にはこの場合、不動産投資の方が社会的信用度は高いと考えています。

なぜなら、現物がある不動産の方が融資を受けやすいからですね。

 

もしあなたが、『Webサイト運営をするので融資をしてください』とお願いしたとしても、なかなか融資をしてくれないでしょう。

もちろん、収益を上げ続け3年間分の確定申告があれば話は別だと思います。

 

ただ、Webサイト運営を個人が行う場合には融資は必要ないでしょう。

なぜなら、Webサイト運営は本当に初期投資が少なくてできるビジネスの1つだからです。

 

では、どうして僕が不動産投資の方がWebサイト運営と比較してリスクが高いと考えているかというと、

  • 融資を受ける
  • 人口減少
  • 競争力がなくなる可能性ある

という3つの理由からです。

 

不動産投資の方がWebサイトよりリスクが高いと考える3つの理由

銀行からの融資があなたを追い詰める可能性がある

多くの人が金融機関から融資を受けて不動産投資を行います。

融資を受けるとどうしても返済する義務が生じます。

 

これは、『お金を借りたのなら契約に従って毎月返済しましょう』ということを意味していますよね。

つまり、常にローンの返済をしていくという形になります。

 

不動産投資の利益の構造は、

  • 利益=家賃収入ー(ローン返済+固都税+修繕費用)

になります。

 

ですので、もし入居者が決まらず家賃収入が生まれなかったとしたら、ローン返済をしなければならず、そのローンがあなたを苦しめる可能性があります。

 

さらに、ローンが返済できなければ、物件は競売にかけられてしまうということもあります。

実際、こちらのサイトでは競売物件を見ることができます。

不動産競売物件情報サイト

 

それと比較して、Webサイト運営は銀行から融資を受けてすることはありません。

だから、返済義務も生じることはありませんし、競売に売られることない。

 

つまり、自分の資産として手元に残しておくことができるということを意味しています。

もちろん、将来的に売却してもいいですし、ずっと保有しそのwebサイトからの収益を得るという選択肢もあります。

 

人口の減少があるため不動産投資のリスクが増える可能性がある

人口が減少するということは、入居者が減るということを意味しますよね。

 

つまり、不動産物件を持っていたとしても、入居者が決まらなければその物件からは家賃収入が発生しないということになります。

 

でも、先程も少し書きましたが、不動産を持つということは

  • 固定資産税、都市計画税
  • ローンの返済
  • 修繕費用(建物は年月と共に傷んできます)

等の費用がかかってきます。

 

だからこそ、不動産投資で成功をするためには不動産の見極めが非常に重要になってきます。

 

では、Webサイトは運営はどうかというと、固定費は基本的に以下の3つほど。

  • ドメイン代(年間1000円程度)
  • サーバー代(月1000円程度)
  • 記事作成の外注費(人による)

 

つまり、固定費が少ないというのがWebサイト運営のメリットなのです。

確かに収益はすぐに上がることがありません。

 

ですが、正しい方法で継続することにより、少しずつですが収益が上がるよういなっていくでしょう。

※多くの人は収益が上がる前に辞めてしまいますが。

 

物件の競争力がなくなる可能性ある

購入したときは競争力がある物件だったとしても、年月が経つにつれ、どうしても競争力がなくなってきます。

 

例えば、あたなの物件が築20年、その隣に完成した新築のマンションが同じ値段で入居者を募集していればどうでしょう。

 

よほどあなたの物件に魅力がない限り、多くの人は新築物件を希望しますよね。

つまり、築年数と共に建物自体の競争力がなくなることを意味しています。

 

この点、Webサイトは古いサイトでもしっかりと収益があがるものも多いです。

もちろん、ライバルも多いし増えていきますが、Webサイト運営は『古いドメイン=競争力がない』とはなりません。

むしろ逆です。

 

正しい方法で記事を継続的に書き続けることによって、唯一のWebサイトになる可能性が高いです。

 

ですので、競争力という点においても不動産投資よりWebサイト運営がリスクが少ないといえるでしょう。

 

最後に

今回は不動産投資とWebサイト運営の違いのリスクについて僕の考えを解説してみました。

ただし、今回の説明はすべて『キャピタルゲイン』ではなく『インカムゲイン』の場合の話ですね。

 

キャピタルゲイン狙いの場合は、今回紹介した内容は当てはまらいこともあります。

※キャピタルゲインとインカムゲインの違いはググってみてくださいね。

 

では、僕は今後不動産を購入するかどうかについては、購入する可能性は十分あります。

なぜなら、僕は元住宅・不動産屋さんでしたので、普通の人より物件、特に立地の良し悪しがわかるからですね。

 

だから、良い場所に物件があったら購入したいと考えています。

それが見つからなかったら不動産の購入はせずに賃貸でいこうと考えています。

 

あともう1つの理由は、単純に不動産が好きだからというのも理由ですね。

 

もし、あなたが不動産投資をしようと考えているなら、今回書いた内容のリスクに対応できるのかどうか今一度考えてから行動することをおすすめします。

 

でも、『そうは言っても投資もしたい・・・』と考えているなら、小さく始めることができるバイナリーオプションという投資もおすすめです。

 

1000円からできる投資なので、興味がある人はこちらの記事も読んでみてくださいね。

バイナリーオプションの始め方を解説!これから始める初心者は必見!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です