不動産投資で購入した物件で賃貸ではなく民泊を行うメリットとは?

不動産投資で購入した物件で賃貸ではなく民泊を行うメリットとは?

不動産投資を行い『夢の不労所得を得たい』と考えている人は多いと思います。

確かに入居者が決まれば、毎月決まった金額の家賃が入ってきますよね。

 

その家賃収入から、融資を受けている人は金融機関への支払いをすれば、残りが利益となる非常にシンプルな仕組みが不動産投資です。

厳密には、その他にも固定資産税や修繕費用等が発生しますが。

 

ですが、『入居者が決まれば・・・』というのがポイントで、入居者が決まらなくても、金融機関への支払いが必要なため、毎月口座から自動的にお金が引き落とされてしまいます。

 

その結果、すぐに赤字になってしまうというデメリットもあります。

 

したがって、もし入居者が決まらない場合は、賃貸物件を思い切って民泊物件に転用するという方法もあります。

 

そこで、今回は『入居が決まらない賃貸物件を民泊物件に変更するメリット』について解説したいと思います。

人口減少中の日本で不動産投資を始めようと考えている人は、ぜひ最後まで読んで参考にして欲しいと思います。

 

不動産投資で購入した賃貸物件を民泊物件に変更する2つのメリットとは?

結論からお伝えすると、

  • 収益の安定化
  • 孤独死の防止

です。

では、1つ1つ解説したいと思います。

 

賃貸物件を民泊物件に変更すれば収益は安定する可能性がある

ずっと入居者を募集していたのにもかかわらず、入居者が決まっていない人はぜひ1度その賃貸物件を民泊物件として活用することを考えてみてください。

 

なぜなら、利益が増える可能性があるからです。

ただし、すべての物件で利益が上がるとは言いきれません。

 

なぜなら、旅行目的で宿泊する人のニーズを満たしていなければ、当然選ばれないからですね。

 

ですが、それでもずっと埋まらない賃貸物件ではなく、民泊物件として活用する方が収益を得る可能性が高いと考えています。

 

それは、単純にインバウンド需要が増えているからですね。

インバウンドとは『海外から日本国内へ入ってくる旅行』のことです。

訪日外国人の需要が高まっているからですね。

 

しかも、日本政府も2020年までに訪日外国人観光客の数を4000万人まで増やすとしています。

 

つまり、日本国内の人を対象にする商売もいいですが、需要が高まっている訪日外国人相手に商売をしてみませんかという提案ですね。

 

僕自身はいくつか不動産を購入しています。

ある物件は企業さんに借りてもらっていますし、入居して賃貸物件として活用しているものもありますし、民泊物件として活用している物もあります。

 

では、その中で収益性が1番高いのは、民泊をしている物件です。

もちろん、賃貸事業と比較すると手間はかかります。

届け出または許可も取らなくてはいけません。

 

それでも、収益性というところにこだわるのなら、ぜひ1度民泊物件としての活用をすることをおすすめします。

 

賃貸物件を民泊物件に変更すれば孤独死を防げる可能性がある

賃貸のメリットは、長期的にかつ安定的に収益を得ることができるということだと思います。

ですが、その逆に長期的に住むからこそ孤独死も起こりやすかったりします。

 

死亡して日が浅い場合はそこまで修繕費用がかかりません。

ですが、何日も経っていた場合それなりの修繕費用が発生します。

 

さらに、その後の対応は事故物件扱いとなる可能性もあります。

 

例えば、死亡して発見される場合の日数が少ない場合は、事故物件にはならないようですが、日数がそれなりに経っている場合、事故物件となる可能性があるようです。

 

その場合、告知義務といって新しい入居者さんに『この部屋で孤独死があった』という告知をしなければいけなくなります。

もちろん、すべてのお部屋で事故物件になるというのではなく、ケースバイケースのようですが。

 

ですが、民泊物件に変更した場合は、まず孤独死は考えられません。

なぜなら、孤独死しそうな人は旅行をしないからですね。

ただ、突然死というのはあるかもしれません。

 

しかし、その場合は賃貸物件として貸し出す場合と比較してすぐに発見できる可能性がありますよね。

なぜなら、同じ場所に長期で宿泊する人は少ないからです。

 

したがって、リスクが軽減されるという意味でも賃貸物件を民泊物件として活用することも検討することをおすすめします。

 

最後に

不動産投資で購入した物件で賃貸ではなく民泊を行うメリットとは?

今回は不動産投資で購入した賃貸物件を民泊物件として活用するメリットについて解説してみました。

 

日本人だけでなく、海外からの訪日客を対象とすることにより、収益が上がる可能性があり、なおかつ孤独死を防ぐことができるというメリットがあります。

 

ですが、もちろんデメリットもあります。

それは、賃貸物件と比較すると手間がかかるという点ですね。

 

だからこそ、個人的にはバランスが必要かなと考えています。

民泊物件だけに偏るのではなく賃貸物件も併用して運用する。

 

そのためには、どのような物件を購入するのかというのが非常に重要になります。

 

ですので、もしあなたが今後不動産投資を始めようと考えているのであれば、物件を購入する立地については、両方の視点から探すことをおすすめします。

 

どちらでも活用できれば、将来的に売りやすかったりするためですね。

不動産投資は出口まで考えて行うことが大切です。

 

ぜひ参考にして試してみてくださいね。

 

ちなみに、何千万円もする不動産投資はちょっと・・・・』という人は、1000円から始めることができるバイナリーオプションがおすすめです。

詳しくはこちらの記事に書いているので参考にしてみてくださいね。

バイナリーオプションの始め方を解説!これから始める初心者は必見!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。


【無料】投資やビジネスをしたいけど、その資金がない人はこちらの本でのマインドセットがおすすめ!

投資やビジネスをしたくてもその元手となる資金がない人も多いですよね。

その場合は、こちらの本でマインドセットすることをおすすめします。


内容は、両親がパチンコで作った借金を返済していた元皿洗いの男の実話ストーリーです。

その後、たった1人で3億円を稼ぎ20代でセミリタイア経験した人がその秘密を公開しています。


ちなみに、あなたは成功者と成功しない人の違いは何か知ってますか。

それは『考え方』です。


考え方が変わるから行動が変わります。

行動が変わるから結果も変わってきます。

 
つまり、成功者のマインドを知るということは成功への第一歩となります。

こちらの本はお金が必要なく無料で読むことができるので、普遍的なマインドを身に着けたい人はおすすめです。


Amazonで1位を獲得した本ですので読んでみてくださいね。
自由な人生を手に入れる教科書


この本であなたの投資やビジネスが上手くいくようになれば幸いです。




また、メルマガでは私の投資方法や民泊のブログでは書けない内容を公開しています。

是非下記の画像をクリックしてメルマガへ登録してみてくださいね。



ご登録いただいた人にはもれなく収益が上がる『レポート』を無料でプレゼント中!!



LINE@のご登録はこちらから

忙しいサラリーマンの人でも実践できる民泊やバイナリーオプションの質問などお気軽にどうぞ!

登録ができな人は【@uyx2647q】で検索すると登録できますよ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です