生産性を高めるためにはすべてをリンクして考え行動することが必要!

生産性を高めるためにはすべてをリンクして考え行動することが必要!
現在コロナウィルスの影響で売上が下がってしまった全国のゲストハウスをつなげて、全国規模でクラウドファンディングに取り組んでおり、僕も運営として関わっています。

様々な想いや参加している施設紹介もあるので、ぜひまずは読んでみてください。

全国の宿泊施設を応援できる「みらいの宿泊券」を販売したい


最近改めて気が付いたことがあるので、今回の記事はそれをまとめてみたいと思います。

 

それは、『いままで経験した知識や経験、失敗等をすべてをリンクして考え行動する』っていうこと。

 

これが改めて本当に大切だと気が付きました。

 

もちろん、いきなりこんなこと書かれてもわからないと思うので説明していきますね。

 

実は、僕には悪いクセがあるんですよね。

それは、物事を1つ1つ区切って考えてしまうというクセなんです。

 

今振り返って考えると、無意識でそういうふうに行動していたような感じなんですね。

 

ある意味何て言うんだろう、『真面目な性格からなのか』それとも『頭がカタイからなのか』わからないけど、思考や行動自体が単発になっていましたね。

 

具体的に言うと、最近Aという仕事に取り掛かかっていたんですよね。

 

すると、僕はAのことのみについて考え行動しようとしてしまっていました。

これって一見当たり前の行動からもしれないけど、すごく効率が悪く生産性が低いということに気が付いたんですよね。

いや、正確にいうと今ビジネスを習っている先生に指摘されたって書いたほうが正しいかな。

 

Aのみのことを考えるあまり、僕が今まで培ってきた技術や体の使い方、または思考といったことを全然省いて行動していました。

 

つまり、指数関数的な成長がそのAに見られなかったんですよね。

指数関数がよくわからない人にはこの画像がわかりやすいかもしれません。

 

始めはなかなか上達しないんだけど、でもあるきっかけで急激に上達することがありますよね。

 

僕の経験上、このグッと上に上がっているタイミングは、今まで培ってきた経験等をリンクして考え行動できたタイミングだと思うんですよね。

 

経験や知識、失敗等がリンクしたときにぱっと閃いて成長できたりする。

あっ!なるほど!こういうことか!』という感じで。

 

でも、僕がAに取っていた行動っていうのは1+1+1+1+1+1+1・・・・を永遠と繰り返しているような行動だったんですよね。

僕本人としては当然一生懸命しているんですよ。

早く結果を出したいから。

 

でも、僕のやっている行動って結果が出るのが本当に遅いですよね。

今振り返って考えると当たり前のことなのですが、一生懸命になるため視野が狭くなり周りが見えていなかったですね。

 

でも、なぜ僕がそこまで結果にこだわるかったいうと、ビジネスでも何でも結果が全てだと思っているからなんですよね。

その過程なんて僕の考えでは正直どうでもいいです。

 

本当に結果が全てなんですよね。

自分でビジネスをしたことがある人は分かってくれると思いますが。

 

この経験は東京でのマンション営業の時に痛いぐらい感じました。

固定給はいただけるのですが、歩合制の仕事だったので多く稼ぐためには数字(売上)を上げなければならなかったんですよね。

いわゆる歩合制というシステムです。

 

でも、どれだけ飛び込み営業や電話営業を一生懸命やっても結果が全然上がらなかったんですね。

この飛び込み営業や電話営業は会社の方針。

 

※今振り返ると飛び込み営業や電話営業のやり方をもっと工夫するべきだったと思うかな。ただ、勘違いしてほしくないのは、どれだけ非効率かと思われるかもしれないけど、これらの経験は僕の人生ですごく役に立っているし自信となって残っているんですよね。

 

でも、1日サボって寝ていた人がたまたまモデルルームに『買いたい』って来た人に当たったら、契約でき売上が上がる。

当然、会社は売上をもたらす社員を評価しますよね。

 

だから、結果が出ていない人にかなり冷たく当たるし詰めてくるわけなんですね。

お前さ〜』って!

まだ言葉だけだったらいいですが、殴ってきますからね笑

 

だから、自分の身を守るという意味での経験も含めて、僕は結果が全てだと考えるようになっていったんですね。

どれだけ一生懸命にやっても、それに結果が伴ってなければただの自己満足だと。

 

ある意味小学生ぐらいの思考だったのかもしれませんね、ただ言われたことを工夫もせずに一生懸命するだけって。

 

でも、いざ独立して収益のことを考え出すと、このマンション営業で培った数字に対する執念が生きてくるわけなんですね。

だから、今振り返ると本当にありがたい。

 

もし、この感覚がわかりにくい場合は、スポーツに例えてみるとわかりやすいかもしれませんね。

世の中の人の記憶に残るのって1位だけだと思うんですよね。

2位なんて記憶に残らない。

 

僕はボクシングが好きなのでボクシングに例えると、チャンピオンの名前は英雄として残るけど、1位だった人の名前なんて知らない人がほとんどですよね。

こういう感じかな。

 

または有名な例えでいうと、日本で1番高い山は富士山ですが、2番目に高い山を答えられる人は少ないんじゃないかな。

 

だから、生きていく(収益を得る)ためには結果を残すことが大切だし、朝から何時間努力しようと、結果が伴っていないのであれば努力をしているフリをしているだけだという言うのが僕の考え方なんですよね。

当時の僕がそうだったように。

 

でもね、間違って考えてほしくない大切なことがあります。

 

それは、世の中結果を出している人ほぼ全員異常な努力を続けているということ。

 

また、その努力を努力と思っていない人が多い。

 

これは、普遍的な真実だと思うんですよね。

 

実際、僕はマンション営業の時始めこそなかなか契約がとれなかったのですが、途中からは順調に契約が取れるようになっていきました。

逆にサボっていた人は契約自体も単発で終わるようになっていましたね。

 

だから、僕も含めてあなたに伝えたいことは、現在していることを一生懸命にこなすこと。

そして、例え結果が出ていなくても改善し、続けることが本当に大切ということなんですよね。

 

これはね、将来どのように役に立つか今の時点では本当にわからないと思うんですよね。

僕自身だって今やっていることが、今後の人生にどう役立つかなんてわからない。

 

でも、一生懸命するからこそ新しい経験や気付きを得ることができるんですよね。

※一生懸命行動しないと、新しい経験や気付きはなかなか得られません。

 

卒業生に対する有名なスピーチ動画の中でSteve Jobsもこう言っていますよね。

『点を繋げること』って。

 

その超有名な動画はこちらですね。


この点というのは、自分の気付きであったり経験であったり知識であったりすると思ってます。

事実、僕の経験を振り返ってもこの点が繋がったと思う経験はいくつもあります。

 

例えば、僕がプロドラマーを目指した行動とかですね。

 

僕は単身プロドラマーを目指して単身渡米をしました。

もちろん、英語なんてまったく話せない。

そんな中での渡米でした。

 

でも、英語というところだけで考えると、僕の成長は早かったんですよね。

他の留学生とくらべて。

 

なぜなら、他の留学生は英語を学びに来ているから。

それ以外のものがないんですよね。

 

僕はプロドラマーに成りたいと思って行っているから、英語はあって当たり前の状態。

アメリカ人と音楽の打ち合わせをするにも言葉が必須。

だから、他の人よりも努力をしました。

それが、成長を助けたんですよね。

 

その結果、英語ができない人の気持ちもわかるので、英語が苦手な人に対して上手く教えることができるようになりました。

 

事実、小学校5年生の子でも週2回の授業で1年後には英検3級受かるようになりましたね。

英検3級っていったら中学卒業レベルですからね。

 

生徒が結果を出すってすごく嬉しいんですよね。

 

もし、週3回とか通ってくれたら小学生でも英検2級程度は受からすことができるとは思っています。

もちろん本人の努力があってこそですが。

 

また、僕が20代の前半に海外を放浪した経験も民泊ビジネスに生きています。

 

何回かこのブログでも紹介しましたが、それは本当に貧乏旅行で、言葉の伝わらないもどかしさや、知らない地域を歩くというだけで楽しいという感覚を知ることができました。

 

海外で困ったことに陥ったとき、現地の人が助けてくれるというだけでどれだけ心強いか、そして親切に感じるかということも知りました。

 

なぜ海外旅行をして困るのかというと、旅をしている時間を有効に使い『本気で楽しみたい』って考え行動していたから様々な困難に陥ったんですよね。

ある意味好奇心からきた失敗もあったとも言えます。

 

でも、こういう経験を海外でしたおかげで、いざ自分が民泊ビジネスを始めるに当たって本当に役に立ちました。

なぜなら、海外旅行をしている人達の気持ちが本当に痛いぐらいわかるから。

 

それを知っているからこそ、他の人が気が付かないところに対処できて、それがレビューに表れ口コミが広がっていきました。

 

だから、仕事でもスポーツでもゲームでも何でもいいので、失敗を恐れずどんどん挑戦していったほうが本当にいいと思うんですよね。

※もちろん、実社会で失敗しまくったらクビになるので注意は必要ですが。

 

ただ、大切なことはその挑戦を一生懸命することってこと。

すると、さっきも書いたけどその過程で知識や経験、新たな気付きを得ることができるんですよね。

 

その経験等が将来何か別のことを試すときに、必ず役に立ちます。

それらの経験をリンクして考え行動するようにすれば。

 

新しいことにチャレンジしても、

ここは以前したBのこの部分に似ているから、あの方法を使ってみよう

この部分はCの時の経験が役に立つかも。やっぱり役に立った

というように、経験した数が多いほど、または悩んでもがき苦しんで出したアイデアが多いほど引き出しが多くなります。

 

でも、傍から見たらそれってものすごいスピードで成長しているように見えると思うんですよね。

 

だから、仕事でもスポーツでも何でもそうですが今していることを一生懸命こなし、新しいことを取り組むときはそれらの経験等をリンクして考え行動してみると、より早く成長ができるようになると考えています。

 

そして、その成長を繰り返すことによってあなたが考える成功に近づくというわけです。

 

最近改めてこの考え方に気がついたので、備忘録も含めてあなたにシェアしたいと思います。

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です