プライドのためにプライドを捨てることができれば成長へつながる

あなたにはプライドがありますか。

僕は昔いじめられていたのでプライドはありませんでした。

むしろ、中学生のときはいじめられていることから反撃できない自分をずっと憎んでいました。

 

こういうことを書くと、殴られたりする体の痛みが大変と思うかもしれませんね。

でも、僕の場合はそうじゃなかったんですよね。

体の痛みなんて全然大したことない。

 

実際、僕はそこまで体の痛みがあるイジメではなかったからかもしれません。

では、何が辛かったかたというとイジメを受けてもやり返すことができない自分への気持ちが辛かったんですね。

ギュッと心の奥が締め付けられる痛みですね。

 

だから、いじめられっ子の人が自殺する気持ちもよくわかります。

もちろん、人それぞれ違うと思いますが。

 

でも、こんな僕でも少しずつ自信を持つことができるようになっていきました。

そのきっかけは2つのあるのですが、その1つがドラムです。

 

僕は、13歳からドラムを習い出しました。

13歳って今考えると結構早いですよね。

このドラムを教えてくれた先生には本当に感謝していて、頑張れば結果が出るということをドラムを通して経験していったんですよね。

 

この人がいなければ、僕の人生は暗い人生のままだったのかもしれません。

この画像たぶん30歳前後とかじゃないかな

ドラムの練習を一生懸命頑張ると、結果が出る。

僕の中の結果というのは周りに認められるということ。

 

いじめられっ子の僕から周りに認められるようになると、僕は自分自身にプライドを持つことができるようになってきました。

そして、そのプライドを維持するためにも、もっと練習に打ち込むようになっていきました。

 

すると、当たり前ですがどんどんドラムが上手くなっていきます。

その結果、同級生が下手に感じるようになっていき、高校生のうちから大人の人達とバンドをするようになりました。

 

もちろん、その大人の人達に鍛えられたのは言うまでありません。

絶対負けない!1番になってやる!』という気持ちは自分のアイデンティティを確立させるためにも必要だったわけです。

もう2度といじめられっ子には戻りたくない』という気持ちもありました。

 

つまり、僕のプライドはドラムに依存していたということになります。

 

ですが、上には上がいます。

実際、徳島の若手ではそれなりの実力があったと思います、当時は。

そこから、アメリカへプロドラマーを目指して留学します。

 

でも、やっぱり世界なんですね。

全然レベルが違う。

まー考えると当たり前ですが(笑)

 

そんな中、とうとう資金的に厳しくなり、そして自分の情熱的にもプロドラマーを目指すということを辞めるタイミングが来たんですね。

そこで、考えたんですね。

 

今までドラムが自分のアイデンティティだったけど、これがなくなってしまったら自分はどうなるのか

自分の存在価値は一体何になるのか

プロに成るってアメリカまで行ったのに失敗して返ってくるなんて恥ずかしい

などの様々な感情が自分の頭と心を襲ってきたわけなんですね。

 

特に最終的には『恥ずかしい』という感情から逃げる意味でも、日本に帰ってからはドラムを叩かなくなりました。

自分が情熱を注いで頑張ってきたことに蓋をしてしまったわけです。

すると、当たり前ですが僕のドラムの腕は急激に落ちていきました。

 

月日が流れ、ドラムを叩かなくなって数年経ちました。

でも、やっぱり僕はドラムが好きなんですね。

次第に叩きたいという感情が芽生えてきました。

 

でも、こういう感情も同時生まれます。

あいつアメリカまで行ったのにあの程度かよ』と思われたくないという感情ですね。

 

それでも好きだったから覚悟を決めてアメリカでプロを目指していた自分のプライドを捨ててドラムを叩いてみたんですね。

 

すると、新しいことが見えてくることができました。

新しいというよりも、自分の考えていたプライドってすごいちっぽけなもんだったって気が付いたんですよね。

そして、アメリカで経験をしたことを元にドラムを叩くと、また違った楽しさがあるってことも。

 

新しい発見です。

そこで、こういうことに気がついたわけです。

 

それは、

プライドを捨てるということは自分の殻を破ること

ってことです。

 

もちろん、プライドがあったからこそ早く成長できた自分がいます。

ですが、時にはそのプライドが邪魔して自分の成長を妨げていることがあります。

 

現在は人間としても、そしてビジネスをしている僕としても自分自身にプライドを持っています。

でも、そこに囚われているばかりでは成長が遅いと感じたんですね。

だから、必要なときはプライド(成長)のためにプライドを捨てる(自分の殻を破る)必要があると考えている。

 

例えば、現在僕はビジネスを20代の先生について習っている。

もし、普通にプライドがあれば頭を下げて習うということは全然しないでしょう。

でも、僕は成長したかったんですね。

 

もっとビジネスマンとして、そして人間として成長したいと思っています。

だから、自分の殻を破るためにもしょうもないプライドを捨てました。

 

すると、やっぱり自分よりすごい人はすごい。この人と僕の違いは何か』と素直に物事を捉えれるようになっていったわけです。

 

ですので、もしあなたが現在成長していないなって感じているのであれば、もしかしたらあなたのプライドが邪魔しているのかもしれません。

 

そのときは、1度そのプライドを捨ててしまうことをおすすめします。

僕の経験上、自分のアイデンティティを保つためにもプライドは必要です。

 

ですが、必要な時にそのプライドを捨てるプライドを持つということはもっと必要だと感じています。

 

それが何なのかは人によって違います。

ですが、成長するためには素直な気持ちになって今までの殻を破ることが必要だと思います。

 

本田圭佑もこういう言葉を言っています。

成功にとらわれるんではなくて成長にとらわれろ

 

もし、あなたが現状より成長したいと考えているなら、あなた自身の殻を破るためにもプライドを捨てる勇気を持ちましょう。

 

では、具体的に1番始めに何をすればいいかというと、あなたの目標としている人の考え方をあなたの頭にインストールすることをオススメします。

なぜなら、すべての行動はマインド(考え方)から起こっているからです。

 

最もおすすめなのは、自分よりすごいと思う人にコンサルを受けたり、またはビジネスのコミュニティに入って勉強したりすることです。

 

そして、その後必ず実践が必要です。

実践しないと結局身につかないからですね。

そのままでいると、頭でっかちになってしまいます。

 

でも、『コンサルを受けたりするのはちょっと金銭的に・・・』という人は本やメルマガがおすすめです。

事実、私もたくさんの本やメルマガから多くの気付きを得ています。

 

本はお金がかかりますが、メルマガは無料ですね。

現在私が発行しているメルマガでも、ブログには書けない有益な情報を公開しています。

 

例えば、

  • 月収1億円プレイヤーの勉強会の内容
  • 地方でもできる民泊ビジネスや不動産投資のノウハウ
  • ビジネス初心者のためのアフィリエイト

などの内容などです。

 

もちろん、私の先生からの学びも公開しています。

また、登録してくれた人には初期投資の資金を稼ぐことができる『誰でも稼げる即金レポート』を無料でプレゼントしています。

 

ぜひ、あなた自身をより高めたいと考えているなら、私のメルマガを含め様々なメルマガに登録してたくさんの情報に触れてみるのもいいですね。

 

ぜひ、成長するためにもプライドを捨てるプライドを持ちましょう!

 

現在Facebookで友達を募集しています。

木内健介とFacebookで友達になる

基本的にスパムアカウント以外は全員承認しています。

お気軽に友達してくださいね^^

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です