自信をつけるには何かの分野で結果を残すこと!

こんにちは、木内です。

 

最近話しをした人で『自信がありません』っていう人がいたんですよね。

そして、この『自信がありません』という人は多いと思うんですよね。

 

だから、今回の記事は僕が意識している考え方について書いてみたいと思う。

 

早速結論から話すと、結局自信は一気に付くことなんてなくて、過去の成功体験の積み重ねで得られるものと考えている。

じゃあ、どうやって成功体験を積むかと言うと、すごくシンプルで何かで1番になることなんですよね。

 

この1番になるってことは本当に重要で2番じゃダメなんですよね。

※以前そういう発言をした議員さんもいましたが・・・。

 

こういうことを書く(言う)と必ず決まってこういう言葉が帰ってくるんですよね。

1番なんてなれません』って。

もちろん、この気持ちはわかるし過去の僕も同じように考えていたんですよね。

 

だから、少し考え方を変える必要があるんですよね。

それは、狭い範囲での1番でOKと言うことなんですよね。

 

この『1番になれません』って考えている人は、おそらく幅広い分野での1番を考えていると思うんですよね。

例えば、営業マンだったら会社で契約数1位とか、利益1位とかね。

学校だったら学年で1番テストの成績がいいとか。

 

もちろん、いきなりここを目指しても大丈夫。

ただ、そもそも自信がない人がこの1番を目指すことなんて考えしないんじゃないかな。

 

だから、大切なことはこの1番のハードルを下げるということなんですよね。

例えば、さっきの営業マンとかだったらアポイントの数が1番とか、もっと下げるなら、アポイントの数が課内で1番とか、同期の中で1番とか。

 

勉強だったら、数学だったらクラスで1番とか、クラスの男子で1番とか。

な〜んだ、そんなことか』って思った人もいると思うけど、この成功体験てホント大事なんですよね。

 

なぜなら、成功体験を積むと、脳が『努力すれば結果が出る』ってことをイメージできるようになるんですよね。

だから、その後少し基準のハードルを高く設定したとしても、または別の新しいことに挑戦したとしても、脳が結果を出すということについてイメージできるようになる。

 

すると、人間はイメージできることは行動ができるんですね。

行動ができるということは結果が出やすいということ。

 

そして、結果が出ることができれば、自分に自信を持つことができるようになり、自信の好循環が生まれるんですよね。

 

だから、スポーツとかで結果を残したことがある人って、仕事をしても結果を残しやすかったりする。

 

あとは、根拠のない自信とかもそう。

新しい分野で全く経験がないのに『できる気がする』とか『大丈夫』とか言ってる人って何か別のことで結果を出したことがある人が多いと思う。

 

だから、根拠のない自信を持つことができるということは、過去1番を繰り返し取ってきたということでもあると考えている。

結局、さっきも書いたけど自信をつけるためには行動して1番を取る体験を繰り返すうちに、自然と付いてくるようになるんですよね。

 

ただ、そこで自信をつけたい人に聞きたいことがあるんですよね。

それは、『その自信は何のために付けたいのか』ってこと。

 

自信を付けてどうしたいかってことがポイントですね。

 

この『何のために』っていうことを意識すると、より成長スピードが高まるかな。

よく手段と目的って言葉があるけど、自信をつけてあなたはどうなりたいのか。

 

例えば

  • 異性からモテたい
  • 人前で緊張せずに話すようになりたい
  • かっこよく見られたい
  • 雰囲気をよくしたい
  • ビビりたくない

 

など。

この何のためにってところを意識すれば本当にスピードが早くなる。

 

だから、自信が持てない人は自分の基準を下げて何かの分野で1番を取り続けるように行動しましょう。

すると、ゆっくりですが確実に、あなたはあなた自身を信じることができようになりますよ。

 

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です