民泊ビジネスは民泊新法によって稼ぎにくくなるのか?

こんにちは。

木内(きのうち)です。

 

今回のブログは2018円6月15日から施行する住宅宿泊事業法(以下民泊新法)について書いてみました。

その法律よって民泊ビジネスを営む人やこれから参入をしようとしている人にとってどういう影響があるのかなど、僕の考えも入れて。

 

今回は『利益』について。

 

民泊ビジネスを『お金儲け』の道具と考えているのか、という声もあるかもしれないけど、ビジネスとして考える以上必ず利益の追求は必要。

なぜなら、利益がなくては継続できないから。

 

だから、まずはビジネスを継続させるという意味でも稼ぎやすくなるのか、稼ぎにくくなるのかをまとめてみました。

 

結論は条件によっては稼ぎにくくもなるし稼ぎやすくもなる

では、結論から伝えると民泊新法によって民泊ビジネス自体は『稼ぎにくくなる』と考えている。

ただし、条件によるという感じかな。

自分の物件で自分が居住している場合は稼ぎやすくなるかもしれないが、転貸してさらに自分が住んでいない物件では利益がほとんど出ないと考えている。

 

では、その理由をまとめてみました。

 

理由1:6月15日以降民泊をするためには届け出をしなければいけない

まずはこの届け出。

この届け出が意外とめんどくさいんですよね、手続きが。

 

僕自身は4月の上旬に申請して5月の下旬の段階でまだ届け出が受理されていない。

6月15日までに間に合わせて欲しい旨を窓口の人に伝えても『全国で初めてのことなので、わけがわからない』とのこと。

 

だから、今後届け出を出す人はこの届け出で詰まってしまう人も多いんじゃないかな。

消防署とかにも行かなくてはいけないし、実際立会検査もあるから、サラリーマンの人とかは時間のやりくりが大変かもしれない。

 

だから、今までは気軽に参入してきた人も多いと思うけど、今後は参入しにくくなのかなって考えている。

参入の障壁が上がるということで、以前のようには参入しにくくなるので、稼ぎにくくなるのかなって考えている。

 

理由2:管理業者と契約しなければならず、利益を圧迫する

転貸物件の場合、そこに本人が住んでいなければ『家主不在型』となる。

家主不在型となった場合は、管理業者(届け出に管理者の登録番号等の記載が必要)と契約しなければならない。

 

その結果、利益を管理業者の管理費用の支払いに当てなくてはいけないため利益が削られてしまう。

だから、転貸物件でなおかつそこに住んでいない場合は儲けを得ることは厳しくなるんじゃないかなと考えている。

 

逆に自分が住んでいる物件で民泊ビジネスを行う場合は、この管理業者が必要なくなる。

つまり、そこに住んでいる人自身が管理業者となるわけ。

 

だから、余分な利益の削除に合わなくて済むので、利益を出しやすくなる。

 

理由3:AirbnbやBooking.comのサイトに許可番号がないと掲載できなくなる

これが稼げなくなる最も大きい理由だと思う。

民泊をしている人は、6月15日までに届け出番号をAirbnbのサイトに記載して提出しなければ、6月15日以降はAirbnb等のサイトに掲載できなくなる。

つまり、集客ができない。

集客ができなければ当然稼ぐことは難しいと考える。

 

これは、家主滞在型だろうが不在型であろうが同じ。

全員届け出番号や許可番号の提出が必要となる。

 

逆に言うと、6月15日以降に掲載されている物件は違法物件ではないということにもなりますね。

 

※180日という縛りは今はそこまで関係ないと考えているが、あまり関係ないと思う。

実際、僕の集客力は全国で比較しても高い方だけど、180日可動しているかっていうとそんなことはない。

今後はライバル物件が少なくなってくるので、予約が増えると思うので180日がどう影響してくるのか見極めが必要かな。

(実際色んな方法で抜け道があるようですが・・・。)

 

まとめ

今後は転貸して民泊ビジネスをしている人はほとんど撤退すると考えている。

違法民泊はほとんどなくなるんじゃないかな。

 

だから、今後利益を出し続けることができる民泊ビジネスは、本人居住型の物件になるのかなって考えている。

(地方の場合ね。都会では民泊ビジネスを営んだことがないのでわからない)

 

また、転貸+自分が住むっていうのもありかもしれないけど、、、。

以前参加した民泊セミナーの説明会では、滞在者がいる間、本人もそこに滞在しなくてはいけないという説明があったかな。

これはさすがに自由な時間がなくなってしまう。

(僕の解釈が間違っているのかもしれないけど、基本的にはホストとしてお客さんの対応としましょうというのが趣旨。説明会ではそうやって言っていたけどね。)

 

今回はあくまでも『利益』に重きを置いて書いてみたけど、『交流』ってことを考えると本当に楽しい。

英語の勉強にもなりますしね。

 

今日のゲストの人はスコットランド人とデンマーク人。

特にスコットランド人の英語のアクセントは意識して聞かないとほんと聞き取りにくい(笑)

こういう交流や旅好きな人にはたまらないと思う。

是非、様々な面から判断して民泊ビジネスを始めてみてくださいね。

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です