民泊を副業として成り立たせるためには2つのポイントが非常に重要!

民泊を副業として成り立たせるためには2つのポイントが非常に重要!

こんにちは。

木内(きのうち)です。

 

本日のブログは民泊ビジネスは副業として成り立つのかどうかという点について書いてみました。

 

結論から伝えると、条件次第では2018年6月15日以降は厳しくなるだろうと思われる。

なぜ、条件次第かというと物件があるかないかで大きく違うからです。

 

民泊ビジネスは副業として成り立たせるにはあなたの物件である必要がある

サラリーマンをしながら副業として行うには、まず許可を得た物件でなくてはならない。

なぜなら、6月3日以降許可番号が登録されていない物件はairbnbのサイトに掲載されなくなってしまったからだ。

これは、当然6月15日から始まる民泊新法の影響。

 

今までは副業として稼ぐことはできたけど、今回の民泊新法はそれを許さない内容となっている。

具体的には以下の点が変更となっている。

  • 180日までの宿泊ルールがある(地域によって違う)
  • 家主不在型であれば管理業者に管理を任さなければいけない

という2点が大きく影響してくるかと思う。

 

では、具体的に解説してみますね。

 

民泊を副業とすることが難しい理由1:180日までの宿泊ルールがある

今後民泊を副業として稼ぐことが難しい理由に180日までのルールがある。

以前までの僕は稼働率50%の物件なんて少なく、あまり影響しないと書いていたが、知れば知るほど条例によって厳しい規則が設けられていることがわかった。

 

例えば、この前話をした東京で民泊ビジネスをしているホストの方。

この人の地区は、民泊ホストとして営業ができるのは土日のみだという。

 

もちろん、前提として許可を取っている物件でも・・・とうこと。

 

これでは収益がほぼ出ない。

自分の物件でなければ、家賃、管理業者への支払い(これは状況によるかな)、掃除屋さんなどの出費があり(これも自分ですればば節約できる経費ですね)、下手すれば赤字になる可能性もある。

だから、この人はホストを続けるかどうか迷っているという。

 

結局条例によって・・・ということがこの民泊を副業にしようとするとかなり影響が出てきますね。

 

結局、国もインバウンドで観光客を増やしていこうとしているのに、民泊ホストを減らしていく結果になってます。

このように辞めてしまう民泊ホストが大量に出るので、もしかしたら法律が今後変わることになるかもしれませんが・・・。

 

民泊を副業とすることが難しい理由2:家主不在型の場合管理業者に任せなければいけない

この家主不在型というのも民泊を副業として行っていくには収益的な部分に大きな影響を与えていきます。

今まではお部屋を借りて転貸して営業をしていた人も多かったと思います。

そして、そういう物件に関しては、以前は本人がそこに住んでいなくても問題ありませんでした。

 

ですが、これからは本人がそこに住んでいない場合は、管理業者が必要になります。

 

物件の届け出をする際に、そこに管理業者を入力する欄が必要になります。

つまり、管理業者と提携しないと届けで自体ができなくなります。

 

もちろん、このあたりも私が確認している人によっては、かなり解釈が違っていたりします。

まだ、始まったばっかりというのもあるのかもしれませんが。

例えば、この家主不在型もその日だけその場所に行けば、家主不在型にならないという解釈をしている人もいます。

 

どちらにせよ、この管理業者が必要になる場合は利益を大きく取られてしまう可能性があるので、民泊を副業として行うのはかなり厳しいことになるかもしれません。

 

最後に

いかがでしたか。

今後 、民泊を副業として行う場合は

  • あなた自身の物件(またはオーナーが許可を出している物件)
  • そこに住んでいること

というのが大きなポイントになるかと思います。

 

そして、その物件がある

  • 地域が非常に重要

になってきます。

なぜなら、その場所の条例によって民泊を副業として営業できる日時が違ってくるからです。

 

私も現在様々な人と話をして、情報交換に努めていますが、なかなか今後上記以外で民泊を副業として行う場合は厳しそうですね。

つまり、収益が非常に上がりにくいという状態です。

 

ですが、収益以外の楽しみも当然あります。

それは、絶対に普段は会えない人と交流できるということです。

 

昨日はフランス人の女性と私の家族で食事に行ったりなど、国際交流ができるというメリットもあります。

子どもたちはフランス文化や相手家族の映像を見せてもらいながら、交流をしました。

言葉が喋れないけど、英語を話すことができれば世界中の人と交流できるということを、小さいながら感じているようです。

 

ですので、民泊を副業として行う場合は利益を大きく稼ぐことは難しいと思います。

もちろん、これから再び法律が変わるのでどうなるかわかりませんが。

 

また、面白い情報を得ることができたらこのブログに書いて情報を共有したいと思います。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です