民泊ビジネスを始める前に気をつけることとは!?

現在コロナウィルスの影響で売上が下がってしまった全国のゲストハウスをつなげて、全国規模でクラウドファンディングに取り組んでおり、僕も運営として関わっています。

様々な想いや参加している施設紹介もあるので、ぜひまずは読んでみてください。

全国の宿泊施設を応援できる「みらいの宿泊券」を販売したい


こんにちは!

木内(きのうち)です。

 

僕が取り組んでいるビジネスで最近力を入れているのが、投資と民泊ビジネス。

 

実際、僕の集客数は徳島県で1番で、1年ちょっとで1000人以上の人に宿泊してもらっている。

 

さらに、ただ集客するだけではなく、実際に泊まって良かったとお客さんが喜んでいただけるような空間や体験を提供し続け、その結果、スーパーホストという肩書を1年以上取得し続けている。

実は、このスーパーホストは数ヶ月に1回審査があり、その内容を満たしていないと降格になったりまします。

 

ちなみに、そのスーパーホストとは・・・

引用元;airbnbのサイトより

 

※実際1番始めの画像は僕のお住まいに滞在してくれた人が直接メッセージを送ってくれたものです。

 

そこで、今回は民泊ビジネスを始めるにあたって僕の実体験から気をつけることをまとめてみました。

 

民泊ビジネスで気をつけること:1 許可を取る

2018年6月15日から法改正があります。

この日以降違法民泊の物件はairbnbの民泊サイトへの掲載ができなくなります。

 

どういうことかというと、6月15日までに許可を取得しその番号をairbnbに登録しないと、掲載ができなくなってしまいます。

これは、airbnbに2回確認したので間違いないかな。

 

ですので、許可を取得することが今後民泊ビジネスを行う上で必須項目になります。

逆に言うと6月15日以降の物件は合法的に許可を得た物件ということになると考えられます。

 

民泊ビジネスで気をつけること:2  初期投資を抑える

始めからキレイな飾り付けをしたいと考え大金を投資する人もいますが、僕のやり方ではおすすめしません。

なぜなら、資金の回収率が遅くなってしまうからですね。

 

僕の場合は始めの1ヶ月から遅くても2ヶ月で投資した資金を回収し、それ以降は利益という考えです。

実際4月の中旬にオープンした物件は1ヶ月経たないうちにairbnb用の飾り付けのために投資した資金は全て回収できました。

 

ですので、大切なことは初期投資を抑えるということを意識してみてください。

そして、安定して利益が出るようになったら徐々に充実させていけばいいと考えてますね。

 

ただ、『そこまでお金お金したくない』っていう人もいるかもしれません。

 

それはそれで良いと思います。

ただ、民泊ビジネスとしてお話している以上、投資資金の回収率は常に頭に入れて考えて行動するほうが、ビジネス自体も長続きすると思います。

 

実際、僕は不動産投資もしているけど、リスクヘッジの面から民泊ビジネスは非常に収益性の高いビジネスになると考えてますね。

 

 

民泊ビジネスで気をつけること:3 英語ができないことを恐れない

よく民泊ビジネスをしたいという人から相談を受けますが、決まって皆さん『でも、英語ができないから・・・』と言われます。

正直、民泊ビジネスでする英語なんて大したことありません。

 

これは、どのビジネスにも当てはまるマインドなのですが、『怖いと思うのは知らないから』なんですよね。

だったら知る努力をすれば解決するんですよね。

では、知る努力って何かって言うと、結局は英語に触れることなんですね。

 

で、その前に英語にふれる『覚悟を決める』ってことがファーストステップです。

 

幸い僕は英語が話せます。

本日もカナダ人男性とフランス人女性、オランダ人のご夫婦と様々な会話をしていました。

 

カナダ人男性とは僕の地元の名物『徳島ラーメン』を一緒に食べに行ってきましたね。

写真を撮り忘れたのが残念ですが。

(ちなみに、カナダ人の彼は徳島ラーメンを大絶賛してましたww)

 

でも、英語で話す内容ってだいたい決まっているんですね。

始めはその英語を丸覚えするだけ。

そして、その英語を使ってみる。

 

するとね、覚えた英語がびっくりするぐらい通じないんですよ(笑)

ほんとびっくりすると思います。

 

でも、この困ってみるって感覚が非常に大切なんですね。

そして、伝わらなかったら、相手に聞いたらいい。

 

ネイティブならば、正確な英語を教えてくれますし、ネイティブでなかったらスマホを使ってお互いの言語を翻訳して話そうとします。

その過程ですごく仲良くなったりするんですよね。

 

だから、覚悟を決めて英語を恐れない』ってことが本当に大切かなと思います。

 

民泊ビジネスで気をつけること:4 聞かれる内容を始めから勉強しておく

これもテンパらないためにも、大切なこと。

僕の民泊スタイルは基本的に交流をすることが目的なんですね。

だから、様々な人と話す。

それには、もちろん僕が旅が好きというのも理由にあるんですけどね。

 

よく聞かれる質問は、

  • この辺りでオススメのレストランは?
  • 最寄りのコンビニはどこ?
  • 食料品はどこで買うことができるか?
  • ○○の観光場所(あなたの物件の近くの)に行きたいけど、どうやって行ったらいい?
  • チェックアウトは何時?

などかな。

 

僕なんかは、できるだけグーグルマップで一緒に全体地図を見ながら説明しているけど、全員を同じように対応できるわけじゃない。

その場合は、PDF に全部まとめてメールで送っていたりする。

 

PDFは1度作ってしまえば簡単で、それにどんどん新しいことを追加していくだけ。

これは、オススメの方法ですね。

 

だから、事前によく聞かれる質問を自分で考えてまとめると、意外と問題なかったりするかな。

 

民泊ビジネスで気をつけること:5 様々な人との交流を楽しむ気持ちを持つ

※台湾からの皆さんと

日本人、または海外の方との交流を楽しむ意識を持てば色々なアイデアが思いついたりします。

これってほんと大切で、好きこそものの上手なれじゃないけどほんと色んなことが出てきます。

 

そして、この民泊ビジネスで仲良くなればその延長でビジネスにも広がったりします。

例えば、実際僕がやっていることでairbnbで仲良くなった中国人と中国輸出入の貿易のビジネスを始めたりなど。

 

観光で、海外に行ったときに民泊ビジネスのお客さんと再開し、その地域の地元民しか知らない場所を案内してもらったりとか。

 

もちろん、僕も全員対応しているわけじゃないし、あまりにも数が多いから疲れてしまうときはあります。

そんな時は、僕は会わないという選択をします。

 

実際初対面の人と会うってことは、意外とエネルギーを使います。

だから、疲れたときは休み、会うときは楽しむという感じで、自分が楽しめる範囲で行うのが長く続く民泊ビジネスになるんじゃないかなって考えている。

 

お金を稼ぎ、使える英語を学べ、日本や世界に友達ができる、民泊ビジネスはやり方さえ間違はなければ、素晴らしい人生経験をあなたにもたらすと思いますよ。

 

実際僕がそうですから。

 

だから、まずは第一歩を踏み出してみてくださいね。

ちなみに、本日おすすめした民泊の大手サイトであるairbnbの登録はここから出来るので、興味がある人は始めてみてくださいね。

www.airbnb.jp/r/kinouchik

 

また、僕のメルマガやラインでは民泊ビジネスも含めた副収入の増やし方の方法を伝えています。

今の収入を+α増やしたい人は是非登録して内容を確認してみてくださいね。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です