民泊するならまずはairbnbに登録することから始めてみよう!

民泊するならまずはairbnbに登録することから始めてみよう!

こんにちは。

木内(きのうち)です。

 

今回のブログは民泊について書いてみようと思います。

僕自身現在は複数のサイトを使って集客をしているのですが、民泊を始めたときはairbnbに登録して始めました。

 

始めは不安だらけで、登録して次の日には予約の問い合わせメールが入っており、非常にびっくりしたのを覚えています。

それが2016年の6月でした。

当然airbnbのサイトの使い方もわからないし、どうすればいいのかさえわからずに、かなり不安な中メッセージに返信しました。

 

それが、僕のairbnbを使った民泊の初めての出来事でした。

 

そこで、今回は今までの経験から民泊とairbnbについて僕の考えをまとめてみました。

是非最後まで読んでみてくださいね。

 

僕が民泊をするときにairbnbを選んだわけ

僕が数ある民泊サイトからairbnbを選んだのは、特に大きな意味はありません。

 

当時の僕は民泊というものを全然知らず、友達から『airbnbっていうのがあるよ。すごく便利だよ』と教えてもらったからなんですね。

それが2015年でした。

 

だから、airbnbを選んだのは『友達から教えてもらったから』というのが正直な理由。

つまり、その時点ではairbnb以外の民泊サイトを全く知りませんでした。

 

そこから月日が流れ、東京に行く機会がありました。

せっかくだからairbnbのサイトを使って民泊してみよう』と思ったのが民泊体験したきっかけでした。

それが、2016年の2月。

 

airbnbのサイトから予約し初めての民泊体験

この初めての民泊体験が僕にとってはすごく楽しかったんですね。

 

僕が選んだのは、板橋(だったと思う)の物件で、ドミトリータイプのお部屋。

そこには、ホストさんとゲストの人(多分イタリア人だったと思う)が宿泊していたんですよね。

 

イタリア人とは少しだけしか話をしなかったんですが、ホストさんとは一緒に御飯を食べに行き、様々な話をしました。

その人の話がすごく魅力的でどんどんはまっていったのを覚えています。

ちなみに、そのホストさんとは今でも連絡をとっています。

 

この経験から、

  • 民泊は普段会えない人に会える
  • 民泊はホストとゲストの距離が近い
  • 民泊はその街に住んでいる生活を体験できる
  • 民泊は儲かる

ということに気が付きました。

 

もちろん、まだこの時は民泊をしようと思っていませんでしたけどね。

 

僕がairbnbのサイトに登録して民泊を初めたわけ

そして、月日が流れました。

2月に初めて民泊を体験してから2ヶ月後の4月。

普通の人はairbnbのサイトを利用する側になると思うんですけど、僕は自分でやってみたいと思うようになったんですね。

 

だから、まずはairbnbのサイトに登録しようと考えました。

そのためには、物件がいりますよね。

そこで、以前お世話になった不動産屋さんにお願いをして物件を探してもらいました。

 

その前後の話は以前のブログにまとめたので、是非読んでみてくださいね。

結構正直な気持ちを書いています。

僕が民泊ビジネスを始めた2つの理由と起業初期において本当に大切なこと!

 

是非この記事を読んで、民泊を始めたいと思ったらairbnbにアカウントを作って始めてみてくださいね。

airbnbのアカウントはこちらから作成できます。

ここから無料でairbnbのアカウントを作成する

 

民泊をしたいと思ったらairbnb以外のサイトもあり!

民泊を始めたときは、aairbnbのサイトしか知らなった僕ですが、その後様々な経験をしていく上で、他にも民泊サイトがあるということを知りました。

ですので、そのサイトをいくつかまとめてみましたので、是非参考に見てくださいね。

 

airbnb以外の民泊サイトとは?

  • STAY JAPAN
  • Booking.com
  • space market
  • agoda
  • HomeAway
  • 自在客
  • 楽天トラベル
  • マイナビトラベル

など複数あります。

(一部民泊サイトというよりはホテルの掲載も多いサイトもありますが)

 

ただ、ここに掲載した物件はごく一部です。

ネットを検索すれば非常に多くの民泊サイトが現れるでしょう。

 

ただ、僕自身も全部を使っているわけではありません。

airbnbとBooking.com、space market、楽天トラベル、マイナビトラベルなどは使っていますね。

 

ですので、あなたもまずはどのサイトでもいいからサイトを触ってみるというところから始めてみてはどうでしょうか。

 

サイトによって使い方が全然違うので、始めは慣れるまで時間がかかると思いますが、慣れると当たり前のようにサイトを触って微調整ができるようになります。

 

是非、試してみてくださいね。

 

民泊とairbnbの現在の関係は?

ただ、そうは言っても日本における法律の影響でairbnbでの民泊は以前よりは厳しいものになっています。

(もちろん、airbnb以外のサイトでも同じです)

それは、2018年の6月15日に日本の民泊の法改正があったらからですね。

 

それによって、airbnbのサイトから一気に掲載物件が消えました。

ほんと一気にです。

確か6月2日とかだったような気がします。

 

個人的には掲載物件の7割ぐらいはカットされたんじゃないかなって感じています。

今現在は少しずつ掲載物件が増えていますが、以前ほど多くはありません。

 

では、なぜ掲載物件が消えたのかというと、民泊の届け出、または許可を取っていない物件だったからですね。

6月15日以前はグレーゾーンの物件(いわゆる届け出や許可を取っていない物件。グレーと言ってもブラックですけどね)でも民泊は黙認されていました。

 

これは、airbnb以外のサイトでも同じです。

逆に言えば、今airbnbに掲載されている物件はすべて届け出や許可を取得している物件ということになります。

 

是非、旅行や出張で地元から離れるときはairbnbを利用して民泊体験をしてみてくださいね。

きっと非日常体験が味わえると思います。

 

最後に

いかがでしたか。

民泊と言っても様々なサイトがあり、決してairbnbだけではありません。

そして、現在どのサイトでも民泊に対する規制は厳しくなっています。

 

ですが、考え方を変えると、宿泊する側は法的に認められた物件に宿泊することができます。

 

また、ホスト側は規制が厳しい分ライバルも激減しています。

だからある意味チャンスです。

どういうチャンスかと言うと、ライバルが少ない分お客さんを集客できるチャンスでもあります。

 

お客さんが来ればお客さん視点での感想をもらい、その指摘された部分を実直に改善していく。

ほんとこのサイクルを回すだけで、どんどん物件が良くなっていきます。

でも、これがそもそも集客できなかったら意味がないですよね。

 

だから、ぜひこの機会に民泊の届け出や許可を取ってairbnbにアカウントを作って物件を掲載してみてください。

※届け出番号や許可番号がなければ、物件を掲載できないので、注意が必要です。

 

きっと世界中からお客さんが来て楽しい時間を過ごすことができると思います。

 

airbnbのアカウントはこちらから作成できるので、是非試してみてくださいね。

ここから無料でairbnbのアカウントを作成する

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

※現在Facebookで友達を募集しています。

是非この記事を読んで興味が湧いた人は友達になりましょう!

ここをクリックしてFBで木内健介と友達になる

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です