【投資初心者へ】投資におけるリスクとその回避方法を実体験から解説!

投資におけるリスクについて解説してみました。僕自身複数の投資をしているので、体験談も掲載しています。また、投資のリスクの軽減させる方法も書いています。これから投資をする人は是非最後まで読んで参考にしてみてくださいね。
現在コロナウィルスの影響で売上が下がってしまった全国のゲストハウスをつなげて、全国規模でクラウドファンディングに取り組んでおり、僕も運営として関わっています。

様々な想いや参加している施設紹介もあるので、ぜひまずは読んでみてください。

全国の宿泊施設を応援できる「みらいの宿泊券」を販売したい


今年こそは給料にプラスαの収入を増やして少しでも余裕ある生活を送りたいと考え、副業として投資を始めようと考えている人もいると思います。

 

そして、その投資が順調にいけば、会社員から独立して副業を本業にしたいと考えている人もいますよね。

もちろん、僕自身も投資を始める前は同じように考えていました。

 

ですが、投資はすべてが上手くいくわけではありません。

投資にはリスクが必ずあります。

 

僕自身、『不動産投資』『太陽光投資』『バイナリーオプション』『仮想通貨』をしていますが、やはり勝ち続けているものもあれば、負けてしまっているものもあります。

 

そこで、今回のブログは投資のリスクについて、僕の実体験も交えながら解説していきたいと思います。

是非最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

 

投資のリスクの定義とは?

では、いつものブログのように定義から解説していきますね。

今回は投資とリスクの定義についてです。

 

投資とは今ある資本を将来の資本のために投じること

辞書で投資の意味を調べると以下の言葉が掲載されていました。

  • 利益を得る目的で、事業や不動産、証券などに資金を投下すること

 

また、僕の考えでは事業や不動産、債権だけでなく自分に投資する自己投資も重要な投資だと考えています。

また、『資金』だけでなくそのために『時間』や『体力』もあなたに資本となったりします。

 

つまり、投資をまとめると『将来の資本のためにあなたが持っている現在の資本を投じること』と定義したいと思います。

では、次はリスクについて解説したいと思います。

 

リスクとは将来悪いことが起こる可能性のこと

リスクとは英語でriskと書きます。

このリスクの意味を日本語の辞書で調べる以下のような説明がありました。

  • 予測どおりにいかない可能性

 

また、このriskの定義を英語で調べると、以下のような説明もありました。

  • a situation involving exposure to danger

この日本語訳の意味は、『危険にさらされている状況』となります。

 

上記2つのことからリスクを定義すると、『予測どおりにいかない可能性がありその結果危険にさらされるかもしれない状況』と定義したいと思います。

 

では、ここから今回の投資のリスクについて解説していきたいと思います。

 

投資のリスクとは?

では、投資にはどのようなリスクがあるのでしょうか。

解説していますので、是非参考にご覧ください。

 

投資のリスクとして資金が減ってしまう可能性がある

Young businessman in business risk and uncertainty concept

やはり、投資のリスクとして考える1番始めは投資した金額を回収できないことでしょう。

 

例えば、不動産投資。

その金額は大きく数千万円から数億という物件もあります。

不動産投資家の多くは金融機関から借り入れをして投資を行っています。

つまり、金融機関への返済があるわけです。

 

具体的な数字を上げて計算してみると、仮に金融機関への返済が毎月30万円だったとします。

ですが、思ったより入居者が入らず毎月の収入が28万円となったらどうでしょう。

毎月何もせずにマイナス2万円の赤字となります。

 

また、バイナリーオプションも同じです。

僕が使用している証券会社は1000円から投資することができるのですが、やはり負けてしまうと投資した金額は0円になってしまいます。

 

つまり、投資してあなたの資本を増やそうとしているのにも関わらず、投資結果次第ではあなたの資本を減らしてしまう可能性があります。

 

これが、投資で1番始めに考えられるリスクになります。

 

不動産投資では金利の変動リスクがある

先程多くの不動産投資家が金融機関からお金を借りて投資をしているとお伝えしたと思います。

金融機関からお金を借りるということは利息が発生します。

では、利息はどのように発生するかというと、借りている金額に対して金利が発生します。

 

仮に以下の条件で金融機関から融資を受けたとします。

  • 融資金額:5000万円
  • 返済期間:20年
  • 金利:1%

 

この条件での毎月の返済金額と総返済額は以下の通りになります。

  • 毎月の返済額:229947円
  • 総返済額:55187192円

 

ですが、なんらかのやり取りの中で金利が上昇したとします。

その金利は1%から2%へ増えたと仮定します。

 

先程と同条件で計算すると、以下のような数値が出ます。

  • 融資金額:5000万円
  • 返済期間:20年
  • 金利:2%
  • 毎月の返済額:252941円
  • 総返済額:60705,899円

 

1%から2%へ金利が上がった場合の毎月の返済額の差額は22994円になります。

また、同じように総返済額は5518707円となり、約550万円以上もの金利を支払わなくてはいけません。

 

ですので、この金利の変更がいつ起こるか、そしてその金利が何%増えるのかはわかりません。

ですが、金融機関からお金を借りて投資をすると金利変動のリスクがあることを覚えておくとよいでしょう。

 

不動産投資では返済期間変更のリスクもある

不動産投資では期間変動のリスクもあります。

先程の例では返済期間が20年だったと思います。

ですが、これが10年になったらどうでしょうか。

 

まずは、20年での返済金額は以下の通りでしたよね。

  • 融資金額:5000万円
  • 返済期間:20年
  • 金利:1%
  • 毎月の返済額:229947円
  • 総返済額:55187192円

 

ですが、10年になったらどうでしょうか。

  • 融資金額:5000万円
  • 返済期間:10年
  • 金利:1%
  • 毎月の返済額:438020円
  • 総返済額:52562418円

 

この場合毎月の返済額が10年の方が20年と比べ208073円高くなります。

毎月約20万円支出アップになります。

 

ただ、返済期間が短くなるので利息を余分に支払う必要がないため、支払う利息は2624774円安くなります。

これは一見リスクが回避されているように思うかもしれませんが、実はあなたの資産状況によっては危険な状態でもあります。

 

毎月20万円の支出が増えた場合、入居者が継続して住んでいてくれる場合はそのままで大丈夫です。

ですが、入居者が退出してしまい収入が減ってしまったらどうでしょうか。

 

いきなり毎月赤字経営が始まりますよね。

 

ですので、十分な預貯金等の資本がある人は返済期間が短くなっても問題ないですが、預貯金等の資産が少ない人は毎月の支払いを下げることがリスクヘッジになります。

 

ですので、返済期間には十分注意することをおすすめします。

 

バイナリーオプション投資のリスクは短期間に何回も取引ができてしまうこと

これはバイナリーオプション投資の特徴とも言えるのですが、超短期のトレードになります。

時間でいうと、最短で30秒、僕がよくする取引でも10分前後とかになります。

個人的には30秒や1分取引はおすすめしていません。

 

なぜなら、短期間にお金を増やすこともできれば、負けるとあっという間に資金を失う可能性があるからです。

そして、当然初心者のうちはどのタイミングで投資をするかなどわからないと思います。

 

実は、何も考えずに投資をするのは非常にリスクが高い行為と言えます。

当たり前ですよね。

世界の超一流の投資家がいるところに、知識武装をせずに出ていくなんて『カモにしてください』と言っているようなもの。

 

経験はどうしても時間がかかります。

ですが、知識はあなたの努力次第でプロの人にも勝つことができるのです。

 

だからこそ、しっかり勉強してあなた自身の勝ちやすいパターンを認識することが大切です。

 

なぜなら、『不動産投資』も『バイナリーオプション投資』も、リスク回避する方法の唯一の方法は圧倒的努力しかないと僕自身は考えているからです。

 

投資のリスク回避の方法は圧倒的努力以外にない

投資には必ずリスクがつきます。

必ずです。

 

よく初心者の人が騙される言葉に以下のような言葉があります。

  • 簡単に勝てる
  • ほったらかしでお金が入ってくる
  • 勝率90%以上(バイナリーオプション)
  • サインツールを使うと儲かる(バイナリーオプション)
  • 家賃保証がある(不動産投資)
  • 他にも購入したいと問い合わせがある(不動産投資)

 

つまり、確実に儲かるとか売買を煽るような言葉には十分注意をして欲しいと思います。

本当に投資初心者の人はコロッと騙されることもあります。

 

投資の世界は甘くありません。

勉強せずに挑戦しても100%資金を失います。

もし結婚をしていなくて、独身のあなただけだったら資金を失うだけで大丈夫でしょう。

また稼げばいい。

 

ですが、家族がいた場合はどうでしょうか。

子供がいた場合はさらに大変な状況になります。

そのことを十分に考えて欲しいと思います。

 

そして、何より投資は自己責任という言葉を理解出来ない人は投資に参加してはいけないです。

絶対に辞めましょう。

 

圧倒的努力で勉強し、経験を積む。

それが唯一の投資におけるリスクヘッジになると僕は考えています。

 

最後に

いかがでしたか。

今回は投資のリスクについて僕の考えを解説してみました。

投資は上手く活用すれば、あなたが会社員として働いてくれている間にお金を生んでくれる夢のようなものです。

 

ですが、勉強せずに投資をすると、あなたの預貯金等を食いつぶしてしまいます。

だからこそ、勉強をする必要があるのです。

ですので、『甘い言葉』には十分注意することをおすすめします。

 

今回のブログをまとめると、

  • 投資資金が減る可能性がある
  • 金利の上昇は不動産投資にとってリスク
  • 返済期間を短くすることは不動産投資にとってリスク
  • バイナリーオプションでは勉強せず短期間の売買を繰り返すと一気に資金を失う
  • 最大の投資のリスク回避はあなた自身を成長させること以外にない
  • 甘い言葉には十分注意が必要

という内容です。

 

ちなみに、この記事を読んで『やっぱ投資はいいかな・・・』と思った人にはこちらの記事がおすすめです。

こちらは在宅でPCを使った副業を紹介している記事になります。

副業の探し方を紹介!在宅でパソコンを使った仕事を探している人必見!

副業の探し方を紹介!在宅でパソコンを使った仕事を探している人必見!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です