独立・起業

自分で商売を継続できているだけですごいし自信を持ってほしいです

自分で商売を継続できているだけですごいし自信を持ってほしいです

自分で商売をすると決断し行動に移すだけでもすごいですし、さらにそれを継続できているということは本当に素晴らしいことだと考えています。

もちろん、商売の規模の大小はあると思いますが、それはその人の目標が違っているという理由もあると思っています。

 

例えば、会社を大きく全国・世界相手に商売をしたい人と、お客さんは地元の人で地域で生きるという選択をしている人もいるでしょう。

 

だから、単純に事業の規模だけでその人の価値なんて決まるわけではないですし、そんなことで人を判断する必要もないと考えています。

ただ、僕の場合は事業を継続して大きく発展させたいという夢もあるので、年齢問わず1から自分で創業し規模を拡大した人はすごいなと考えています。

 

僕は以前住宅や不動産の営業マンとして働いていました。

ほぼフルコミッションのお仕事で、契約をいただくとお給料はたくさんいただけますが契約がなければほぼお給料がないという世界。

僕はそこでかなり売っていた方でした。

 

だから、自分でやればもっと収入があがるという考えもありました。(もちろんそれだけじゃないですけどね)

でも、独立して自分で商売を始めて思ったことは、『どれだけ会社の看板に助けられていたのか』ということでした。

それぐらい利益は出ず一気に生活も困難になりました。

考え方も甘かったし、能力も低かったし、まったく『自分で商売する』という難しさを実感しました。

 

ほんと破産するって常に考えていました。

 

だから、その商売をその規模問わず継続できているという人はそれだけで本当に尊敬できます。

 

ちなみに、個人事業主・法人の生存率にはこういうデータもあります。

個人事業主は以下の通り。

  • 1年での37.7%が廃業
  • 3年で62.4%が廃業
  • 5年で74.4%が廃業
  • 10年で88.4%が廃業

法人では以下の通りとのこと。

  • 1年で約3%が倒産
  • 5年後で約18%が倒産
  • 10年後で約30%が倒産

僕は今年で6年目の個人事業主。

本当は2020年に法人化をする予定だったのですが、売上が激減したため税理士の先生に相談しそのまま個人事業主として活動することになりました。

なかなか人生は思い通りに上手くいきませんね。

それも含めて楽しめる人が幸せな人なのかなって思います。

 

僕は、人間死ぬ時は思い出しか持って死ねないと考えているので、このように振り幅がある人生は結構楽しめる人です。

『また面白い思い出ができた!』という感じですね。

もちろん、困ったことが起こったその瞬間は『マジですが・・・』という感じですが、それでも時間が経過するとともに良い思い出と感じたりします。

 

ほんとお互い楽しい人生を歩みたいですね。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。