潜在ニーズを満たすより困ったことを解決する方が早くお金が稼げます!

潜在ニーズを満たすより困ったことを解決する方が早くお金が稼げます!

僕は潜在ニーズを満たすことよりも、目の前の困ったことを解決するほうが早くお金を稼ぐことができると考えています。

 

もちろん、その稼げる金額の大小はありますが、その2つを比較するとスピードは圧倒的に早いかなと。

最近そのことを感じる出来事があったので、今回のブログはその体験談を書いてみようと思います。

 

ぜひ、早くお金を稼ぎたいと考えている人は、最後まで読んでみてくださいね。

 

多くの人は目の前の困っている人に気づいていない

例えば、砂漠で水を飲みたいという人がいたとします。

 

そして、その人は喉がカラカラですぐにでもほしい。

その場合、ペットボトルのお水に1000円払ってでも飲みたいと考えていると思います。

なぜなら、あなたの行動が、その人の『水が飲みたくて困っている』という状態を解決するからですよね。

 

だから、普段よりも多くのお金を払ってでもその問題を解決したいと考え行動したりします。

このようなことは、知識として持っている人は多いですよね。

考えてみると当たり前のこと。

 

でも、その考えを実践できているかというと別の話なんですね。

 

では、なぜこういうブログを書こうかと思ったのかというと、あるゲストさんの提案がきっかけでした。

僕は徳島県の鳴門市という場所で『うずしおゲストハウス』という宿泊施設を経営しています。

 

そこに先日貸し切りでご宿泊いただいたゲストさんからご提案を受けたんですね。

このゲストさん達です。

ビジネスの考え方を教えていただきました

それは、『貸し切りですごく楽しいが、片付けを考えるとすごく憂鬱。お金を払うから片付けをするサービスとかしたらどう?』と。

 

僕はこの点が盲点で、正直はじめは『そんなにんお金を払う人がいるのかな』ってご提案を受けたときに思ったんですよね。

でも、そこにいた全員が『お金を払って片付けしてくれるんだったらお金払いたい』って僕に伝えてくれました。

 

この考え方に僕は衝撃を受けたんですね。

何で今まで気づかなかったんだろう』って。

 

通常は、使った食器、汚したものなど元の状態に片付けしてもらうようにゲストさんにお願いしています。

 

でも、楽しい雰囲気や時間の後、待っている片付けの憂鬱な時間。

酔った状態ではなかなか思考が回らなかったりしますよね。

しかも、自宅ではなく知らない場所であればなおさらです。

 

だから、みんなお金でその憂鬱な時間を解決したいのかなと。

 

観察力や想像力の欠如が困っている気づかなくさせている

1人旅同士のゲストさん達と

例えば、誰でも1度は経験があるBBQを想像してみるとわかりやすいかもしれません。

みんなでワイワイ楽しく遊んでいたとしたら、その後片付けがかなり憂鬱ですよね。

 

みんなさっきまで笑顔で楽しんでいたかと思うと、片付け中は真剣に掃除をしている。

そんな中遊んでいる人を見ると、嫌悪感を感じてしまったり。

 

または、炭をどのように片付けたらいいかとか、ゴミを捨てれない場合は持って帰らなくてはいけなかったり。

せっかくの楽しい気分が一気に憂鬱な時間に変わってしまいます。

 

楽しんだ後の片付けって憂鬱なのに、僕自身も経験していることなのに、この『片付けサービス』という視点が全く抜けていました。

 

もっと端的に言うと困っている人何に困っているのか。または、今の現状から将来どういうことに困るのか』という想像力の欠如が原因で気づきませんでした。

 

実際、そのゲストさん達に金額を提示すると、『その金額でOKなので片付けてほしい』とのこと。

臨時収入を得ることができました。

 

以上の経験から、あらためて『早くお金を稼ぐには目の前の困っている人の悩みを解決すること』が大切だと感じましたね。

 

自分の強みを作るためにも潜在ニーズに応えるビジネスも必要

団体さんでご利用いただきました

でも、これだけでは大きなお金を稼ぐことは難しいかとも考えたりします。

もちろん、どれだけの金額が欲しいかはその人次第ですが。

 

やはり、その人が抱えている潜在ニーズに応えるビジネスを構築する方が、そのビジネスオリジナルの強みになるのかなと。

 

なぜなら、こういう困っていること=誰でもできる解決できることなので、そこまで単価は高くないからですね。

つまり、数をこなさないと多くの収入を得ることが難しかったりします。

掃除なんて僕以外の誰でもできるからですね。

 

例えば、『あそこはお金を払うと掃除をしなくていいから泊まりに行きたい』となるでしょうか。

それ最高だよね!絶対に泊まりたい!』とならないですよね。

 

だから、目の前の人の困りごとを解決しつつも、その人達が持っている潜在ニーズを満たすことも必要だと考えています。

そして、そのサービスに気づき誰よりも早く実現すると、オリジナルの強みになるのかなと。

※後から他社に真似されると思いますが。

 

そのためには、やはりお客さんを観察し会話し想像することが必須。

もちろん、周辺のライバルチェックも重要ですし、感情で判断するのではなく数字に基づいた判断も必要かなと。

 

ですので、この

  • 目の前の困っている人の解決
  • 潜在ニーズに応える行動

の2つを伸ばしていく方が、安定してビジネスを伸ばしていくためには重要なのかなと考えていたりします。

 

最後に

最近自転車で四国一周をする人が増えています!フランスからのゲストさん達

今回のゲストさんからの提案は、『頭でわかっていることと実際出来ていることは全然違う』いうことを僕に強く認識させる出来事でした。

 

誰でも喉が乾いていたら水が欲しい。

少し高くても水が欲しい。

 

でも、僕はその状況が目の前にあるのに、観察力や想像力の欠如で気づかなかった。

 

ですので、もしあなたが商売をしているのであれば、1度この『当たり前のことが出来ているのか』という視点で物事を見ると、新しいビジネスチャンスになるかもしれません。

 

そのためには、今ある考え方を一度白紙に戻し、お客さん視点で想像することをおすすめします。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です