コロナ対策!日本政策金融公庫から融資が振り込まれました

コロナ対策!日本政策金融公庫から融資が振り込まれました

こんにちは。

木内(きのうち)です。

 

本日日本政策金融公庫に申請していた融資が振り込まれました。

4月の上旬に申請して5月10日にお振込みなので、約1ヶ月。

 

でも、GWがあったので、実際は3週間ぐらいでのお振込みとなりました。

これで宿泊業を継続し続けることができます。

 

日本政府には融資を通りやすくしてくださり感謝してもしきれないですね。

本当にありがたいです。

 

そして、今回のコロナウィルスのように外的要因によって収益が一気に落ちたので、僕の考えも大きく変わりました。

 

以前のブログでも書きましたが、僕は今までは利益が出るとすぐにビジネスのための再投資をしており、手元にまとまったお金を置いていませんでした。

 

最近では海を使ったビジネスを展開しようと考えており、船を購入したばかりでした。

では、どうしてこのようにまとまったお金を手元におかずにどんどん投資していたのか。

 

理由は簡単で、ずっと利益が上がっていっていたからですね。

 

僕は基本的に真面目にコツコツ仕事をするのが好きです。

だから、コツコツお客さんのために『こういうのがあったあ喜んでくれるかな』とか『こういう商品があればどうだろう』『こういうマーケティングで攻略してみようか』など考え実践し続けました。

 

自分が考えたことがぴったりとハマればすごく楽しかったんです。

 

もちろん、始めからこの考えになったのではなく、以前は一発逆転みたいな考えもしていました。

でも、気づいたんですね。

僕の性格にはあっていないと。

 

だから、お客さんが喜んでくれること+利益が出るものに優先的にお金を使っていました。

でも、、、、です。

 

僕の考えが圧倒的に甘かったんですね。

あまあまです。

こんなに一気に世の中の状況が変わることがあるなんて思ってもみませんでした。

 

宿泊業がダメだったとしても、半年分ぐらいは生活できるキャッシュを残していましたが、それでは不十分ということが痛いぐらいよくわかりました。

 

だから、今回融資を受けたお金は基本的に宿泊業を再開するための運転資金として使いますが、世の中の流れが変わるまではずっと銀行に置いておこうと思います。

 

だから、そのお金は手をつけず、ほとんど初期投資をかけないでできるビジネスを始めていきたいと思います。

リスクヘッジになればいいかなと。

 

ちなみに、コロナウィルスのピークはあるデータによると3月がピークだったというデータも出ていますね。

 

だからといって、世の中はまだまだコロナの影響が大きくすぐにお客さんは戻らないと思いますし、コロナ前と比較して宿泊の運営形態まで変わるかもしれません。

例えば、1棟貸し切りが流行りだすとか。

 

まずは、融資で生き残る。

これは達成。

次は、時流が戻るまでの間、今回の融資のお金を減らさないためにも新しいビジネスで収益を上げる。

これは今取り組み中なので、こちらも宿泊業が暇な間にビジネスとしてきっちり構築したいですね。

 

僕の甘い考えのせいで今回このような自体になりましたが、別の方向から考えると良い経験をすることができました。

最近は利益が順調に上がっていたため、手元のお金のありがたさが薄れていました。

 

よいリマインドになりました。

 

個人の借金も1億まで戻ってしまいましたが、それでも僕は順調に返せると考えていますし、今まで1度も遅れたことがありません。

 

あとは得意のコツコツがんばるだけ。

世の中に恩返しができるようにさっさと復活したいと思います。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です