マーク・ザッカーバーグ氏のスピーチが素晴らしいのでシェアします!

マーク・ザッカーバーグ氏のスピーチが素晴らしいのでシェアします!
現在コロナウィルスの影響で売上が下がってしまった全国のゲストハウスをつなげて、全国規模でクラウドファンディングに取り組んでおり、僕も運営として関わっています。

様々な想いや参加している施設紹介もあるので、ぜひまずは読んでみてください。

全国の宿泊施設を応援できる「みらいの宿泊券」を販売したい


こんにちは。

木内(きのうち)です。

 

今日はビジネス系のブログというよりは、最近見たFacebook創業者であるマーク・ザッカーバーグ氏の動画を紹介したいと思います。

 

2017年にスピーチをしたとのことですが、僕はつい最近まで知りませんでした。

場所は、あのハーバード大学。

その卒業式でのスピーチです。

 

実際の動画はこちらです。


約30分ぐらいある動画なのですが、とても素晴らしいことをおっしゃってます。

ただ、『30分も動画を見る時間がない』という人も多いと思います。

だから、簡単に要点だけまとめてみましたので、時間がない人は文章で読んでみてくださいね。

 

マーク・ザッカーバーグ氏のハーバード大学の卒業スピーチ

  • 『自分の人生の目的を見つけるだけでは、人生は不十分である』
  • 僕たちの世代の課題は『誰もが目的意識を持っている世界を創り出すことが重要』とのこと
  • 目的は本当の『幸福感』をつくる

 

マーク・ザッカーバーグ氏は常に社会が進歩するためにはということについて話をしています。

 

そして、そのためには『社会を前に進め続けるための僕らの世代の課題は「新しい仕事だけでなく新しい目的意識を作り出す」ことこそが重要と力説されています。

 

マーク・ザッカーバーグ氏の望みは大きな会社を作ることではなく社会にインパクトを与えること

また、マーク・ザッカーバーグ氏はスピーチでこのように述べています。

My hope was never to build a company I wanted to have an impact.

会社を設立することが望みではなく、(社会に)インパクトを与えることが望みとのことでした。

 

つまり、社会にインパクトを与えるという夢を実行していった結果、会社が自然と大きくなっていったと捉えることができます。

 

誰もが目的意識を持つ世界を作るための3つの方法

マーク・ザッカーバーグ氏は『誰もが目的意識を持つための方法は3つある』とスピーチで話されています。

その3つの方法とは以下の通りです。

  • 大きくて意味のあるプロジェクトに一緒に取り組むこと
  • 平等を再定義し、誰もが目的を追う自由を持てるようにすること
  • 世界規模のコミュニティを創り出すこと

 

大きくて意味のあるプロジェクトに一緒に取り組むこと

マーク・ザッカーバーグ氏は『あなたはダムの作り方なんて知らない。何百人も巻き込む方法なんて知らないと思っているでしょ。』と話を始めました。

 

そして、このように続けます。

『誰も始めたときは知らない(no one does when they bigin)』と。

 

『アイデアは完成形でやってくることはない。取り組んでいるうちにクリアになっていく。だからとにかくまずは始めましょう』とも話されてます。

 

ただし、

  • 大きな目標に向かっている全ての人はクレイジーに思われる
  • あなたがやっていることは理解できないと責められる
  • 先陣を切る人は『急ぎすぎた』と避難される

ということがあるとのことです。

 

そして、社会でミスを恐れるあまり結局大きなことに取り組まない。

だからと言って、それが『辞める理由』にはならないとも話されています。

 

そして、この項目の最後に『大きなことに取り組みましょう。「進歩」を実現するだけでなく多くの人の「目的」を創り出すためにも』と締めくくっています。

 

平等を再定義し、誰もが目的を追う自由を持てるようにすること

  • 偉大な成功は『失敗する自由』があることで生まれる
  • だが現在は富の格差がある

 

続きは今度書きます。

ぜひ、最後まで動画を見てくださいね。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です