『困難や制限がある方が人生は面白い!』ゲームから学んだ人生哲学です

『困難や制限がある方が人生は面白い!』ゲームから学んだ人生哲学です

ビジネスででも人生でも世の中は思い通りになることは少ないですよね。

 

『もっと◯◯があったら・・・』とか『もしあのときこういう決断をくだしていれば・・・』という経験を今まで散々してきたことがある人は多いと思います。

 

というかほとんどそういう人なのかなと。

 

でも、ここで大きく分かれますよね。

それは、『その困難に立ち向かっていく人』と『その困難のためにやる気を無くしてしまう人』というように。

 

僕自身は『制限や困難があるから人生は楽しめる』というように考えています。

特に、独立・起業して2年ぐらい経ってからは強くそう思っています。

 

こんなことを書くと『何も不満はないんじゃないの?』と思うかもしれませんが、そんなことありません。

 

例えば、僕が経営しているゲストハウス。

  • 立地悪い
  • 設備が古い
  • 冬は寒くて夏は暑い

など、様々な不満があります。

 

ですが、こんな不満に焦点を当てて考えていたって仕方ないと思っているんですね。

 

それよりも、『どうやったらこの悪い条件でもビジネスとして上手くいくのだろう』って考えるのがすごく楽しくて。

そして、当然その考えを実行し結果が出るのはもっと楽しくて。

 

もちろん、お金を稼ぐという視点で考えると自ら少し遠回りしているかもしれません。

 

『さっさとその場所でゲストハウスをするのを辞めてしまって別の場所で始めてもいいのでは?』とか『そもそも宿泊業は収益性が最も低いビジネスだから参入するのがおかしい』という意見もあると思います。

 

そして、それに対する反論は一切なく『そのとおり!』と思ったりします。

 

だって、もっと立地や設備が良い場所を借りてゲストハウスをすれば良いと思うし、そもそも宿泊業ではなく他の業種の方が稼げる可能性もありますよね。

 

ただ、強いていえばその困難や制限がある中で勝ち登っていく過程がすごく楽しめたりするんですよね、僕。

 

ここで少しゲームを例に出して僕がどうしてこんな風に考えているのか説明したいと思います。

 

わかる人にはわかると思いますが、『信長の野望』ってゲーム知ってますか。

僕はそのゲームが大好きなんですよね。

 

知らない人のために書いておくと『信長の野望』とはあなた自身で選んだ大名で天下統一をしていくゲームなんですね。

 

多くの人は強い大名(織田信長や武田信玄等)を選びで戦うのかもしれませんが、僕の場合はめちゃくちゃ弱い大名を選びさらに上級を選んでプレイします。

 

他の大名と比較するとめちゃくちゃ厳しい条件なのですが、今ある手持ちのお金と兵糧、武将をどのように有効に利用すれば、より目的である天下統一を果たせるのか。

 

その考えたアイデアを実践し結果が出て少しずつ成長する過程がほんと楽しんですね。

 

また、『信長の野望』がわからない人のために『ドラクエ』に例えてみますね。

 

『ドラクエ』のストーリーはもちろんですが、なんといってもレベルが高くなって段々成長していく過程が楽しいと思うんですよね。

 

もしこれが始めからレベル99で武器等が最強でお金も減らない設定だったらどうでしょう。

何も楽しくないと思うんですよね。

なぜなら、制限や困難がないからですね。

 

事実、僕は『ドラクエ』とよく似ている『ファイナルファンタジー(以下FF)』を小学生のときにやっており、そのような経験をしました。

 

それはFF3のゲームでの出来事です。

 

そのゲームは僕にとって本当に楽しくて、ずっとプレイしていた記憶があります。

ですが、あるとき裏技を教えてもらったんですね。

それは、始めからオニオンシリーズを装備できるというもの。

 

オニオンシリーズとは、

  • オニオンソード
  • オニオンシールド
  • オニオンヘルム
  • オニオンアーマー
  • オニオンレット

などの、装備でたまねぎ剣士(FF3の職業の名前)のみ装備できるFF3内の中で最強の武器等なんですね。

 

では、どのように集めるかというと、ポーションを99個用意して・・・と続くのですが、これで僕はたしか全てのオニオンシリーズを用意したんですね。

 

すると、どんな敵でもすぐに倒せちゃうんですね。

でもですね・・・。

始めは面白がってしていましたが、途中であきて辞めてしまいました。

理由は強すぎて面白くないからです。

 

つまり、『始めから強かったら楽しくない』ということを僕は小学生の時にゲームを通して学んでいたんですね。

 

そして、これは人生にも当てはまると考えています。

 

困難や制限があり、それを克服する過程が僕の人生にとってはすごく楽しいということを。

 

もちろん、独立・起業して2年間は苦しい時代で何回も『こんなはずではなかった』と後悔しました。

でも、少しずつ自分の考え行動を変え、成長のスピードは遅いかもしれないけど、確実に成長している。

 

その当時は辛かったですが、今振り返って考えるとよい思い出だったと思います。

 

そして、このような困難があったからこそ、独立・起業して上手くいかずサラリーマンに戻っていく人の気持ちは、いたいほどよくわかります。

 

だから、『あの人は失敗した』なんて馬鹿にすることはありません。

事実、僕と同時期に始めた人は何人もサラリーマンに戻られましたし、僕もプロドラマーになるという夢を持って挑戦し失敗した人間なので。

 

では、もう失敗しないのかというと、そんなことはありません。

『うぁー失敗した!』と思うことは今もいっぱいあります。

なぜなら、より上を目指す過程で知らいないことに挑戦するからですね。

 

最近でいうと、ビジネス拡大のために船を購入したのですが、それが・・・。

またきちんとブログで報告したいと思います。

 

この失敗も振り返って考えると『コンテンツ』になり人生のストーリーになると思うんですよね。

だからこそ、困難がある程度なくては人生に面白みがないと僕は考えています。

 

始めの話に戻りますが、

  • 『その困難に立ち向かっていく人』
  • 『その困難のためにやる気を無くしてしまう人』

のどちらがいいかというと、どちらでもいいと僕は考えています。

 

なぜなら、人それぞれだし僕がどうこう言ったところでその人にとっては関係ないからですね。

 

ただ、僕の人生経験から伝えると、『困難や制限がありそれを乗り越えていく過程は面白いですよ』ということなんですね。

 

困難や制限はあなたが成長するチャンスです。

ぜひ、たまには目の前の困難や制限から逃げずに立ち向かってみてくださいね。

新しい価値観が手に入るかも・・・です。

 

今回最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です