【実体験】あなたの疑問を解決!本の効果的な選び方や読み方を紹介!

【実体験】あなたの疑問を解決!本の効果的な選び方や読み方を紹介!

ビジネスで成功した人を筆頭に、多くの人が『読書は最も効果の高い自己投資である』と言っています。

もちろん、僕自身も読書で人生が良い方向へ変わったと考えている1人です。

 

ですが、今振り返って考えると『もっと効果的な本の読み方があったのでは!?』と考えたりしています。

 

そこで、今回のブログは、過去の本の読み方と現在の読み方を比較しながら、僕が考えるもっと効率の良い本の選び方や読み方をお伝えしたいと思います。

 

ぜひ、

  • これから読書を始めようと考えている人
  • 本を読んでもいまいち効果を実感できない人

はこの方法を試してみてくださいね。

 

現在僕が考える効果的な本の選び方や読み方とは?

結論からお伝えしますと、以下の3つの方法を組み合わせると効果的と考えています。

  • 疑問点を解決するための本を選ぶ
  • 疑問点を解決しないところは流し読み程度でOK
  • 学んだことを実践しアウトプットする

という3つです。

 

では、 今からどうしてこの『本の選び方や読み方』が良いと考えるようになったのか解説していくのですが、その前に本の効果的な選び方や読み方の定義についてまずは解説しますね。

 

なぜなら、この定義が不明確であれば、このブログを最後までこのブログを読んでも効果が薄かったり、誤解してとらえてしまうのを防ぐためですね。

 

僕が解説する本の効果的な選び方や読み方とはビジネスで役立つための方法

まず、大前提として僕が今回紹介する方法はビジネスで役立つということを前提としています。

つまり、小説等には当てはめても意味がないと考えています。

 

僕もよく小説を読んだりしますが、今回紹介する方法では本を読みません。

ですので、あなたのビジネスに役立つ本の選び方や読み方と捉えて頂ければと思います。

 

では、早速僕の考えを解説していきますね。

 

本の選び方は『現在の疑問点を解決するため』という意識を持って選ぶ

ビジネスで結果を求めるなら、すぐにでも現在抱えている疑問や悩みを解決したいですよね。

それを、時間をかけて行動していては結果を出すどころか失敗してしまでしょう。

 

だからこそ、ビジネスに役立つ本の選び方とは『現在の疑問を解決するために選ぶ』ということを意識することをおすすめします。

 

僕がよくやっていて『無駄だったな』というかあまり効果がないなと思う本の選び方は『面白そうな本だからとりあえず読んでみる』という考え方です。

 

これはね、すぐビジネスで結果を出したい人からすると時間の無駄だと思います。

まず、『面白そうな本』という表現ですが、これは正直タイトルにつられているだけです。

 

そうです、本の編集者の人達は天才的にタイトルを付けるのが上手いんですね。

 

だから、『面白そう!』とか『役に立つかも!』と考え選び読んでみましたが、その時は『読んで良かった』となるのですが、今その内容を覚えているかというと、、、全然覚えていません。

 

その理由はあとで説明しています。

 

だから、本のタイトルにつられるのではなく、あなたの現在抱えている疑問や悩みを解決してくれる本のみ選んで購入することをおすすめします。

 

では、どのようにあなたの疑問を解決するための本を見つけるかというと、以下の方法が大切です。

それは、常日頃から『なぜなんだろう』という疑問を持つことです。

 

何気なく生活を送ることはできますが、

  • どうしてこのように行動するのか
  • 売れるのはどうしてか
  • どうやって利益が生まれているのか

など、常に日頃から脳を使って考えることが重要です。

 

その結果、ビジネスで解決したい疑問や悩みが明確になるため、すぐに有益な本を選ぶことができるようになります。

 

本の読み方は『疑問点を解決しないところは流し読み程度でOK

本はよく『購入したら始めから終わりまできっちり読む』という人は多いと思います。

僕もこの読み方をしていましたが、まずは、『疑問を解決するための部分を読む』ことをおすすめします。

その他の部分は時間があれば流し読み程度でいいのかなと。

 

これで、あなたのビジネスがぐっとやりやすくなるでしょう。

つまり、『選択と集中』です。

 

これは、20世紀を代表する経営の神様であるピーター・ドラッカーさんの考え方です。

そして、この考え方を実践したのが、20世紀を代表する経営者であるジャック・ウェルチさんなんですね。

 

そして、この選択と集中は僕も非常に重要だと考えています。

 

もし、あなたに時間がたっぷりあるなら問題ないでしょう。

でも、時間がない中で結果を出さなければいけない。

その場合、すべてのことに時間をかけていれば、どうしても中途半端な結果しか出ません。

 

だからこそ、『どの部分を選択し集中して読むのか』ということは非常に重要なのかなと考えています。

現在のビジネスの課題の解決を優先し、あなたの仕事に役立てて欲しいと思います。

 

ただ、そうは言っても、これだけでは1〜100あるうちの10程度。

本当に大切なのは今から紹介する項目です。

 

学んだことを実践しさらにアウトプットする

行動を継続することの難しさ

まず、本当に多くの人が『本を読んで良かった!』となりそれで終わります。

そうなんです。

読むだけで満足なんですね。

もちろん、この『本当に多くの人』というのに僕も含まれます。

 

でも、本を読んでマインドだけが高まっても意味がないんですね。

 

このブログでよく書いていますが、ビジネスで結果を出すためには、

  • 正しい方法で
  • 圧倒的努力を
  • 継続する

ということが重要であり、逆に言うとこの方法のうちどれを省いても結果は出ません。

 

そして、本を読むということは、この『正しい方法』を手に入れた『だけ』なんですね。

 

つまり、その後の行動である『圧倒的努力をしていない』または、『その努力を継続していない』人が本当に多い、僕も含めて。

 

正しいやり方を学んだからといって、すぐに結果を求めてしまう。

この気持ちはわかります。

でも、多くの人はここまで。

 

そして、より強い気持ちでビジネスで結果を出したいと考えている人は、その方法を実際に試してみる。

この時点で、1000人のうち100人ぐらいに絞られると思います。

 

ですが、初めてのことに挑戦すると当然失敗する。

正しい方法がわかっていてもです。

 

例えば、水泳の泳ぎ方を頭で理解したとしても、水の中ですぐに泳げるかというと別の話ですよね。

 

でも、多くの人が数回チャレンジしただけでやめて努力をやめてしまう。

せっかく挑戦したのにもったいないですね。

 

つまり、本から得た内容を実生活にまで落とし込み、継続を続けることができる人は、1000人いたら10人未満ぐらいだと僕は考えています。

そもそもここまでできる人がいないんですね。

 

そして、さらにおすすめの方法があります。

 

それは、その本から得た

  • 内容や気付き
  • 参考になったこと
  • 実践した結果

などをブログやSNSでアップするということです。

 

アウトプットは記憶力の定着に役立つ

この方法に気づいてからは、定期的に僕はこのブログで気づいたことを書いていたりします。

 

例えばこの記事とかそうですね。

マーケティングの本が面白い!『どう戦うか』の前に『どこで戦うか』

初心者用!マーケティングの基本的な考え方がわかったのでシェアします!

マーケティング初心者向け!戦略と戦術の違いとどちら大切か解説!

 

このあたりは最近読んでいる本の内容になります。

 

そして、このようにアウトプットするメリットは2つあると考えています。

1つは記憶の定着に役立つということです。

そして、もう1つは読んでくれた人の役に立つかもしれないということです。

 

特に、この2つは重要と僕は考えています。

 

まず、アウトプットは非常に重要なんですね。

行動もアウトプットの1つですし、文字に起こして考えを整理するというのもアウトプットです。

 

読んでも満足しても記憶に定着していないという人の多くは、インプットのみでアウトプットをしていない人が多いですね。

 

ですが、アウトプットをするようになると、記憶の定着率は変わってきます。

そして、その行動の結果、あなたの成長のスピードは早くなると考えています。

 

そして、Giveをして人の役に立つということも重要。

僕はビジネスを考える上で、『Give&Take』ではなく『Give Give Give・・・ 』が重要と考えています。

 

例えば、2年前ぐらいの記事ですが、そのことについて書いた記事があります。

GIVE(ギブ)することの大切さに気がつくと成功しやすくなる!

 

今ちょっと読み返したのですがこの今とは全然違う文章で恥ずかしいですね。

ほんと恥ずかしい。

またリライトしておこうかな。

 

簡潔に言うと、Giveを続けることによってビジネスが上手くいくことはもちろん、人生もよくなる可能性があるということなんですね。

 

アウトプットするのが苦手という人はターゲットを初心者にしてみる

ただ、『私の記事なんて誰も読まないよ』とか『もっとすごい人がいるよ』と考える気持ちもわかります。

ですが、それはそれはターゲットをあなたより上の人と考えているからです。

 

例えば、その本を選び購入しようか迷っている人からするとどうでしょうか。

あなたのアウトプットが役に立ちますよね。

 

この僕のブログもそうです。

 

この記事はこれから本を読んでみようとしている人に向けて書いています。

 

だから、本の選び方や読み方、さらに言うと、効果的な覚え方を僕のノウハウを書いていますが、すでに知っている人、または本を書いている人からすると、そもそも読まないでしょう。

 

でも、そんなことを考えていたらアウトプットなんてできないですよね。

 

ですので、いい意味であなたよりできる人は無視して、あなたより初心者の人に価値を届けることを意識してアウトプットすることをおすすめします。

 

最後に

今回はビジネス書などに特化した本を選び方や読み方について僕の考えを解説してみました。

まとめると、

  • ビジネス本の選び方は現在抱えている悩みや疑問を解決できる本を選ぶこと
  • 解決したい内容を意識して読みそれ以外は流し読み程度でもOK
  • 学んだことを実践し継続する人の割合は全体の1%程度
  • アウトプットすることで人にGiveすることができる

というものです。

 

今回はビジネス本に特化した本の選び方や読み方について解説しましたが、僕が小説を読むときは違います。

面白そう!』と思った本を選んだり、1ページ1ページの情景を考えながら時間をかけて読むこともあります。

 

ですので、その本を読む目的は何なのかということを意識することをおすすめします。

 

ビジネスでも小説でも本はあなたの人生を変えるぐらい大きな力を持っていると僕は考えています。

ぜひ、今回のブログを参考にし、ビジネスの悩みや疑問を解決するための本を選びぜひ読んでみてくださいね。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です