ビジネスではお客さんの行動動線を考えストレスなく導く努力をした人が強い

ビジネスではお客さんの行動動線を考えストレスなく導く努力をした人が強い

こんにちは。

最近は毎日家にいるので、『普通の生活に戻ったな』と思いつつ過ごしている木内(きのうち)です。

コロナウィルスの影響を受ける前は、1ヶ月に数回しか家に滞在していなかったので。

 

さて、今日のブログはお客さんの行動導線を考えて行動することはマーケターにとって必須というお話をしようと思います。

もちろん、僕よりも優秀なマーケターの人は世の中にたくさんいるので、ノウハウを知りたい人はその人たちの本を読むことをおすすめします。

 

では、僕は何を伝えるかというと、最近の僕の失敗体験というか機会損失した話です。

 

このブログを読んでくれている人は知っているかもしれませんが、最近NHKの取材を受けてその様子がTVで放送されました。

放送内容は、僕が経営している『うずしおゲストハウス』の予約がコロナウィルスの影響で激減し売上が壊滅状態なので、その補填をするために全国の宿泊施設と提携してクラウドファンディングを始めた話です。

 

その様子がTVで放送されると多くの人はどうい行動すると思いますか。

僕はてっきりクラウドファンディングのサイト『キャンプファイヤー』を訪問し、アクセスが増えご支援が増えると考えていました。

 

これは、正直僕の考えがすごく甘く、結果的にはかなり機会損失をしました。

では、実際のお客さんの行動はどうだったのでしょうか。

少し考えてみてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・

・・・・・

・・・・

・・・

・・・

・・

どうですか。

思いつきましたか。

答えは『うずしおゲストハウスのホームページを見る』という行動でした。

この考えればわかるようなことをTVで放送される=アクセスが集まると僕は浮かれてしまいその対策を全くしていませんでした。

 

こちらはうずしおゲストハウスのへの実際の訪問数です。

実践は今週。

点線は先週の数字になります。

放送が4月2日と4月3日だったので、この日だけ異常に数値が上がっていると思います。

つまり、TVで放送される=まずはサイトをチェックするというのが多くの人の行動だったわけです。

 

でも、僕はこの対策をしていませんでした。

つまり、わざわざ検索しアクセスしてくれた人に対して具体的な行動導線を導くことをしていませんでした。

これはマーケターとしては致命的な失敗であり、自分の考えの甘さを感じた瞬間でした。

 

Web関係の仕事をした経験がある人は知っていることですが、次の具体的な行動を示していないサイトでは人は離脱します。

離脱とは、その訪問したサイトのページを閉じることを意味します。

 

歴史に、タラレバはありませんが、もし、僕がTVを実際見て訪問してくれた人に対して、具体的な行動導線を導いていれば・・・。

 

もっとキャンプファイヤーの僕たちのページへのアクセスが集まっていたかもしれませんし、その結果ご支援が増えていたかもしれません。

 

こんな単純な行動も予測できないなんて・・・と後悔しましたが、過ぎ去ったことを嘆いても仕方ありません。

次の機会に活かせるように、より自分の行動は誰にどういう影響を与えているのか。

そして、その結果、その人達はどういう行動を取るのか。

どういう言葉やイラスト等を使えば、よりストレスなく移動してくれるのか。

 

多くを考えるきっかけとなりました。

ですので、このブログを読んでいるあなたもぜひあなたの行動は人々にどういう影響を与えているのか。

そして、その人がより喜んでくれるようにするには、事前に何が必要なのか考えることをおすすめします。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です