留学を通して学んだ『無駄なことでもやりきると自信になる』という話!

留学を通して学んだ『無駄なことでもやりきると自信になる』という話!
現在コロナウィルスの影響で売上が下がってしまった全国のゲストハウスをつなげて、全国規模でクラウドファンディングに取り組んでおり、僕も運営として関わっています。

様々な想いや参加している施設紹介もあるので、ぜひまずは読んでみてください。

全国の宿泊施設を応援できる「みらいの宿泊券」を販売したい


英語が全く話せない中で渡米した体験を少し思い出したので書いてみようかなと。

僕が渡米した理由は『アメリカでプロドラマーになるため』。

 

だから、コミュニケーションを取る必要があるため、それなりの英語力が必要になりますよね。

でも、21歳当時の僕は英語は全く話せない。

 

どうすればいいのか、、、、』と考えた結果、語学学校の日本人生徒でも英語だけで話すと決め、日本語で話かけられても英語で会話をしていました。

 

つまり、僕に話かけてくれる日本人は日本語で、僕は英語でという奇妙な光景がありました。

そして、その考えに賛同する日本人は僕以外に2人。

 

どのように始めたか思い出せませんが、全員で話をしてせーので始めたような記憶もあります。

 

それ以降、その2人とは日本人ですが英語だけで会話をしていましたね。

ほんと、数ヶ月英語しか話をしませんでした。

 

でも今振り返って思うのは、かなり無駄な時間を過ごしたなと思いますね。

なぜなら、僕も含めその数人は英語が当時の僕並みの英語力しかなかったんですね。

 

だから、みんなで会話をするときは辞書を見ながら英語の文章を作って会話をしたり。

 

これだけ読むと『よく頑張っているな』という評価をすると思うんですけどね。

実際、本当に苦労したし一緒に頑張ったんですね。

ほんと。

 

でもね、その英語の文章がそもそもあっているのか間違っているのかどうかもわからない。

単語の発音もあっているのか。

そもそも適切な場面で使う単語なのか。

 

そして、何よりネイティブスピーカーが使う表現なのかもわからない。

 

わかりやすく言うと、僕達が勝手に使っていた英語は、日本人にとって江戸時代の言葉だったかもしれないということ。

現代において『〜でござる』とか言わないですよね。

 

でも、それが3人とも同レベルぐらいだから、それがあっているかどうかわからない。

 

その結果、『英語だけを話す』という過程に満足することは出来ましたが、『英語が話せるようになる』という結果にはなかなか到達しませんでした。

 

だから、さっきも書きましたが、振り返って考えると時間を無駄にしたなって思ったりするんですよね。

ですが、もう1つこの行動を通して気づいたことがあります。

 

それは、僕ってやればできるじゃん!』という自分を信じる気持ちです。

考えてみてください。

 

英語が全くできないなかで留学し、その始めの数ヶ月間は英語だけで生活するってどれだけ苦労するか。

日本人の留学生が日本語で話かけてきてくれても、英語で返すという変な空気感。

※最後はあの3人は英語しか話さないから・・・と他の方には認識していただいていたような気が。

 

絶対に英語を話してやる』という強い気持ちが、(間違っているかもしれませんが)英語だけを話という行動を支えてくれました。

 

そして、数ヶ月英語だけの生活を終えて感じたことは『もっと効率の良いやり方はある』という評価と『1度やりきったんだから、次も出来る』という自分への自信でした。

 

だから、最後までやりきったその2人はある意味僕の中で戦友なんですね。

効率は悪かったけど。

 

1人は誰でも知っている超大手の会社で現在出世街道まっしぐらの男。

当時からかなり出来る人でした。

僕が最終的に住んでいたLAにも遊びに来てくれたし、部屋で一緒にお酒をよく飲んだなと。

 

今でもたまに連絡を取って会ったりしているかな。

 

もう1人は、今でもドイツ?にいるのかな。

それとも日本に帰国しているのか、ちょっとわからないですね。

 

その人は当時ボクシングしてたので、彼のお昼ごはんはほぼ毎日魚の缶詰だったのはいい思い出です。

僕がヨーロッパを放浪したときに、彼に会いにドイツのデュッセルドルフ行ったのも懐かしい。

 

なんか色んなことを試しては『無駄だったな』と思うことも多々ありますが、それでもその1つ1つをやりきることで自分に自信がつく。

 

例えその行為が無駄だったとしても、やりきることがある意味大切なのかなと。

もちろん、結果を重視するのであれば、やはり遠回りの気がします。

実際時間がかかるので。

 

でも、自分の頭で考え出来る人をコピーし実践し失敗し改善する。

今振り返るとビジネスの基本を知らない間にやっていたのかなとも思いますね。

 

アメリカ留学時代のエピソードはほんとたくさんあります。

ほんとめちゃくちゃある。

 

また少しずつ思い出したタイミングで書いていこうかなと。

今回のブログをまとめると、

  • 効率の良いやり方はある
  • 出来る人と一緒に行動することが成長するスピードを早める
  • 時間は無駄になるがやりきったという結果は自分に自信をもたらしてくれる
  • 戦友は一生もの

ということですね。

 

もしあなたが今無駄だなと思っていることがあったとしても、やり方を改善しつつやりきってみてください。

きっとあなたの中に自信が芽生え、それがきっかけとなり飛躍するかもしれません。

 

ぜひ試してみてくださいね。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です