【英語初心者必見】海外旅行に役立つ英語のフレーズ集!※飛行機編※

【英語初心者必見】海外旅行に役立つ英語のフレーズ集!※飛行機編※

あなたは海外旅行に行く時、または海外から日本に帰るときに飛行機の隣の席が海外の人だったことはありませんか。

 

やばい!どうしよう・・・』と考えてしまい、本当は少し話をしようと考えていたけど、緊張して話せなかったという経験はないでしょうか。

 

または、勇気を出して少し挨拶をしてみたけど全然通じなかったという経験も。

もちろん、僕も同じような経験をしています。

 

そもそも僕は英語が全くできない中での留学したので『誰も僕に話しかけるなよ・・・』って思いながらの飛行機の乗っていましたが。

 

そこで、今回のブログは『英語初心者のための海外旅行に役立つ英会話フレーズ』をいくつか掲載してみました。

今回はその『飛行機編』です。

 

非常にシンプルな英語のフレーズですが、まずは最初のステップとしては役立つと思います。

是非最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

 

海外旅行の飛行機の中で使う英語フレーズ!

飛行機の中では様々なシチュエーションが考えられますよね。

そこで、よくあるシチュエーション別に使う英語を考えてみました。

 

他人の前を通って席に座らなければならない場合

まず、飛行機の座席に座る場合ではなんと言うでしょうか。

飛行機の中に入ったら、あなたは航空券を見ながら自分の座席を探しますよね。

 

例えば、あなたの席が5列のAだとします。

海外旅行役立つ英語!フレーズ集※入国審査〜タクシーまで

 

この状況で誰も座っていなければ何も問題ないのですが、もしBまたはCに人が座っていたら何と言えばいいでしょうか。

状況的にはこのような感じです。

海外旅行役立つ英語!フレーズ集※入国審査〜タクシーまで

この状況ではこのように言いましょう。

  • Excuse me (エクスキューズ ミー)

と。

 

日本語のニュアンスで『すみません』『失礼します』の意味に近いと思います。

 

ですが、ほとんどの英語初心者の人はこの言葉を口にしてしまいます。

 

それは、

  • Sorry(ソーリー)

です。

 

これは、海外旅行で飛行機に乗る人だけでなく、ゲストハウスにご宿泊されるゲストさんも同じ様に発言される方もいます。

 

英語初心者の人の感覚では『すみません』という意味で使うと思うのですが、それはやめた方がいいですね。

強くやめることをおすすめします。

 

では、なぜ『sorry』と発言するのが良くないのでしょうか。

その理由をまとめてみました。

 

Sorryはあきらかに自分に非があるときのみ使う言葉

僕自身、始めは英語がわからなかったので、このsorryが持つニュアンス感覚を持っていませんでした。

 

ですが、誰に教えてもらったか忘れましたが、『アメリカで「sorry」と発言する時は、あきらかに自分に非があると認めるときだけ』と教えてもらいました。

 

実際、僕も英語が理解できるようになるにつれて、アメリカ人達と話をしている中でこの感覚は正しいと思うようになりました。

 

1つこの『sorry』が持つ言葉のニュアンスがわかる有名な話を。

アメリカで交通事故にあったときは絶対にsorryとは言うな。自分に非がなくともこの言葉を言ったら裁判で負ける』。

 

これは『sorry』が持つ意味を上手く表現していることだと思いますし、それぐらい『sorry』という言葉は使い方を気をつけるべきです。

 

ですので、『sorry』とはそれぐらいの感覚の言葉という認識を持つことをおすすめします。

(この言葉のニュアンスはアメリカ人の感覚であって、他の国の人の感覚はなんとも言えません。もちろんアメリカ人であっても人によって捉え方は違いますが、感覚的には大きくは違っていないです。)

 

では、アメリカ人は絶対に『sorry』と言わないかといと、僕は直接言われたことはあります。

その体験談を紹介したいと思います。

 

アメリカ人に『sorry』と言われた体験談は交通事故

実は、僕はアメリカ留学中に交通事故に会ったことがあります。

車で信号待ちをしていると、突然白人男性が運転する車でオカマを掘られたんですね。

 

今も覚えています。

U-haulの車ですね。

あまりの衝撃で吐くかと思って車の外に出たんですね。

 

そして、運転していた白人男性が苦しんでいる僕に近づいてきてかけた声の第一声が『sorry』だったんですね。

その時、僕は『あっ!この人本当に悪いと思っているんだな』って思い、怒りも少しおさまりました。

 

でも、客観的に考えても10:0で相手が悪いので、『sorry』と言われて当たり前と言えば当たり前なのですが。

 

その他には、バーで肩がぶつかったりした時とか、何かあった時も『sorry』とかは言われたことがあるので、アメリカ人は絶対に『sorry』を言わないかというと絶対ではないですね。

 

ですが、『この状況でsorryと言えば不利になる』という時には言わないと思います。

では、もう1つよくある間違いで『ありがとう』の意味を込めて言う『すみません』です。

 

ありがとうの意味を込めて言うすみませんはThank youと言よう

引き続き『sorry』の話をもう1つ。

海外旅行へ行くときの飛行機の中だけではなく、ゲストハウスでもちょくちょく英語初心者の人が言いがちな言葉があります。

 

それは、ありがとうの意味を込めた『sorry』です。

日本語では相手から何かをしてもらった時に『すみません』と言いますよね。

 

ですが、英語の時はこのように言いましょう。

  • Thank you

 

この時にsorryと言われると相手からすると『??どういうこと??』となります。

ですので、感謝の言葉を表したい時は『sorry』ではなく『Thank you』と言うことをおすすめします。

 

隣の人と仲良くなりたいときの基本的な自己紹介

もし、あなたが飛行機の中で隣の席に座った海外の人と話をしたいと考えていたとします。

これも海外旅行の醍醐味ですよね。

 

その時は、目が合ったら勇気を出してあなたから声をかけてみましょう。

英語で声をかける時はこう言いましょう。

  • Hi(ハーイ)

と。

 

この一言は英語初心者のあなたが思っている以上に非常に効果的です。

騙されたと思って一言『Hi』と言ってみてください。

 

すると、ほとんどの人があなたにこう返事をしてくれるでしょう。

  • Hi(ハーイ)

と。

 

僕はアメリカ留学中にこの『Hi』という言葉をほんと色んな人に使いましたし使われました。

ほんと騙されたと思ってぜひ使ってみてください。

 

そして、こう続けます。

  • I'm◯◯(◯◯にはあなたの名前が入ります)

例えば、僕の場合はKen(ケン)と自己紹介していました。

 

つまり、I'm Kenですね。

僕の下の名前は健介ですので、短くしてKenという感じです。

 

ほんとこれだけです。

これで会話のきっかけができます。

 

でも、あなたはこういうことを感じませんか。

あれ、My name is は使わないの?』と。

 

僕の経験上、飛行機の中の自己紹介では『My name is〜 』は使いません。

 

My name is 〜は使わない

よく英語初心者の方が使う自己紹介は

  • My name is ◯◯

ですが、この状況での自己紹介に My name is 〜は使いません。

 

このMy name is 〜のニュアンスは人前に立って自己紹介する時によく用いられるような感じです。

 

例えば、プレゼンとかで複数人に対して自分を紹介するときに使います。

または、ビジネスシーンで改まった状態での自己紹介とかですね。

 

ですが、個人同士の自己紹介では、僕の記憶上聞いたことがあります。

実際、僕もアメリカ人同士の自己紹介を見てきましたが、基本的なフレーズは、

  • I'm◯◯

または、

  • 名前

だけです。

 

ですので、しっかり相手の顔を見てあなたの名前を伝えましょう。

 

そして、

  • nice to meet you

と言って握手を求めましょう。

(アメリカの場合はこの握手は強く握る必用があります。後ほど後述します。)

 

例えば、僕がアメリカ留学時代の友達にMarty(マーティー)という人がいます。

白人のギターリストです。

 

そのMartyがクラブで会った初対面のアメリカ人への自己紹介は、

  • Marty. Nice to meet you

と言うだけでした。

 

そして、握手を求めました。

(同年代の人への自己紹介ですので、目上の人には好ましくないでしょう)

 

ですので、海外旅行の飛行機の中での自己紹介は、My name is ではなく I'mを使うことをおすすめします。

 

握手をするときによくする間違いは相手の手を弱く握ってしまうこと

ここで先程握手をするということについて少し書きましたが、アメリカ文化について書いてみたいと思います。

 

日本人の文化では握手をする文化というのはありません。

僕たちはお辞儀の文化です。

 

ですので、どうしても握手をするときに『力強く握る』という感覚はありません。

ですが、この握手は力強く握ることをおすすめします。(アメリカの場合)

 

この力強く握る文化というのは、

  • 『私はあなたを信頼しています』
  • 『私は信用できる人間です』

ということを表すと言われます。

 

逆を言えば、弱々しい握手は相手からすると相手からするとあなたは疑問視されます。

この人は自信がない人なのか

この人は不誠実な人間なのか』と。

 

ですので、力強い握手をしっかり行いましょう。

これも異文化を知るということですね。

 

確かに僕は様々はアメリカ人達と握手をしてきましたが、彼らの握手は全員力が強かったです。

ですが、以前オーストラリアの人と話をした時は、アメリカ人の握手は強すぎると言ってましたが(笑)

 

ただ、日本人の握手は弱すぎる傾向があるので、比較的強めに握ることをおすすめします。

 

海外旅行の飛行機での自己紹介の簡単な流れ

では、最後に英語で話しかけた場合の、会話全体の流れをまとめてみます。

あなた:Hi 

相手:Hi

あなた:I'm ◯◯. Nice to meet you.

相手:I'm ◯◯. Nice to meet you too.

 

そして、その後会話が続くわけですが・・・。

もちろん、これからが困りますよね。

 

大体質問することは、

  • どこから来たの
  • どれぐらい滞在するの
  • いつあなたの国に帰るの

とかから始め、その後少しプライベートな内容を話しをしてもいいでしょう。

 

もちろん、これらの英語がわからないと会話は続かないと思います。

ですが、まずは最初の一歩として自分から声をかけることをおすすめします。

 

最後に

僕とフランス人

いかがでしたか?

今回は、海外旅行へ行く飛行機の中での簡単な英語での自己紹介について解説してみました。

 

簡単ではありますが、

  • 席に着くまで
  • 着いてからの会話

の2種類ですね。

 

また、引き続き追記していきたいと思うので、是非定期的に読み直してみてくださいね。

 

また、飛行機の中と言っても英語だけでなく色々なことがあります。

特に、よくある悩みの相談が時差ぼけです。

この時差ぼけの影響があり、現地に着いてからすぐに楽しむことができないという内容を相談されます。

 

そこで、以前僕の時差ぼけ対策についてブログにまとめてみました。

 

僕はこの方法を試してから、100%時差ぼけはなくなったので時差ぼけを克服したいと考えている人は合わせて読むことをおすすめします。

時差ぼけ対策!睡眠薬に頼らない時差ぼけにかなり効果がある方法とは?

時差ぼけ対策!睡眠薬に頼らない時差ぼけにかなり効果がある方法とは?

 

是非この記事が少しでもあなたの役に立ち、飛行機の中で有意義な時間を過ごせることになったら幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


【無料】投資やビジネスをしたいけど、その資金がない人はこちらの本でのマインドセットがおすすめ!

投資やビジネスをしたくてもその元手となる資金がない人も多いですよね。

その場合は、こちらの本でマインドセットすることをおすすめします。


内容は、両親がパチンコで作った借金を返済していた元皿洗いの男の実話ストーリーです。

その後、たった1人で3億円を稼ぎ20代でセミリタイア経験した人がその秘密を公開しています。


ちなみに、あなたは成功者と成功しない人の違いは何か知ってますか。

それは『考え方』です。


考え方が変わるから行動が変わります。

行動が変わるから結果も変わってきます。

 
つまり、成功者のマインドを知るということは成功への第一歩となります。

こちらの本はお金が必要なく無料で読むことができるので、普遍的なマインドを身に着けたい人はおすすめです。


Amazonで1位を獲得した本ですので読んでみてくださいね。
自由な人生を手に入れる教科書


この本であなたの投資やビジネスが上手くいくようになれば幸いです。




また、メルマガでは私の投資方法や民泊のブログでは書けない内容を公開しています。

是非下記の画像をクリックしてメルマガへ登録してみてくださいね。



ご登録いただいた人にはもれなく収益が上がる『レポート』を無料でプレゼント中!!



LINE@のご登録はこちらから

忙しいサラリーマンの人でも実践できる民泊やバイナリーオプションの質問などお気軽にどうぞ!

登録ができな人は【@uyx2647q】で検索すると登録できますよ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です