Google翻訳よりおすすめの翻訳サイト・アプリを紹介します!

こんにちは。

思ったよりYouTube用の動画編集に時間がかかっている木内(きのうち)です。

やはり初めてのことに挑戦し技術を身につけるって大変ですね。

がんばります!

 

さて、本日のブログですが、僕が最近よく使っている翻訳サイトを紹介したいと思います。

Google翻訳よりも重宝していたりします。

 

それは、『DeepL』というサイトです。

公式サイトはこちらです。

https://www.deepl.com/home

 

僕はそのサイトからアプリをダウンロードしてPCに入れていたりします。

では、どうしてこのサイトまたはアプリを僕が気に入って使っているのか。

 

それは、日本語らしい翻訳をしてくれるからですね。

実際Google翻訳と比較してみましょう。

Google翻訳。

人々のための人々による人々の政府

 

で、こちらがDeepL。

民衆のための民衆の政府

 

うーんこれはあまり変わりませんでしたね。

では、こちらはどうでしょう。

 

これは、先程アメリカ版のヤフーに掲載されていたニュースです。

米国最高裁判所はトランプ税と大統領免除を引き受けます

 

これはちょっと意味がわかりにくいですね。

では、DeepLで翻訳してみましょう。

米最高裁がトランプ氏の税金と大統領の免責を問う

 

これはDeepLがわかりやすいですね。

日本語のニュアンスが出ています。

 

では、長文の翻訳はどうでしょう。

有名なスピーチの1つであるゲティスバーグ演説を翻訳してみましょう。

Google翻訳。

4つのスコアと7年前に私たちの父親は、自由の中で構想された新しい大陸であるこの大陸で育ち、すべての人は平等に創造されるという命題に献身しました。 現在、私たちは大規模な内戦に従事しており、その国、またはそのように構想され献身的な国が長続きするかどうかをテストしています。 私たちはその戦争の偉大な戦場で会います。

 

こちらはDeepL。

4スコアと7年前、我々の父祖たちはこの大陸に新しい国家を生み出した。自由の精神に基づき、すべての人間は平等に創造されたという命題に献身した。今我々は大規模な内戦に従事している。その国が、あるいは、そのように考えられ、献身的な国が、長続きするかどうかが試されている。私たちはその戦争の戦場で出会ったのです。

こちらも個人的にはDeepLがわかりやすいかなと感じました。

 

さらにもう1つ試してみましょう。

それは方言です。

 

今までは英語⇒日本語でしたが、今度は日本語⇒英語の方言の翻訳を試してみたいと思います。

方言には関西弁を入力してみますね。

まずは、『あかん』です。

Google翻訳では『あかん』は『Akan』でしたね。

そもそも翻訳すらされてません。

 

では、DeepLはというと・・・。

おーすばらしい!

きちんと翻訳されていますね。

 

どんどん試してみましょう。

関西人のツッコミとしてよく聞くのは『なんでやねん』ですね。

では、これを確認すると、、、。

Why一言で終わってしまいましたね。

 

では、DeepLはというと、、、。

Why the hell not? と出ましたね。

こちらの方がニュアンスが伝わるかもしれませんね。

the hell まで付いていますからね。

これは素晴らしい。

 

じゃあ最後にもう1つだけ。

Aさん『あれ、ちゃうちゃうちゃう?』

Bさん『いや、ちゃうちゃうちゃうんちゃう?』

 

これは関西圏以外の日本人でも意味を理解するのが難しいかも。

 

ちなみに、標準語っぽく意味を訳すと、

Aさん『あれ、ちゃうちゃうじゃない?』

Bさん『いや、ちゃうちゃう違うんじゃないかな?』

です。

 

 

まったく翻訳できていませんでしたね。

では、DeepLはどうかというと、、、。

これはDeepLでも翻訳できませんでしたね。

ただ、日本人でもこれは難問ですね。

 

色々google翻訳と比較しましたが、より日本語っぽいニュアンスで翻訳してくれるのがDeepLだったりします。

僕個人の感想は。

 

ですので、何か長文を翻訳したいなどの悩みがあったらぜひ試してみてくださいね。

おすすめです。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です