【実体験】英語・英会話力を伸ばすには国語力を伸ばすことがおすすめです!

【実体験】英語・英会話力を伸ばすには国語力を伸ばすことがおすすめです!

こんにちは。

最近英語を話す機会がめっきり減ってしまった木内(きのうち)です。

ほんと英語を全然しゃべっていないなと。

 

そんなことを思いながら、ふと英語が話せなかった時のことを思い出してみたんですね。

どんな時に英語が伸びたのかなって。

 

ぜひ、英語や英会話に興味がある人は最後まで読んでみてくださいね。

 

僕は留学時代確かに英語の勉強も一生懸命したんですが、1番英語力が伸びてるなって感じたときは自分の国語力が伸びたときなのかなって感じがしています。

 

僕は全く英語が話せなかったので、21歳のときに中学3年生までの英語の問題集からやり直しました。

 

だから、英語⇒日本語の意味で覚えることから始めたのですが、英語の勉強だけをしているときはあまり英語力は伸びていなかったように思います。

 

もちろん、英語力は伸びてはいましたがそのスピードはイマイチだったかなと。

 

でも、本をたくさん読むようになって自分の国語力が上がってきてからは、それまでと比較して英語を理解するスピードが上がったように思います。

 

そして、このことから僕は常に、言語は

  • 第一言語以上に第二言語は伸びない

と考えるようになりました。

 

やはり、日本語で考えている言葉以上に英語は話せませんし、逆に言うと日本語力が低い人がしゃべる英語は説得力はありません。(僕にとって)

 

よく英語教育で英語を幼少期から勉強さす風潮がありますが、基本的に僕は反対で小さいうちこそしっかりとした日本語を勉強するべきだと考えています。

 

そして、その日本語の土台となる上に英語を勉強する。

さらに言うと、英語は必要とする人だけ勉強すればいいかなと僕は考えています。

 

その人にとって必要であれば勉強するべきかなと。

 

極端な話、旅行をする程度の日常会英語なんて(どんな仕事をするかにもよるけど)ビジネスの場ではあまり使いものになりません。

海外の人1人対あなたであれば、相手もあなたの話を聞く必要があるので、まだ話を聞いてくれますが、海外の人2人対あなたであれば、英語が話せない人は仲間はずれにされます。

 

これが現実ですし、そもそも英語で何をしゃべっているのかわからないので、あなたもその会話に入っていけません。

僕の経験上(あくまでもアメリカ人)では、日本人のように優しく話せない人に気を使う人はいなくて、話せない人は無視して自分たちで会話が盛り上がっている人がほとんどです。

 

では、そんなビジネスで役立つには何が必要かというと、英会話力よりも

  • そのビジネスに必要な技術や能力
  • 読み書き能力

だと僕は考えています。

英会話力はその次ぐらいかなと。

 

まず、ビジネスをしているのでそのビジネスの能力が低ければ意味がありません。

ですので、ビジネスに必要な技術や能力がまずいります。

 

以前、僕が経営するゲストハウスにご宿泊いただいた日本人男性のお客さん。

世界中でお仕事をされていました。

その人の英語力は正直大したことありません。

 

でも、その人はその分野では優秀なエンジニアの人で、その技術力で海外の人から引っ張りだこでした。

技術力が優秀であれば、英語は片言でも海外の人はその人の話を聞いてくれます。

 

逆に、読み書きの能力も重要です。

基本的に文書でのやり取りがビジネスの場合は多かったりします。

 

海外の情報を調べるためには英語を読む力は必須です。

そして、それを伝えるライティング能力も。

 

ですので、まずは仕事で英語を使うのであれば、海外の人が求めている技術、そして読み書き能力を伸ばすことをおすすめします。

 

最後に英会話力でもいいのかなと。

あくまでもビジネスで英語を使う場合は、ですね。

 

きちんとした日本語の上に英語が成り立つ。

だから、僕自身も日本語力を伸ばしつつ、英語の勉強をしたいと考えています。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です