【初心者用】英語の発音を練習したいあなたへ!おすすめの動画とは?

【初心者用】英語の発音を練習したいあなたへ!おすすめの動画とは?

英語を勉強しているほとんどの人は、1度は『英語をネイティブっぽく発音したい』と1考えたことはあると思います。

もちろん、留学した直後の僕もそうでしたし、ネイティブっぽい発音になるように練習した時期もありました。

 

そして、その練習方法とは、海外の人が話す言葉を録音させてもらって家でモノマネしていました。

僕が留学した2003年はYouTubeがまだない時期だったので、このような感じでずっと練習していました。

 

ですが、今の時代はYouTubeがあり、そこには有料級の動画がいくつもあります。

そこで、今回は『英語の発音をもっとよくしたい』と考えているあなたにおすすめ動画をまとめてみました。

 

是非、これから紹介する動画を見て、実際に発音しあなたの英語の練習に役立ててくださいね。

 

英語の発音の練習のために!おすすめ動画を4つご紹介!

数ある動画の中から、僕が英語初心者の人におすすめする発音の練習動画はこの動画になります。

では早速ご紹介させていただきますね。

僕が大好きなバイリンガールちかさんの動画から、4つピックアップしてみました。

 

内容は、日本人が苦手な以下の発音です。

  • THの音
  • L / Rの音の違い
  • Rで終わる単語の発音
  • RLで終わるは発音

 

ちかさんの英語動画は発音をわかりやすく解説してくれているので、是非参考にしてみてくださいね。

では、早速確認していただければと思います。

 

英語のThの発音の練習をするには?

この『th』の発音は、

  • Thank you
  • Think

などに使われていますよね。

 

また、最近終わってしまった『3年A組』というドラマにもこのth発音は使われていましたね。

Let's think』って。

 

実は、この『th』の音は、日本語の音にはありません。

えっ!?』って英語初心者の人は思うかもしれませんが、英語には日本語にない音が使われているんですね。

 

僕はこの事実を英語の勉強してから始めて知りました。

英語はカタカナを巻き舌で言う程度と考えていました。

 

つまり、それまでは『英語の音は全て日本語の音と同じである』って考えてたんですね。

でも、勉強していくとわかってきました。

英語って日本語にない音が使われている。だから、聞き取れないのか』ということに。

 

ですので、『th』をよりよく発音したい人はちかさんの上記の動画を見て、何回も繰り返して英語の音を聞き取ることをおすすめします。

 

ですが、そうは言っても『時間がない』という人もいますよね。

そんな人のためにちかさんの動画の要点をまとめてみました。

 

英語のThの発音は舌を出しながらいうことが秘訣!

要点をまとめると以下の内容になります。

  • Thの発音はRほど難しくない
  • Thは『サ』ではなく『Th』の発音をすること
  • 舌を出しながら『サ行』を言うと『Th』の発音になる

 

舌を出しながらしゃべることがポイントです。

この動画で紹介されていた単語は、

  • thank you(ありがとう)
  • think(考える・思う)
  • thirty(30)
  • therapy(セラピー)
  • thorn(とげ)

になります。

 

ちかさんも動画内で詳しく説明してますが、舌を出しながらThank youと言ってみましょう。

驚くほどネイティブっぽい発音になりますよ。

 

そして、ゲストハウスを運営していて海外のゲストさんと日本人のゲストさんが交流しているのを見て思うのは、『th』の発音が出来ている日本人は少ないってことですね。

 

みんな驚くほど『サ行』で発音しています。

ですので、『th』の発音が出来るだけで『おっ!』って思われるかもしれませんね。

 

では、続いて日本人の苦手な発音であるL / Rについての動画を紹介したいと思います。

 

英語のLとRの発音を練習するには?

僕も含めてこのLとRの発音は日本人にとって難しいですよね。

 

僕の考えとしては、『難しいんだったらそんなにこだわらなくて割り切ってもいいんじゃない?』って感じです。

 

ですが、そんなこと言ってしまうと、この記事の意味がなくなってしまうのでLとRを極めたい人は是非ちかさんの動画を見てくださいね。

 

ちなみに、ちかさんはLとRの発音を2つの動画にわけて説明していくれています。

では、早速その動画を紹介したいと思います。

 


この2本の動画は以下の2つの単語について日本語でわかりやすいく説明してくれています。

  • L
  • R

Lはともかく、先程も書きましたが日本人は本当にR発音が苦手ですよね。

もちろん僕は苦手です。

 

でも、この動画を見るとちょっとしたコツで驚くほど英語の発音が良くなるのがわかりますね。

では、この動画も同じように時間がない人のために要点をまとめて解説してみますね。

 

Lは日本語発音・Rは小さい『ぅ』をRの前に入れると英語の発音がよくなる

例えば、『ラ』から始まる単語の場合は、

  • light(光)

日本語の『ラリルレロ』の発音でそのままで大丈夫とのことです。

だから、ライト・リークと英語をカタカナ発音してOK。

 

では、日本人の苦手なRの発音の単語である

  • Right(右)

は、言葉の頭にちっちゃい『ゥ』を意識して発音することによって、発音が驚くほどよくなるとのことです。

 

日本語ので書くと、

  • ゥライト

と書くとイメージしやすいと思います。

 

また、基本的にこのLとRのルールは他の単語でも適用することができます。

 

では、続いて『リ』から始まる音ですが、

  • leak(漏れる)

Lから始まるleakは日本語のままの発音で大丈夫です。

 

では、同じ『リ』でもRから始まる

  • Reak(くさい)

は、同じ様に発音する前にちっちゃい『ゥ』を入れると発音が良くなります。

 

つまり、

  • ゥリーク

となりますね。

 

ですので、R発音の場合は、発音する前に小さい『ぅ』を入れることをおすすめします。

 

Rが最後にくる英語の発音を練習するには?

この動画では、特定の言葉をピックアップして解説してくれています。

今回はwater(水)について解説してくれています。

日本人が苦手とする単語の1つだと思います。

 

僕も留学するときに飛行機の中で、『water please』と言った記憶がありますが、かなりドキドキして発音した記憶も同時にあります。

 

当時は英語が全く話せなかったので。

 

ですので、是非ちかさんの動画を見て『Rで終わる英語の発音』を知り練習して欲しいと思います。

では、同じように時間がない人のために、要点をまとめて解説してみますね。

 

waterは日本語の『悪』の発音に似ている

ちかさんが説明してくれているのは、

  • water(水)

は日本語の

  • 悪(わる)

に似ているとのことです。

 

特に、悪の『る』の音がwaterの『r』発音に似ているとのこと。

 

悪という言葉を日本語で言うときに舌が口のてっぺんに少し触れますよね。

その舌をもっと後ろの方に巻く感じで発音するとwaterの『r』の発音に近くなるとのことです。

 

そして、悪(わる)を長めに発音することを意識し、最後の音だけ舌を巻くイメージだそうです。

 

まとめると、

  1. 悪をゆっくり長めに発音する
  2. 悪の『る』の時に、舌を後ろに巻いて発音する

というものです。

 

ただ、やはり耳で聴く方がよっぽど早く発音が良くなると思うので、是非この発音動画も何回も見て実際に発声して練習することをおすすめします。

 

英語のrlが続く単語の発音を練習するには?

このrlが続く発音は日本人には非常に難しいですよね。

僕もこの発音は非常に苦手です。

ゲストハウスで他のゲストさんを紹介するときなどは、逃げて使わなかったりします。

 

具体的に言うと、girlという英語の発音が苦手なので、あえてLadyまたは、femaleという英語を使って逃げていたりします。

 

※もちろん、年齢やその人が持っている雰囲気によって説明方法を変えており、ちっちゃい女の子が泊まるときはladyやfemaleという英語は使わずgirlで説明しています。

 

ですが、ちかさんはこの動画の中でその発音の考え方について日本語でわかりやすく説明をしてくれています。

ですので、是非動画を見ることをおすすめします。

 

では、お時間がない人のために動画の要点をまとめてみますね。

 

girlは日本語の『色黒』の『グロ』の音に近い

ちかさんは、例としてあげている

  • girl(少女)

は日本語の色黒の

  • グロ

に音が近いと話をしています。

 

そして、ポイントは『グロ』の音を口先を使って発音するのではなく舌を使って言うこと。

日本語は口先を使って音を出しますが、英語は舌を使って発音します。

 

さらに言うと、アクセントの位置です。

『グロ』の場合は『グ』の部分を強調して発音すると、英語のgirlに近くなるとのこと。

 

また、同じようなスペルの英語として、

  • curl
  • twirl
  • swirl
  • whirl
  • hurl
  • earl

というのがあります。

 

ただ、個人的な感想はこの『rl』の発音は、頭で理解できたとしてもなかなか難しいですね。

是非、あなたもちかさんの動画を見て何回も発音の練習をしてくださいね。

 

最後に

いかがでしたでしたか。

英語の発音の練習をしてキレイな発音ができることにこしたことはないですよね。

 

ですが、僕のアメリカからの実体験から1つお伝えしたいことがあります。

特に、社会人のあなたにお伝えしたいことです。

 

それは、

発音が綺麗だとしても、それはあなたを評価するものではない

ということです。

 

私たちは日本語を完璧な発音で話せますよね。

でも、それだけであなたは日本語を話している人を評価するでしょうか。

しないですよね。

 

それよりもその人が、

  • 発言している内容

によってその人を評価をするのではないでしょうか。

 

英語でも同じです。

 

だから、僕は『最低限の発音は必要だとは思いますが、逆に言うと最低限でいい』と考えています。

 

それよりも、

  • 英語のフレーズ
  • 1つでも多くの単語

を練習したり覚えたりして、

  • より多く
  • より正確に

あなたの考えを伝えられるようにすることが、社会人にとって必要な英語だと考えています。

 

そして、そっちの方があなたの人生をいい方向に導いてくれるとも考えています。

 

最後にちかさんのこの動画をご覧ください。

留学した後の僕もこの考えと同じ考えになりました。

でも、そうは言っても僕も英語の発音はもうちょっとマシにはなりたいとは思ってたりしますけどね。

 

では、最後に英語を効率良く学ぶ方法をネイティブから直接教えてもらったので、その方法をシェアしたいと思います。

詳しくはこの記事にまとめているので、合わせて読んでみてくださいね。

英語初心者のための勉強方法とは?ネイティブ直伝のノウハウを公開!

英語初心者のための勉強方法とは?ネイティブ直伝のノウハウを公開!

2019年3月19日

英語初心者のための勉強方法とは?ネイティブ直伝のノウハウを公開!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

英語関連の記事がお好きな人はこちらの記事もおすすめです。

 

🔽🔽🔽おすすめ記事🔽🔽🔽

英語の発音に意識がいきすぎて英会話に集中できない人へ

英語の発音に意識がいきすぎて英会話に集中できない人へ

2019年4月29日

英語の発音に意識がいきすぎて英会話に集中できない人へ

 

英会話でスラングを話したい⇒まずは基本的な英語を勉強しましょう!

英会話でスラングを話したい⇒まずは基本的な英語を勉強しましょう!

2019年4月17日

英会話でスラングを話したい⇒まずは基本的な英語を勉強しましょう!

 

何でも思いつきで質問をする人は質問前にググることをおすすめします!

何でも思いつきで質問をする人は質問前にググることをおすすめします!

2019年3月16日

何でも思いつきで質問をする人は質問前にググることをおすすめします!

 

英語を使って毎月3万円を副業で稼ぐ!ネットを使った稼ぎ方3選とは?

英語を使って毎月3万円を副業で稼ぐ!ネットを使った稼ぎ方3選とは?

2019年4月11日

英語を使って毎月3万円を副業で稼ぐ!ネットを使った稼ぎ方3選とは?

 

英語の勉強を継続できない人必見!留学経験者がその継続方法を公開!

英語の勉強を継続できない人必見!留学経験者がその継続方法を公開!

2019年4月8日

英語の勉強を継続できない人必見!留学経験者がその継続方法を公開!

 

英語が使えると旅行で犯罪に巻き込まれる確率が高くなる可能性がある

英語が使えると旅行で犯罪に巻き込まれる確率が高くなる可能性がある

2019年3月28日

英語が使えると旅行で犯罪に巻き込まれる確率が高くなる可能性がある

 

【英語の文法がわからない人へ】文法がめちゃくちゃでも英語は通じます

【英語の文法がわからない人へ】文法がめちゃくちゃでも英語は通じます

2019年3月27日

【英語の文法がわからない人へ】文法がめちゃくちゃでも英語は通じます

 

将来の資産構築のために投資を始めたいと考えている人はこちら。

初心者向きの投資です。

バイナリーオプションで稼ぐ人の月収は?有名トレーダー達の月収を検証!

バイナリーオプションで稼ぐ人の月収は?有名トレーダー達の月収を検証!

2018年1月28日

バイナリーオプションで稼ぐ人の月収は?有名トレーダー達の月収を検証!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です