バイナリーオプション攻略にはテクニカル分析が必須!【メリットと使い方】

この記事は2020年7月8日に追記・変更しています。

質問者
バイナリーオプションの勉強を進めていくと攻略にはテクニカル分析が必要とわかりました。でもどんな種類があるのかわかりません。そして、もちろんどう使うのかも・・・。

 

このようなお悩みに回答しています。

 

今回の記事の内容は以下の通りです。

  • テクニカル分析の考え方
  • テクニカル分析を学ぶメリット
  • テクニカル分析の使い方

 

この記事を書いている人。

元サラリーマン。34歳で独立したのち、ゲストハウス、投資、ブログビジネスをしています。

投資はバイナリーオプション以外に不動産投資、太陽光投資も行っています。

 

今回は、バイナリーオプション攻略に必須のテクニカル分析について解説していきます。

 

バイナリーオプション初心者にとって、普段の生活で聞いたことも見たことない言葉で、『本当にわかるようになるのかな』と不安に思っている人も多いと思います。

実際、僕がそうだったので。

 

このブログでは、

  • 前半にテクニカル分析の定義や考え方について
  • 後半にテクニカル分析のメリットや使い方について

解説しています。

 

結論から書くと、バイナリーオプションのテクニカル分析は以下のようなことに役立ちます。

  • データから未来を値動きを予測することが可能になる
  • エントリーのタイミングわかるため負けにくい
  • 勝ち続けているトレーダーは100%テクニカル分析を活用している
Kinouchi

貴重なお金を失いたくないという人は、様々な情報を網羅しているので最後までじっくりと読んであなたの投資人生に役立ててほしいと思います。

 

バイナリーオプションの攻略に必須のテクニカル分析とは?

まずは、大切な言葉の定義から書いていきますね。

この定義が曖昧なままだと、説明してもどうしても納得する内容になりにくいからですね。

 

ウィキペディアによると、テクニカル分析の定義は以下のようになっています。

テクニカル分析(テクニカルぶんせき、Technical analysis)とは、主に株式・商品取引・為替等の取引市場で、将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法である。 将来の取引価格の予想を需給、収益性評価およびそれらの背景となる経済情勢分析に基づいて行う手法であるファンダメンタル分析と相対する概念である。

これではいまいちわかりにくいですね(笑)

 

もうちょっと簡単にテクニカル分析をまとめると、『過去チャートの値動きをからトレンドやパターンなどを理解し、今後の株価や為替の変化を予測するもの』です。

 

究極に簡単にまとめると、『過去のデータから今後の値動きを予測する』のがテクニカル分析です。

これだったらイメージしやすいですよね。

 

テクニカル分析が何かを分かっていただけたので、次はそのテクニカル分析のやり方を説明していきますね。

 

テクニカル分析の方法は2つ

テクニカル分析を行う方法は以下の2点になります。

  • チャートから分析する方法(主に人間が判断する)
  • コンピュータを駆使し数値を分析する方法(コンピュータが判断する)

 

そして、売買する方法によってトレーダー(取引する人)の呼び方が違ってきます。

  • 人間の判断によって売買するトレーダーを『裁量トレーダー』または『チャーティスト』
  • コンピュータを駆使して売買するトレーダーを『システムトレーダー』または『テクニシャン』

 

僕は自分自身でトレードでエントリータイミングを判断していたので、『裁量トレーダー』にあたります。

では、このテクニカル分析ができるようになると、どういうメリットがあなたにもたらされるのでしょうか。

 

バイナリーオプションにおけるテクニカル分析ができるようになるメリットは2つ!

結論、バイナリーオプションでテクニカル分析ができるようになると以下のメリットがあります。

  • 通貨の値動きが予測しやすい
  • エントリーするタイミングがわかる

 

つまり、この2つがあれば今後の通貨の値動きが予測しやすいため、エントリータイミングがわかるようになるということになります。

その結果、勝率、そして利益が大きく上昇します。

 

では、その『通過の値動き』や『売買するタイミング』はどのように見極めるのか以下の順番で解説しますね。

  1. トレンド系とオシレーター系のテクニカルチャートを読み解く
  2. それぞれのチャートで使われているインジケーターの種類
  3. 自分の中のルールを決めエントリーする

 

トレンド系とオシレーター系のテクニカルチャートを読み解く

テクニカル分析とは、テクニカルチャートというものを読み解く=分析するということを意味します。

では、そのテクニカルチャートとは何かというと、『過去の株価や為替のレートなどをグラフ化して表したもの』です。

 

つまり、テクニカル分析とは『過去の株価や為替のレートなどをグラフ化して表したものを分析する』ということになります。

 

では、なぜこのテクニカルチャートを読む必要があるのかというと、チャートには『投資家の心理状態があらわれている』と言われているからです。

 

さらに深堀りし、ではなぜ『投資家の心理状態を読むことがいいのか』というと、1番のメリットは、”リスクヘッジができる”ということにつきます。

なぜなら、テクニカル分析を駆使しチャートを読み解くと相場の流れや転換点などがわかるからです。

 

そして、このテクニカルチャートには以下の2種類があります。

  • トレンド系チャート
  • オシレーター系チャート

 

この2種類は以下のような形となってチャートに表示されます。

これはMT4と呼ばれるもので、誰でも無料で手に入れることができます。

ちなみに、MT4が何かわからないという人は、【逆張り】バイナリーオプションのおすすめインジケーターとは?に書いているので、あわせて読むことをおすすめします。

 

そして、この画像の上部がトレンド系チャート、下部がオシレーター系のチャートとなります。

また、別の覚え方として、ローソク足と同じ場所に表示されているのはトレンド系、それ以外はオシレーター系と覚えるというのもありですね。

簡単に2つのチャートの違いを説明すると、

トレンド系チャートとは、相場が上昇傾向か下降傾向かを表すチャート⇒値動きの流れを見る

オシレーター系チャートとは、相場が買われすぎたり売られすぎたりする傾向を表すチャート⇒目先の値動きを見る

となるので覚えておくことをおすすめします。

 

テクニカル分析で使われているインジケーターの種類

トレンド系チャートを示す代表的なインジケーター=指標をまとめてみました。

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • フィボナッチ
  • MACD

などが有名です。

例外はある
MACDなどはトレンド系指標ですが、オシレーター系チャートに表示されます。

 

例えば、有名な移動平均線とはローソク足の終値の平均をつなげたもので、値動きの大きな流れを知ることが有利である反面、直近の相場より遅れて表示されることがあります。

 

ちなみに、『ローソク足って何?』という人はこちらの『バイナリーオプションでのローソク足の見方を初心者のために徹底解説!』に詳しく書いているので先に読むことをおすすめします。

 

ただ、トレンド系チャートを1つ1つこの記事の中で紹介すると膨大な量になってしまうので、それぞれの特徴や使い方は別の記事にまとめてみました。

バイナリーオプションの攻略にはテクニカル分析が必須になるので、勉強して覚えておくことをおすすめします。

  • 移動平均線

バイナリーオプションに必須の移動平均線とは?初心者目線で解説してみた!

  • ボリンジャーバンド

バイナリーオプションに必須のボリンジャーバンドとは!?初心者のために解説!

  • フィボナッチ

バイナリーオプション攻略!フィボナッチの使い方をイラストで解説!

  • MACD

バイナリーオプションでのMACDの使い方とは?初心者目線で解説してみた!

 

次は、オシレーター系チャートを示す代表的なインジケーターをまとめてみました。

  • RSI
  • ストキャスティクス

などが有名で、実際僕もバイナリーオプション攻略に使っていました。

 

こちらは以下の記事にまとめているので、それぞれ使い方や特徴を覚えておくことをおすすめします。

  • ストキャスティクス

バイナリーオプションでのストキャスティクスの有効な使い方とは!?

  • RSI

RSIはバイナリーオプションでは必須知識!?その使い方をまとめてみた!

 

MT4にこれらのインジケーターを表示せずにバイナリーオプションの取引に臨むことは、大海に何も指標(海図やコンパス等)を持たずに漂流している状態です。

このような状態では僕の経験上バイナリーオプションでは100%勝ち続けることはできないので、必ず勉強して覚えておくといいでしょう。

 

ちなみに、インジケーターではありませんが、酒田五法というチャート分析の基本パターンもあわせて覚えておくと、より勝率が上がるのでおすすめです。

酒田五法はバイナリー攻略に必須!?その内容を初心者に解説してみた!

 

自分の中のルールを決めエントリーする

上級者になればローソク足や移動平均線の動きだけで今後の動きが予測できエントリーできるようになります。

ですが、当然初心者のうちは難しいですよね。

 

そこで、おすすめなのは自分のマイルールを決めるということです。

 

例えば、トレンド系やオシレーター系の指標に従って取引をしますが、自分で決めた数字を超えないと絶対に取引をしないとか。

投資金額は全体の5%以下にするとか。(僕はいつも5%以下を推奨しています。100万円あれば5000円とかですね。)

 

ただし、ここで注意点があります。

 

例えば、あなたの決めたルールでトレンド系チャートに『Highでエントリー』を示す数字に達成していたとします。

ですが、オシレーター系チャートを見るとそのチャートはその数字に達成していない。

 

このような状況では、僕はバイナリーオプション初心者のあなたに取引することをすすめません。

なぜなら、資金を失ってしまう可能性が高いからです。

 

ですので、ルールは厳し目に、そしてそのルールに達成しない場合はエントリーしないという強い覚悟を同時に持つことをおすすめします。

 

テクニカル分析に役立つおすすめの書籍の紹介

テクニカル分析は自分でググることでも勉強できますが、本で勉強するこもできます。

では、数ある本の中で何がおすすめかというとこの本がおすすめですね。

バイナリーオプションはFXの一部なので、FXで使われている考え方は基本的にバイナリーオプションにも応用することが可能です。

 

また、すべての基本であるローソク足を覚えるという意味ではこちらの本がおすすめです。

created by Rinker
¥1,540 (2020/08/10 07:41:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

2冊あわせても3000円程度です。

僕が使っているバイナリーオプション の取引会社は1回1000円から投資することができますが、負けが続くと一気に3000円を失ってしまいます。

 

そうなりたくない人はぜひ先行投資という意味でも自分の知識に投資をしてみてください。

おすすめです。

 

まとめ:テクニカル分析なくしてバイナリーオプションで勝つことはできない

今回は、バイナリーオプション攻略には必須のテクニカル分析の考え方やメリット、使い方について書いてみました。

 

この記事をまとめると、

  • テクニカル分析は過去のデータから未来を予測する分析。
  • テクニカル分析を学ぶとエントリーのタイミングわかる。
  • テクニカル分析にはトレンド系とオシレーター系がある。
  • 自分のマイルールをしっかり決めてエントリーする。
  • マイルールは厳しく設定し少しでも基準から外れたらエントリーしない。

こんな感じですね。

 

バイナリーオプションは一気に資金を増やすこともできれば減らすこともできる投資です。だからこそ、勝ち続けているトレーダー達は必死にテクニカル分析を勉強し実践にいかしています。

 

結局、バイナリーオプションで勝ち続けるためにはコツコツと努力する必要があるということです。

一度理解すると、その内容はずっとあなたの頭の中に残り、あなたのトレードを助けてくれる武器となります。

>>バイナリーオプションで稼ぐ人の月収は1億円超え!その理由を解説してみた

 

今回の記事も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です