バイナリーオプション

バイナリーオプションは順張りと逆張り手法ではどちらが攻略しやすいか

バイナリーオプションの手法は順張りと逆張りどちらが勝ちやすいのか

バイナリーオプション初心者です。投資手法には順張りと逆張りがあると知りました。

バイナリーオプションではどちらが勝ちやすいのでしょうか。 

このようなお悩みに回答しています。

今回の記事の内容は以下の通りです。

  • 順張りと逆張りのメリット・デメリット
  • 順張りと逆張りではどちらがバイナリーオプションを攻略しやすいか

 

この記事を書いている人。

元サラリーマン。34歳で独立したのち、ゲストハウス、投資、ブログビジネスをしています。

投資はバイナリーオプション以外に不動産投資、太陽光発電投資も行っています。

バイナリーオプションを含めFXや株には順張りと逆張りがあります。

でも、初心者の人はどちらの投資手法がいいかわかりませんよね。

もちろん、僕もバイナリーオプションを始めるまでは、順張りや逆張り、そしてインジケーターの使い方等が全くわかっていませんでした。

 

そこで、今回のブログは初心者の人に向けて順張り・逆張りという投資の手法についてお伝えしたいと思います。

 

結論からお伝えすると、

  • 順張りのメリットはわかりやすさ
  • 順張りのデメリットはトレンドの終了が読みにくいこと
  • 逆張りのメリットはレンジ相場でも勝ちやすい
  • 逆張りのデメリットはトレンド相場で勝ちにくい
  • 僕は逆張り派だが結果を出している人の手法が正しい

ということになります。

kinouchi
kinouchi
初心者向けにそれぞれの特徴を交えてお伝えします!

 

特に、この記事は

  • バイナリーオプションの手法で悩んでいる人
  • バイナリーオプションで利益を出したい人
  • 順張りと逆張りのメリット・デメリットが知りたい人

にはとても参考になるのでぜひ最後までご覧ください。

 

バイナリーオプションで使われる順張りとはどういう手法なのか?

結論、順張り手法とは、トレンドにあわせて投資をする手法になります。

でも、この『トレンド』という用語はバイナリーオプション初心者の人はわかりにくいですよね。

そこで、以下の内容についてお伝えしたいと思います。

  • トレンドとは何か
  • 順張りのメリット
  • 順張りのデメリット

 

トレンドとは『相場の方向性』のこと

トレンドとは『相場の方向性』のことを意味しています。

そして、相場とはその時々の値段のこと、だと思っていただいて大丈夫です。

では、例えば下記のイラストをご覧ください。

こちらは『上昇トレンド』と言われるものです。

為替が上下に推移していますが、最終的には右肩上がりに上昇していることがわかると思います。

kinouchi
kinouchi
たしかに一定方向へ動いていますね!

 

また、『上昇トレンド』があるということは、その逆である『下降トレンド』もあります。

それが、下記のイラストになります。

つまり、トレンドには

  • 上昇
  • 下降

のトレンドがあり、または『短期』『中期』『長期』を付けて呼ぶこともあります。

kinouchi
kinouchi
そのトレンド期間の長さから、長期トレンドとか短期トレンドとか言いますよ

 

ちなみに、トレンドが起きる理由を簡単に言うと、その通貨に人気があれば上昇トレンドが発生し人気がなければ下降トレンドが発生すると理解していただいて大丈夫です。

 

そして、順張り手法にはこのトレンドが非常に重要になってきます。

 

順張り手法とはトレンドの方向に投資をすること

結論、バイナリーオプションにおける順張りの手法とは、上昇トレンドのときに『High』でエントリーし、下降トレンドのときは『Low』でエントリーする手法になります。

 

つまり、相場と同じ動きに対して同じように投資する手法になります。

これは手法は、株やFXも含めて最も基本的な取引手法となります。

kinouchi
kinouchi
相場と同じ方向にエントリーする手法なのでシンプルですね!

 

では、この基本的な手法である順張りのメリットとは何になるのでしょうか。

 

順張り手法のメリットはわかりやすさ

結論、バイナリーオプションにおける順張り手法のメリットは、なんと言ってもわかりやすさになります。

初心者の人は始めはどのように取引すれば全くわからないと思います。

 

ですが、上昇トレンドなら『High』でエントリーする。

下降トレンドなら『Low』でエントリーする、と覚えておけばとても簡単に投資することができますよね。

kinouchi
kinouchi
相場と同じ方向にエントリーするのでわかりやすい手法ですよ

 

また、トレンドと同じ方向でエントリーするという意味で、順張り手法はトレンド相場に強い投資手法である、ということが言えます。

 

ですが、当然いい面もあれば悪い面もあります。

そこで、次は順張りのデメリットについて解説したいと思います。

 

バイナリーオプションにおける順張り手法のデメリット

結論、順張り手法のデメリットは以下の2つです。

  • トレンドが終わるタイミングを判断する必要がある
  • レンジ相場で勝ちにくい

トレンドが終わるタイミングを判断することが必須

順張りのデメリット1つめ、トレンドが終わるタイミングを判断することが難しい、ということです。

その判断が間違ってしまうと、上昇トレンドが終わるタイミングで『High』でエントリーしたりします。

逆に、下降トレンドが終わるタイミングで『Low』でエントリーしてしまったり…。

 

つまり、初心者にとってはトレンドが終わるタイミングが読みにくいというデメリットがあります。

 

これをテクニカル分析等と駆使して、状況を判断するのですが初心者の人にとってはなかなかこの判断が難しいと思います。

 

順張りはレンジ相場では勝ちにくい

2つめのデメリットは、レンジ相場(またはボックス相場)と呼ばれる通貨のレートが小刻みに上がったり下がったりする相場ではなかなか勝ちにくいということです。

 

ちなみに、レンジ相場とは下記のような相場のことですね。

レートが小刻みに上下するため、上昇トレンドと思って『High』でエントリーしても、急に下降トレンドに変わったりします。

ですので、この見極めも非常に大切になってきます。

 

以上のことから、バイナリーオプション初心者の人にとっては、

  • トレンドが終わるタイミングがわかりにくい
  • レンジ相場でエントリーすると負ける可能性がある

ので、順張り手法で投資をする人はこれらの勉強が必要になります。

 

では、順張りとは逆の手法である逆張りというのがあります。

そこで、次の記事は逆張り手法について解説したいと思います。

 

バイナリーオプションで使われる逆張りとはどういう手法なのか?

ここからは順張りとは逆の逆張り手法について解説していきたいと思います。

バイナリーオプションにおける逆張りとはどのような手法になるのでしょうか。

 

逆張り手法とはトレンドの方向とは逆方向に投資すること

逆張りとはトレンドと逆方向への投資する手法になります。

 

具体的に言うと、上昇トレンドのときにテクニカル分析から得たデータを元に『これから反発して下がるな』と推測し『Low』でエントリーをします。

 

下降トレンドのときは逆に『High』でエントリーをして現在のトレンドと逆の方向にエントリーします。

つまり、トレンドとは反対側へエントリーする方法が逆張り手法になるのです。

では、この逆張りはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

ちなみに、テクニカル分析がわからない人はこちらの記事をあわせてご覧ください。

関連記事>>>バイナリーオプション攻略にテクニカル分析は必須!メリットと使い方を解説

 

バイナリーオプションの逆張り手法はレンジ相場でも勝ちやすい

先ほど順張り手法のデメリットでレンジ相場というものを解説したと思います。

レンジ相場とはレートが小刻みに上下する相場と説明しましたよね。

 

つまり、逆張り手法だとレンジ相場で上昇しているタイミングだと『Low』へエントリーすれば勝てる可能性が高くなります。

また、逆に下降しているタイミングならば『High』へエントリーすることも逆張り手法になります。

 

ただ、個人的にはエントリーするタイミングの見極めが非常に重要になりますし、むやみにレンジ相場だからと言ってエントリーするのは危険だと僕は考えています。

kinouchi
kinouchi
上昇してるから次は下がるとかはダメですよ。分析から根拠を持ってエントリーしましょう! 

 

そのタイミングを測るのが先程のテクニカル分析で活用するインジケーターと呼ばれるものです。

これを知らずしてエントリーしても絶対に勝ち続けることができないでしょう。

 

インジケーターについて知りたい人はこちらの記事も合わせて読んでみてくださいね。

関連記事>>>バイナリーオプションの始め方を7つのステップで解説!【初心者必見】

 

では、バイナリーオプションにおける逆張りのデメリット何になるのでしょうか。

 

逆張り手法のデメリットはトレンド相場に弱いこと

逆張り手法のデメリットは、トレンド相場に弱いことです。

これは僕自身も経験がありますが、本当に勝てませんし、熱くなってしまうと一気に資金を失う可能性もあると言えます。

 

具体的に言うと、逆張り手法は上昇トレンドの時に『Low』でエントリーしますよね。

ですが、その上昇トレンド終わらず、引き続き上昇トレンドを続けたりします。

そして、そろそろ上昇トレンドが終わると考え再度『Low』でエントリーします。

ですが、こちらも同じように上昇トレンドが終わらず勝てないという結果になります。

 

チャートで見るとこの⬇の部分でエントリーしてずっと上昇トレンドが続いている感じです。

kinouchi
kinouchi
よくある確実に一気に資金を失うパターンです 

 

その結果、バイナリーオプションのために用意した資金を失うことになります。

 

ですので、こういう状態に陥らないためにも、このトレンドの見極めが逆張り手法では非常に重要になります。

そのためにも、先程紹介しましたインジケーターは必須ですので、是非参考に読んでみてくださいね。

 

では、バイナリーオプションではこの順張り手法と逆張り手法ではどちらが勝ちやすいのでしょうか。

 

バイナリーオプションでは順張りと逆張りどちらの手法が勝ちやすいのか

結論、僕の見解としては逆張りが勝ちやすいと考えています。

実際僕が入っているバイナリーオプションのスクールも逆張りで教えていますし、月収1億円稼ぐバイナリーオプションのプレイヤーの方も逆張り手法でした。

関連記事>>>バイナリーオプションで稼ぐ人の月収は1億円超え!その理由を解説してみた

 

ですが、僕よりはるかに稼いでいるあるバイナリーオプションの投資家の人と話しをしたときに言われた言葉があります。

それは、『順張りとか逆張りとかのレベルでそもそも相場を考えていない』というものでした。

つまり、エントリーするポイントを見極めその相場にあった手法でエントリーしているとのことでした。

kinouchi
kinouchi
確かに手法がどうこうではなく利益を出している手法が正しいですね!

 

僕自身は逆張りトレーダーですので、これからバイナリーオプションを始めようと考えている人は逆張りから勉強することをおすすめしています。

 

ですが、どのように勉強すればわからないという人も多いと思います。

そういう人はこちらの記事に逆張りの考え方をまとめていますので、この記事と合わせて読んでみてくださいね。

関連記事>>>バイナリーオプションは逆張りで勝てる!?初心者が注意する点とは?

 

まとめ:バイナリーオプションの投資手法は順張りでも逆張りでも利益を出している手法が正しい手法

今回はバイナリーオプションにおける順張り手法と逆張り手法の違い、そしてどちらが勝ちやすのか僕の考えを書いてみました。

まとめると、

この記事のまとめ
  • 順張りのメリットはトレンド相場に強い
  • 順張りのデメリットはレンジ相場に弱い
  • 逆張りのメリットはレンジ相場に強い
  • 逆張りのデメリットはトレンド相場に弱い
  • 個人的には逆張り手法が勝ちやすいと考えている
  • 利益を出した手法がその相場では正しい手法である

ということになります。

 

バイナリーオプションは簡単に勝てる投資ではないので、コツコツ勉強を続けてくださいね。

 

ちなみに、僕自身はバイナリーオプションをおすすめしていますが、それと同時にバイナリーオプションの怖さについても知って欲しいと考えています。

 

なぜなら、短時間で資金を増やすことも出来る半面、同じように短時間で簡単に資金を溶かしてしまうこともあるからですね。

 

ですので、バイナリーオプションの手法を勉強するのと同時に、バイナリーオプションのデメリットについて合わせて読んで勉強しておくことをおすすめします。

関連記事>>>バイナリーオプションのデメリットとは?初心者にわかりやすく解説!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。