バイナリーオプションは危険がいっぱい?そのリスクと回避方法を解説!

バイナリーオプション投資は危険がいっぱい!?そのリスクと回避方法とは?

この記事は2020年7月12日に加筆・修正しております。

質問者
バイナリーオプションは危険だということをよく見かけますが、本当に危険なのでしょうか。そして、もし危険であるならどのようにすればリスク回避をすればいいのでしょうか。

このようなお悩みに回答しています。

 

この記事の内容は以下の通りです。

  • バイナリーオプションのリスク
  • リスクと回避方法
  • バイナリーオプション初心者がよくする間違い

この記事を書いている人。

元サラリーマン。34歳で独立したのち、ゲストハウス、投資、ブログなどから収入を得ています。

投資はバイナリーオプション以外に不動産投資、太陽光投資も行っています。

 

今回はバイナリーオプションのリスクやその回避方法について解説していきます。

投資の1つであるバイナリーオプション。

最近はその認知度がどんどん高まってきましたね。

 

ですが、安易に手を出して『大切な資金を無駄にしてしまった』という声も同時に聞こえてきます。

もちろん、僕も大損した経験もあります。

 

そこで、今回はバイナリーオプションのリスクを認識し失敗をしないために実体験から得た内容をまとめてみました。

 

結論から書くと、バイナリーオプションは以下ような考えの人にとってはリスクが高まり危険です。

  • 一喜一憂し感情的になる人にとってはリスクが高い
  • 勘に頼った投資をしているうちは必ず負ける
  • 適当に選ぶ証券会社を選んでしまった人

 

様々な情報をまとめていますので、バイナリーオプションが初めての人だけではなく、すでに実践している人も最後まで読んで欲しいと思います。

 

バイナリーオプションは危険!そのリスクと回避方法とは?

結論、バイナリーオプションはリスクがあり危険です。

そのため、そのリスクを認識していないと大きな損失がでます。

 

そこでまずは、バイナリーオプションのリスクとは何か?について解説していきます。

  • 投資した金額が一気になくなってしまう
  • 取引方法によってはテクニカル分析が活用しにくい
  • 1勝1負では損失が出る投資となる
  • 証券会社によっては出金に応じない

 

これからバイナリーオプションの様々なリスクを紹介します。怖がらずに『事前にリスクを知ることができれば対策ができる』と考えしっかり勉強して欲しいと思います。

 

リスク1:投資で熱くなる人は高リスク!一気に資金を失いやすい

この説明をする前に、少しバイナリーオプションの特徴を伝えますね。

  • 短時間で取引が終わる
  • 1回ごとの損失が事前にわかっている

ということです。

 

短時間で終わる取引で尚且つ事前に損失がわかっているから、損失を計算して”何回でもトライすることができる”というのがバイナリーオプションの特徴の1つです。

 

だから、負けてしまってそれを取り返そうと次の取引で2倍の資金を突っ込む人もいる。

・・・僕のことです。

ダメですね。

全然ダメダメ。

詳しくは『バイナリーオプションで大損した場合の立ち直り方とは?【経験談】』をご覧ください。

 

人間ですから熱くなって負けを一気に取り戻そうとしてしまいます。

この負けたら取り返したいという気持ちは少しはわかってくれますよね。

だから、僕は順調に勝っていた資金を一気に失いました。

 

つまり、熱くなりやすい人にとっては高リスクとなるため、バイナリーオプションに向いていないということになります。

 

また、もう1つの特徴として、バイナリーオプションは投資した金額が負ければ0になるため、これもリスクとして考えることができます。

どういうことか説明しますね。

 

例えば株やFXをイメージしてみてください。

1万円を払って購入した通貨の価値が下がって9000円になったとします。

それでも売れば1000円の損失はありますが、9000円は手元に残りますよね。

 

でも、バイナリーオプションは投資した金額は負けると0になるという非常にシンプルなルールがあります。

つまり、5000円投資した場合、負けると5000円が0円になるということです。

 

だからこそ、感情的になって金額を突っ込む人は資金を溶かしてしまうのです。

ですので、人の性格によって多少違いますがこの投資金額が0円になってしまうこともリスクと考えることができます。

 

リスク2:取引方法によってはテクニカル分析が効きにくいためリスクとなりやすい

投資を志した人なら1度は聞いたことがありますよね、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析という2つの分析方法。

 

すごく簡単にまとめると、

  • テクニカル分析・・・過去の経験から将来を予測して投資する方法
  • ファンダメンタルズ分析・・・現在の情報から将来を予測して投資する方法

となります。

テクニカル分析とは?>>>バイナリーオプション攻略にはテクニカル分析が必須!【メリットと使い方】

 

そして、テクニカル分析は短期取引に有効でファンダメンタルズ分析は長期取引に有効と言われています。

ですが、バイナリーオプションは基本的に短期取引がメインの投資になります。

 

早い投資スタイルを選択すると30秒で1回の取引が終わるというのもあります。

僕は平均10分〜15分でのエントリーが多いです。

 

つまり、ファンダメンタルズ分析は指標の確認等に使いますが、取引の基本はテクニカル分析を多用します。

 

ですが、その30秒での取引方法を選択すると、テクニカル分析が他の取引方法と比較すると効きにくいっていうリスクはあります。

ただ、効きにくいって聞くと『じゃあ勉強しなくてもいいじゃない?』と考えている人は、間違いなくこの投資の世界では生き残っていけません。

 

断言します。

 

しっかりと両方の分析を行い、さらに『なぜ勝つことができたのか』『なぜ負けてしまったのか』をしっかりと分析をすることが勝ち続けるためには必要です。

※理由は後述しています。

 

リスク3:バイナリーオプションは勝率が重要!1勝1負では損失が出る

ペイアウト率という言葉は投資に関わっていない人にとってはあまり聞き慣れない言葉だと思います。

そして、このペイアウト率もバイナリーオプションの1つのデメリットになります。

 

ちなみに、ペイアウトとは利益の払い戻しのこと。

ペイアウト率について詳しく知りたい人は『バイナリーオプションの口座を適当に選ぶと大損する可能性あり!?』をご覧ください。

 

上記の画像では投資金額の1.88倍の払い戻しが受けれるということになります。

では、実際この数字を用いて計算してみましょう。

 

例えば、5000円を投資したとします。

  • 5000円 X 1.88=9400円(払い戻し額)
  • 9400円(払い戻し額)ー5000円(投資金額)=4400円(利益)

ということになります。

 

ですが、1回勝てば4400円の利益を受けることができますが、1回負ければ5000円の損失がでます。

だから、1勝1負では勝ち続けることができないという意味がわかっていただけたと思います。

 

常に勝率にこだわって投資をすることをおすすめします。

 

リスク4:出金に応じない証券会社がいるとの報告あり

この出金に応じない業者というのが、バイナリーオプションの中で最もリスクが高いです。

幸い僕が使っている証券会社はそんなことないですが、やはり色々な業者がいるんですね。

 

一生懸命取引してやっとの思いで手に入れた利益を引き出すことができないなんて・・・。

考えただけでもゾッとします。

 

実際2014年の資料ですが、相談件数も増えています。

この業者問題も大きなリスクと言えますね。

詐欺業者を選んでしまうと、利益だけでなく元金も返ってこない。

 

つまり、あなたにとってメリットがなくなります。

0です、0。

いや、元金が戻ってくれば0ですが、元金も出金できないとなるとマイナスにしかなりません。

十分注意が必要です。

 

こちらは僕が使っている証券会社になり、ペイアウト率も高く出金は問題なくできるのでおすすめです。

 

口座開設がまだの人へ!バイナリーのおすすめ証券会社はコチラです

では、これらのバイナリーオプションのリスクにどのように対応していけばいいのでしょうか。

この次の記事では、僕の経験上これらのリスクに対して有効なものや効果があった方法をまとめてみました。

 

バイナリーオプションのリスクを回避する4つの方法

先程は、バイナリーオプションの様々なリスクを指摘してきました。

今からお伝えする内容は、『リスクを知っているからこそ対策ができる』と考えてもらったらわかりやすいかもしれませんね。

 

どういうことかというと、スポーツをイメージしてみてください。

例えばサッカー。

サッカーでは相手チームの分析をしますよね。

 

相手チームの強みや弱点など、得点パターンや失点パターンなど。

そのためには、相手チームの情報が必要。

なぜなら、情報がないと対策のしようがないから。

 

バイナリーオプションも基本的な考え方は同じです。

今まであなたに伝えてきたのはバイナリーオプションのリスク。

 

そして、以下がバイナリーオプションのリスクへの対策となります。

  • リスク回避にはマイルールが不可欠
  • ペイアウト率について詳しくなる
  • 証券会社は登録業者を選ぶ
  • 学び続けることが重要と認識する

では、早速その方法について書いていきたいと思います。

 

対策1:リスク回避のため勉強と経験からあなた自身のルールを作る

あなた自身の取引ルールを作り、それを徹底しましょう。

熱くなって資金を溶かしてしまう人には絶対これがおすすめです。

もちろん、僕も負けてしまってからは作るようにしてPCの横に貼り付けています。

 

実際僕が決めているルールの一部を公開しますね。

  • 投資は余剰資金で行う
  • 1回の投資は口座に入っている資金の5%以下
  • 時間帯によって投資する通貨を変えること
  • 投資初心者こそ守破離を徹底する

などです。

 

あなたも勉強や取引していると様々な情報に触れると思います。

それを冷静にテクニカル分析を駆使して分析するのですが、その基準でエントリーするかどうかはあなた自身が最終判断をくださなければなりません。

 

そこに、感情が入ってしまうと私の経験上上手くいく確率が少なくなってしまいます。

だからこそ、客観的に自分を律するルールを作りましょう。

それが、あなた自身を助けてくれます。

 

対策2:ペイアウト率は取引業者によって違うことを認識する

同じ取引をするなら、より多くの収益を得たいと考えていますよね。

僕はそう考えています。

 

だから、取引業者の選定には十分注意が必要かなと。なぜなら、ペイアウト率は証券会社によって違うからですね。

以下を比較してみましょう。

 

ペイアウト率1.88倍の証券会社場合。

  • 5000円(投資金額) X 1.88(ペイアウト率)=9400円(払い戻し額)
  • 9400円(払い戻し額)ー5000円(投資金額)=4400円(利益)

ペイアウト率1.6倍の証券会社の場合。

  • 5000円(投資金額) X 1.6(ペイアウト率)= 8000円(払い戻し額)
  • 8000円(払い戻し額)ー5000円(投資金額)=3000円(利益)

比較すると全く同じ取引でも1400円もの利益の差が生まれます。

 

今回の投資金額は5000円でしたが、1万円を投資した場合は以下の内容になります。

  • 1万円(投資金額) X 1.6(ペイアウト率)= 16000円(払い戻し金額)
  • 1万円(投資金額) X 1.88(ペイアウト率)= 18800円(払い戻し金額)

つまり、その差2800円。同じ取引をしてもですよ。

 

これが、1回、2回、3回・・・と増えていけばどうでしょう。

1ヶ月単位で考えてると大きな利益の損失になるのではないでしょうか。

 

しっかりと分析をして勝率を上げることが大前提ですが、取引業者を選定しペイアウト率にもこだわってみるとより大きな利益が残せます。

 

対策3:出金問題は登録している業者を選ぶことで解決する

世の中には悪徳業者が存在します。

そして、このバイナリーオプションの業界にも。

 

今から悪徳業者の特徴を書いておきますので参考にしてみてくださいね。

  • 公式サイトに経営に関する記述がない/あまりにも少ない
  • 公式サイトに経営者について書かれている記述がない
  • 企業情報に必須である会社の住所が不明瞭
  • 海外サイトなのに、日本以外と取引していないような感じがする
  • 金融商品取引業の登録手続きをしていない

など。

 

特に最後に書いた『金融商品取引業の登録手続きをしていない』という業者には最大限の注意が必要です。

それさえすれば、詐欺に合う確率はぐっと減るでしょう。

 

どの証券会社に口座を開設しようか不安な方は僕も使っているハイローの口座がおすすめです。

口座開設がまだの人へ!バイナリーのおすすめ証券会社はコチラです

 

対策4:投資初心者こそ守破離を徹底する

スポーツの世界に例えるとどんなに超一流の選手でもコーチがいる。

プロ野球の選手でもコーチがいるし、プロテニス界でも当然コーチがいる。

 

つまり、現在の一流のプレイヤーでも常に学び続け自分をより良い道へ指導してくれる人がいるということになります。

 

でも、バイナリーオプションを含む投資に限ってはネット上や本などに様々な情報が溢れているので、比較的1人で始めやすかったりします。

そして、運良く勝てることも実際あります。

 

でも、それは運で勝っているのであって実力で勝っているのではないため、やはり長続きすることはありません。

だからこそ、変なクセや考え方が付く前にしっかり学ぶことが大切です。

 

そこで、おすすめなのは『守破離』を守るということです。

守破離を簡単にまとめると、

  • 守・・・先生の教えを守り基本的な型を身につける
  • 破・・・先生の型を守りつつ他の流儀の型も取り入れてアレンジしていく
  • 離・・・アレンジして自分の型を完成させさらに飛躍させる

ということになります。

 

だからこそ、良い先生がいれば教えてもらう。

有益なブログは徹底的に読み込む。

良い書籍に投資手法が書いているのであれば、徹底的に真似てみることをおすすめします。

ちなみに、初心者の人はこちらの本で学ぶことをおすすめします。

created by Rinker
¥1,540 (2020/08/10 07:41:37時点 Amazon調べ-詳細)

この2冊はバイナリーオプションを含む投資全般のことについて書いているので、ぜひ購入し読んで勉強してください。

また、こちらの記事も参考になると思います。『バイナリーオプション入門!初心者がまず勉強するべき3つのポイントとは?』もご覧ください。

 

ただ、先生を見つけ学ぶときに1つ注意するべき点があります。

それは、『その人が稼いでいる』というよりも『その人が教えた人が稼いでいる』ということを見極めるのがいい先生の基準となります。

 

この投資の世界では弱い人を騙して平気で高額な塾に入会させようとしたり、勝てないツールを販売する人がいます。

 

知識がないと簡単に騙されます。ですので、まずは自分ができる範囲で自分で勉強して学び、その学びから知識と経験を身につけることをおすすめします。

 

ちなみに、『ツールって何?』という人は『バイナリーオプションのサインツールは詐欺!?利益を計算すると・・』をご覧ください。

 

初心者こそ勉強し守破離を徹底しましょう。

 

リスクだらけ!バイナリーオプション初心者がよくする共通の間違い

バイナリーオプションを始めた初心者の人がよくする『共通の間違い』を紹介しておきます。

結論は、以下の通りです。

  • バイナリーオプションの勉強をせずいきなり運任せで始める

 

バイナリー初心者が自らとるリスク:何も勉強せず運任せで取引を始める

バイナリーオプションを始めるということは、当然資金を増やしたくて始めますよね。

でも、現実はそのほとんどの初心者の人が想いとは逆に資金を溶かしてしまいます。

 

つまり、知らないうちに自らリスクを取っているということに・・・。

では、なぜ簡単に資金を失ってしまうのか。それは、『何も勉強せず運任せでバイナリーオプション取引に挑戦しているから』です。

これは本当に資金を溶かしてしまう人に見られる共通点です。

 

ただ、いきなりバイナリーオプションの話しを例に出すとわかりにくいので、身近な習い事を例にあげて説明したいと思います。

 

例えば、あなたは野球が好きでうまくなりたいと考えていたとします。

その場合、どこかのチームに所属してコーチに習ったりしてコツコツ練習しますよね。

そのコーチや自分より上手な人からの教えを繰り返し身体に叩き込んで、試合で結果を出していく。

 

趣味で始める野球でさえ人に習ったりします。

 

でも、金銭的な損をするかもしれない投資を勉強せず運だけで始める。

お金を稼ぐという目的があるのにもかかわらず、、、です。

 

つまり、これを野球で例えると、ルールも知らないのに試合に臨んでしまうようなもの。

こんな状態で試合は勝てるでしょうか。

まず勝てないですよね。

 

もちろん、バイナリーオプションのビギナーズラックでお金を得ている人がいるのも事実です。

ですが、そのビギナーズラックは続かず、僕が知っている人だと運任せで取引をしている人は100%資金を溶かしています。

 

だからこそ、勉強する必要があるということを覚えておいて欲しいと思います。

勉強して確実に知識をためていく方が遠回りのように見えますが運で取引するよりは確実です。

 

また、こちらの『バイナリーオプションで全然勝てない人へ!負ける人の8個の共通点とは?』バイナリーオプション投資で失敗する人の特徴をより詳しくまとめています。

具体的な内容に言及していますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

ただ、このように書くと『じゃあ独学で勉強しても結果を出すことはできないのか?』という疑問を持つ人も多いと思います。

結論は、僕の経験上バイナリーオプションを独学で始めて結果を出している人もいます。

 

ただ、独学で成功している人には以下の3つの共通点があります。

  • 豊富な資金がある
  • 過去の失敗を分析できる
  • 自ら創意工夫できる

では、1つ1つ解説したいと思います。

 

独学でもバイナリーオプション投資が上手く人の3つの共通点

最後に、上手くリスクを回避して独学でもバイナリーオプションで結果を残している人の共通点をお伝えしたいと思います。

 

何度失敗しても立ち上がることができる資金がある人

投資とは本来余裕資金で行うものです。

もし、あなたがなけなしのお金で投資をしていれば、早く利益を出したいと考えてしまうと、明らかにおかしいタイミングでエントリーしてしまうでしょう。

 

そうすれば、当然負けてしまいます。

 

負けて冷静になったとしても、投資することができるタネ銭がなくなってしまっては、当然投資を継続することができません。

ですので、独学で成功する人は前提としてまとまった資金がある人が多いと言えるでしょう。

 

過去の投資を振り返りその失敗を分析できる人

同じ失敗をする人も資金を溶かしてしまう人に多い傾向です。

バイナリーオプションを含む投資は、僕の経験上100回エントリーして100回全て勝つことはできません。

 

つまり、勝率100%などありえません。必ず負けてしまう事実があります。

 

だからこそ、その負けを分析することが重要になります。

そして、その時に大切なことは分析を数値化して行うということです。

漠然と分析をするのではなく、必ず数値化して物事を見るようにしましょう。

 

そうすることによって、より正確な分析を行うことができます。

ただし、独学であればその分析方法も自分で考えなければなりません。

 

ネットで調べたり本を買ってきて読んで試しますが、それがあっているかどうかエントリーしながら少しづつ修正していく必要があります。

 

先生についていれば5分で終わる話も、自分で調べて答えを出すため数時間、または数日かかる人もいるでしょう。

ですので、自分で根気よく過去の失敗を分析できる人は独学でも勝つ可能性が高くなります。

 

リスク回避のため自分で創意工夫ができる人

分析から自分の取引手法を確立し、それを改善していく人は利益を得やすいという共通点があります。

 

どんな仕事でも結局指示待ち人間は成長しません。

いや、成長したとしてもそのスピードが非常に遅く、ある一定のレベルでストップしてしまいまうす。

 

自ら開拓して試してみる。

このチャレンジャー精神こそが独学でも素晴らしい投資家になるための方法の1つです。

先程紹介した自分のルールを作ることができる人もこの項目にあてはまります。

 

失敗をおそれず常に過去の分析から自分の取引をより向上させていくことをおすすめします。

 

まとめ:バイナリーオプションはリスクもあるが回避方法もある

バイナリーオプションのリスクとその回避方法について解説してみました。

『やっぱり危険』『対策をすればそうでもないかな』と意見は分かれそうですね。

 

今回の内容をまとめると、

  • バイナリーオプションはリスクは必ず存在する
  • 感情的になる人は資金を失いやすい傾向がある
  • 勉強・分析をせず運任せで取引している人は100%負ける
  • ペイアウト率を含む証券口座問題は信頼ができる会社を選ぶ
  • リスクは高いが対策方法もある
  • 勝ち続けている人は資金が豊富で必死で努力している

ということになると思います。

 

バイナリーオプションは簡単で比較的始めやすい投資の1つではあります。

ですが、これだけは覚えておいてください。

 

そもそも投資というのに安全なものなどないということを。

そんな投資があったらみんなしてますよね。

 

だからこそ、投資家達はリスクを知って分析をし対策を編み出し検証して少しでも勝率を上げる努力をしているのです。

ぜひ、勉強・分析を頑張って欲しいと思います。

 

そして、くれぐれも豊富な資金がない人はバイナリーオプションに挑戦することはやめましょう!

まずは本業で稼いでからですよ。

 

今回は、バイナリーオプションの投資とそのリスク回避の方法についてお伝えしました。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です