バイナリーオプションの用語は複雑!?初心者にわかりやすく解説してみた!

バイナリーオプションの用語は複雑!?初心者にわかりやすく解説してみた!

最近よくバイナリーオプションを始めたいと相談を受けます。

そして、そのほとんどが初心者の方が多いです。

 

個別に質問に答えても大丈夫なのですが、人数が多くなってくるとどうしてもそういうわけにはいきません。

ですので、今回はバイナリーオプションの基本的な専門用語を初心者の人たち用にまとめてみました。

 

『そもそも話している単語がわからない』ってなってしまうとなかなか次のステップに進まないですからね。

是非最後まで読んで最低限の言葉を理解するようにしましょう。

 

お好きな場所からどうぞ!

初心者のためのバイナリーオプション専門用語一覧

バイナリーオプションの言葉ってネットで調べても難しい専門的な言葉で書かれていて、イマイチ理解できたような出来ていないような気になりませんか。

 

僕はなります(笑)

事実そうでした・・・。

だって、すごくわかりにくいですよね。

 

だからこそ、初心者のときに『もっとわかりやすい用語集があればな・・・』と考えていました。

ですので、バイナリーオプションで頻繁に使う言葉を初心者目線でわかりやすく解釈を付けてみました。

※あいうえお順で並んでます。

 

インジケータ

インジケータ(indicator)とは『指標』や『指示器』などと言う意味を持つ英単語です。

FXやバイナリーオプションの業界では『売買判断をより助けるために、為替レートのデータを加工して分析し新たに数字を足したもの』という意味になります。

 

では、そのインジケータにはどんな種類があるのでしょうか。

それを解説していきたいと思います。

 

インジケータの種類は3種類ある

インジケータは大きく分けて3つの種類に分かれます。

  • オシレーター系
  • トレンド系
  • オシレーター系とトレンド形のミックス

です。

 

オシレーター系の特徴は高値警戒や安値警戒を示唆してくれるもの

それぞれのインジケータには、得意な相場と不得意な相場があります。

オシレーター系の得意な相場とは、トレンド相場以外の相場になります。

つまり、レンジ相場ということになります。

 

レンジ相場とは、価格がある一定の幅で上下する相場のことを言います。

呼び方は他に

  • ボックス相場
  • もみあい相場

などとも呼ばれています。

 

また、オシレーター系は逆張りのタイミングを示してくれます。

僕の投資手法は逆張りなので、よく重宝しています。

 

トレンド系の特徴は現在の相場の流れを示唆してくれる

トレンド系のインジケータはトレンド相場で活躍します。

トレンド相場とは、『チャートが一定方向(上昇または下降)に動いている時のこと』を言います。

こんな感じ。

そして、トレンド系のインジケータが示唆してくれる内容は次の通りです。

  • 『現在相場の方向が一定方向に動いているよ』

ということですね。

 

つまり、順張りの手法の方はよく使うと言われております。

 

インジケーターのメリットは売買のタイミングがわかること

インジケーターを使用することで売るタイミングと買うタイミングが明確に分かるようになります。

例えば、その1つが移動平均線ででよく言われる『ゴールデンクロス』です。

 

ゴールデンクロスとは、短い期間の移動平均線が長い期間の移動平均線を、下から上へ追い抜いてたら買いシグナルになります。

ただ、1つだけの情報を鵜呑みにするのでなく、様々なインジケータの指標から売買の判断をする必要があります。

 

インジケーターのデメリットは(ネット環境が悪いと)実際の値動きよりも遅れることがある

買いシグナルや売りシグナルが為替などの実際の動きと比較して若干遅れてれ出てしまうということと言われています。

 

特にネット環境が悪い場合はこの指標に従うと売買するタイミングが遅れてしまうため、非常に危険です。

その結果、かなり高い確率で負けてしまう可能性があります。

 

ですので、ネット回線は最速の回線、PCのスペックも最低限はクリアするものを利用することをおすすめします。

ちなみに、PCのスペックはこちらの記事が参考になると思います。

バイナリーオプション入門!トレードに最低限必要なPCスペックとは?

 

MT4(エムティーフォー)

MT4とはソフトウェアの名前になります。

正式名称は『Meta Trader4』と言い、ロシアの『Meta Quotes Software社(メタクォーツソフトウェア社)』が取引を行うために開発した非常に人気があるソフトウェアのこと。

 

発売は2005年で、現在では750社以上の金融機関に採用されていると言われています。

 

勝率

バイナリーオプションにおける勝率の求め方は以下の計算式で出します。

  • %で表記するには『勝った回数÷エントリー回数×100』

です。

例えば、10回エントリーして5回勝ったとします。

それを計算式に当てはめると、5÷10×100=50%になり、これが勝率になります。

 

損益分岐勝点・・・利益になるか損失になるかを示したポイント

損益分岐点とは、wikipediaでは以下にように説明されていました。

売上高と費用の額がちょうど等しくなる売上高または販売数量を指す。

前者を損益分岐点売上高といい、後者を損益分岐点販売数量という。

単に損益分岐点と言った場合、管理会計では前者を指し、経営工学では後者を指すことが多い。

売上高が損益分岐点以下に留まれば損失が生じ、それ以上になれば利益が生じる。

このことから採算点とも呼ばれる。

引用元:wikipedia

簡単に言うと、このラインを超えると利益が出ますよ。

このラインより下回れば赤字になりますよという点です。

 

また、この損益分岐点は『ペイアウト率と勝率』を使って求めます。

※ペイアウト率は後ほど後述しています。

先に『ペイアウト率とは何か知りたい!』という人は下記からご覧いただけます。

ペイアウト率とは?

 

わかりやすく説明するために、以下の条件で計算してみます。

  • ペイアウト率が1.7倍(170%)
  • その損益分岐点をPとする

 

その場合、損益分岐点Pの考え方は以下の計算式で求めることができます。

  • ペイアウト率(%)×(P÷100)-100×(1-(P÷100))=0

 

となるのですが・・・難しそうですよね。

 

1つ1つ計算してみますね。

では、数字を入れてみます。

  • 70 ×(P÷100)- 100×(1-(P÷100))=0

を求めると58.8235294%となります。

 

つまり、小数点2以下を切り捨てると勝率58.82%となります。

ですので、ペイアウト1.7倍の時の勝率は58.82%以上の勝率が必須になり、それ以下だとお金を失います。

 

ちなみに、計算方法は以下の通りで求めました。

(P÷100)= Aと置きました。

すると、70A ー 100 X(1ーA)=0となります。

そして、両辺にー100をかけます。

70A ー 100+100A=0。

 

そして、Aについてとめると、170Aー100=0になります。

ー100を=側に持っていきます。

170A=100

10で両辺を割ると17A = 10

 

ここで、Aに(p÷100)を入れます。

17(p ÷ 100)= 10

100分の17p= 10

17P =1000

 

1000÷17を計算するとP = 58.8235294となります。

こんなところで学生の時に勉強した数学がわかるなんて。

計算式が間違ってたら指摘くださいね。

訂正したいと思います。

 

ペイアウト率と勝率をまとめた表

バイナリーオプションの用語は複雑!?初心者にわかりやすく解説してみた!

実は、この計算式はすでに表ができていて下記がペイアウトと勝率の一覧表になります。

 

ペイアウト率(%) 勝率
110 90.91
120 83.83
130 76.92
140 71.43
150 66.67
160 62.5
170 58.82
180 55.56
190 52.63
200 50

 

確かにこの表があれば問題ないかもしれません。

ですが、バイナリーオプションに限らず経営者としての能力を高めるためにも、自分のビジネスの損益分岐点を計算できるようにしておくといいでしょう。

 

テクニカル分析・・・直近の未来を推測する分析

テクニカル分析とは以下の内容になります。

  • 『過去のチャートからトレンドやパターンなどを分析しこれからの株価や為替の動きを予測する方法』

です。

 

より簡単にまとめると、過去のチャートを参考に直近の未来の価格を推測する分析になります。

 

そして、テクニカル分析と並んでもう1つ重要な分析方法があります。

 

それは、『ファンダメンタルズ分析』になります。

ファンダメンタルズ分析は主にテクニカル分析と比較して中長期の視点での分析方法になります。

 

ですので、あくまでもバイナリーオプションに関して言うと、僕はテクニカル分析を重宝しています。

でも、決してファンダメンタルズ分析の勉強をしなくていいということではないので、テクニカル分析と同様に勉強することをおすすめします。

 

日本時間・・・世界3大市場の時間の1つ

為替の市場に大きな影響力を与えている世界3大市場は以下の3つです。

  • 東京(日本)
  • ロンドン(イギリス)
  • ニューヨーク(アメリカ)

です。

 

その東京市場の時間帯のことでその時間は以下の通りです。

  • 9時〜18時

です。

 

ちなみに、ロンドン時間以下の通りです。

  • 18時〜3時(夏時間は17時~2時)、

です。

 

ニューヨーク時間は以下の通りです。

  • 23時~8時(夏時間は22時~7時)

になります。

 

この3大市場が開いている時間帯はバイナリーオプションの取引も頻繁に行われます。

その結果、流動性が高くレートが大きく上下する時間帯とも言われています。

したがって、一般的には勝ちやすい時間帯と言われています。

 

取引時間についてより詳しい説明はこの記事に書いているのであわせてご覧ください。

バイナリーオプションでエントリーを避けるべき時間帯を解説!

 

バイナリーオプション・・・上がるか下がるかを予測する投資

まずはバイナリーオプションの意味を説明しますね。

  • バイナリ(binary)・・・2進法
  • オプション(option)・・・権利

2進法とは数字の『0』または『1』を使って表す表記方法になります。

つまり、『2択』ということを意味しています。

 

オプションは『権利』という意味なので、その権利を売買することになります。

そして、このオプションを売買することを『オプション取引』といいます。

 

ちなみに、オプション取引の意味を書くと以下のようになります。

  • 予めすでに決められている期日に
  • 特定の商品を
  • 現在の時点で決めた『価格』で『売買』する

というもの。

 

ややこしいですよね(笑)

簡単にまとめると、バイナリーオプションとは『すでに決まっているタイミング』で、その通貨が『上がるか』『下がるか』の2択のうちどちらかを選択する投資ということになります。

 

詳しくは武井壮さんがTVでバイナリーオプションに挑戦していた実際の取引動画があるので、これを参考にして見てくださいね。

 

ニューヨーク時間・・・取引時間のこと

為替の市場に大きな影響力を与えている東京市場、ロンドン市場と並ぶ世界3大市場の1つ。

その時間帯はこちらです。

  • 23時~8時(夏時間は22時~7時)

です。

詳しくは日本時間を参考のために見てくださいね。

 

ペイアウト率・・・払い戻し額のこと

まず、ペイアウト率の意味をお伝えする前に、そもそも『ペイアウトとは何か』という点について、辞書で調べてみました。

 

すると、ペイアウトは以下のような意味があります。

  • 利益の払い戻しのこと

 

バイナリーオプション投資の取引は、あらかじめ決めた判定時刻になったら自動的に勝ち負けが判断されることでしたよね。

つまり、判定が起こり、自動的に支払われる額がペイアウトということになります。

 

そして、その支払われる額の率をペイアウト率と呼びます。

この漢字の『率』という意味は、『一つの物事が全体に対して占める割合』という意味があります。

 

つまり、『あなたがベットした金額に対してどれぐらいの割合で支払われるか示した値』になります。

では、そのペイアウト率とは誰が決めるのでしょうか。

そして、その数字は全て一定なのでしょうか。

 

ペイアウト率は証券会社によって違う

ペイアウト率はバイナリーオプションの証券会社によって違います。

つまり、ペイアウト率が高い証券会社の口座を作成しておかないと大きな損をする可能性があるということになります。

 

具体的な数字を用いての計算はこのあとしますが、非常に重要なことですので、必ず覚えておくようにしましょう。

 

以前人気口座のペイアウト率の比較をこの記事で説明したので、詳しく知りたいかたはこちらの記事も合わせて読むことをおすすめします。

 

ではこの次の記事で、バイナリーオプションにおけるペイアウト率の違いがどのように利益に直結するのか具体的な数字を用いて解説したいと思います。

 

ペイアウト率による利益の違い

ペイアウト率は証券会社によって違うということはお伝えしましたよね。

では、どれぐらい利益が変わってくるのか説明したいと思います。

 

ペイアウト率150%〜200%までの数字を比較しますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

ペイアウト率150%の場合の利益はこちら

  • ペイアウト率150%
  • エントリー金額:1000円

 

1000円(エントリー金額)x 1.5(ペイアウト率)=1500円(ペイアウト額=払い戻し金額)

1500円(ペイアウト金額)ー 1000円(エントリー金額)=500円

 

つまり、ペイアウト率150%の場合は1000円でエントリーすると500円の利益を得ることができます。

では、この数字のエントリー金額を変化すると、利益はどのように変化するか計算してみました。

 

  • エントリー金額1000円の場合:利益500円
  • 2000円:1000円
  • 3000円:1500円
  • 5000円:2500円
  • 10000円:5000円
  • 20000円:10000円
  • 50000円:25000円
  • 100000円:50000円

というように利益が変化していきます。

 

では、続いてペイアウト率160%の場合を見てみましょう。

 

ペイアウト率160%の場合の利益はこちら

  • ペイアウト率160%
  • エントリー金額:1000円

 

1000円(エントリー金額)x 1.6(ペイアウト率)=1600円(ペイアウト額=払い戻し金額)

1600円(ペイアウト金額)ー 1000円(エントリー金額)=600円

 

先程のペイアウト率150%と比較して100円利益が多くなっているのがわかると思います。

 

では、こちらもどのように利益が変化していくか計算してみてました。

  • エントリー金額1000円の場合:利益600円
  • 2000円:1200円
  • 3000円:1800円
  • 5000円:3000円
  • 10000円:6000円
  • 20000円:12000円
  • 50000円:30000円
  • 100000円:60000円

 

10万円とかの数字をエントリーすると、一気に1万円の利益の差が出ますね。

では、続いてペイアウト率170%で計算したのでご覧ください。

 

ペイアウト率170%の場合の利益はこちら

  • ペイアウト率170%
  • エントリー金額:1000円

 

1000円(エントリー金額)x 1.7(ペイアウト率)=1700円(ペイアウト額=払い戻し金額)

1700円(ペイアウト金額)ー 1000円(エントリー金額)=700円

ペイアウト率150%と比べると200円利益が多くなってますね。

 

そうなんです。

バイナリーオプションで同じ取引をしたとしても、ペイアウト率が違うだけで利益が大きく変わってくるのです。

 

では、そのペイアウト率170%での数字の変化は以下の通りになります。

  • エントリー金額1000円の場合:利益700円
  • 2000円:1400円
  • 3000円:2100円
  • 5000円:3500円
  • 10000円:7000円
  • 20000円:14000円
  • 50000円:35000円
  • 100000円:70000円

 

ペイアウト率150%と比較すると、10万円の取引では2万円もの利益の差がつきましたね。

だからこそ、ペイアウト率にこだわる必要があるとわかっていただけたと思います。

 

同じようにペイアウト率180%〜200%まで計算してみましたので、是非比較してみてください。

 

ペイアウト率180%の場合

  • エントリー金額1000円の場合:利益800円
  • 2000円:1600円
  • 3000円:2400円
  • 5000円:4000円
  • 10000円:8000円
  • 20000円:16000円
  • 50000円:40000円
  • 100000円:80000円

 

ペイアウト率190%の場合

  • エントリー金額1000円の場合:利益900円
  • 2000円:1800円
  • 3000円:2700円
  • 5000円:4500円
  • 10000円:9000円
  • 20000円:18000円
  • 50000円:45000円
  • 100000円:90000円

 

ペイアウト率200%の場合

  • エントリー金額1000円の場合:利益1000円
  • 2000円:2000円
  • 3000円:3000円
  • 5000円:5000円
  • 10000円:10000円
  • 20000円:20000円
  • 50000円:50000円
  • 100000円:100000円

 

いかがでしょうか。

150%と比較すると、いかにペイアウト率が重要かわかっていただけたと思います。

だからこそ、バイナリーオプションの口座はどこの証券会社で開設するか非常に重要なのです。

 

ただ、このように考える人もいます。

私なんて1度のエントリーで10万円もベットしない』と。

だからペイアウト率はあまり気にしない』と。

 

一般的な会社員の人で10万円を一度にベットするのは確かにありませんし、その感覚は間違いないと思います。

ただ、この利益の差は『累計』ということも覚えて欲しいと思います。

 

ボリンジャーバンド

移動平均線の上下に値動きの予測変動幅(バンド)を設けた指標のこと。

1980年にジョン・ボリンジャー氏が考案した手法で、統計学を駆使したテクニカル指標の1つ。

『価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる』というのが見解。

 

ロンドン時間

為替の市場に大きな影響力を与えている東京市場、ニューヨーク市場と並ぶ世界3大市場の1つ。

 

その時間は以下の通りです。

  • 18時〜3時(夏時間は17時~2時)、

です。

詳しくは日本時間を参照してくださいね。

 

最後に

いかがでしたか。

様々な専門用語を解説してみました。

ですが、これらは投資の世界のごく1部にすぎません。

 

私も時間を見つけては随時アップデートしていきますので、楽しみにしてくださいね。

単語の意味を理解していないと同じ解説を聞いたとしても頭に入ってくるスピードが違います。

それが大きな差を生み勝率が変わってきます。

 

その結果、勝てる人と勝てない人に大きな差が出てきます。

だから、こういう基本的なことはしっかり勉強して覚えてしまいましょう。

 
人気記事
【旅行好きな人へ】宿泊割引クーポンを無料でプレゼントしています! ⇒【実体験】民泊を利用するときに使うエアビーとは一体何か?
 
人気記事
ブログで稼ぎたい人はこちらがおすすめ! ⇒ブログ初心者はライターの副業から始めてみることがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です