バイナリーオプションに必須のローソク足の見方と使い方を解説【初心者向け】

バイナリーオプションでのローソク足の見方を初心者のために徹底解説!
質問者
バイナリーオプションを始めたのですが勘に任せての取引で資金が無くなりそうです。攻略にはローソク足を読み解く必要があるということですが、そもそもどこでそれを手に入れていいのか。そしてどのように使うかわかりません・・・

このようなお悩みに回答しています。

 

今回の記事の内容は以下の通りです。

  • ローソク足とは何か?
  • ローソク足の見方
  • ローソク足はどこで手に入れることができるのか

 

この記事を書いている人。

元サラリーマン。34歳で独立したのち、ゲストハウス、投資、ブログビジネスをしています。

投資はバイナリーオプション以外に不動産投資、太陽光投資も行っています。

 

バイナリーオプションを始めようとするとローソク足という言葉を必ず見かけると思います。

 

ですが、今までバイナリーオプション等の投資をしたことがない人にとって『ローソク足って何?あの棒のように伸びてるのは何?』という感じだと思います。

当然僕もまったくの初心者からバイナリーオプションに挑戦したので、同じようにローソク足の見方がわかりませんでした。

 

結論から書くと、ローソク足を知ると以下のことに役立ちます。

  • ローソク足の動きから通貨の今後の動きが読める
  • ローソク足を学ぶと転換時期がわかる
  • ローソク足がすべての基本である
Kinouchi

 

ローソク足は神でありそれを知らずにバイナリーオプションに挑戦しても勝てるはずがありません。

もうすでに取引している人にとっては『もう知ってるよ』という内容もあるかもしれませんが、初心者の目線で解説しているので、その点は理解ください。

 

バイナリーオプションで勝つために必須のローソク足

まずはローソク足とは何かについて以下の内容に沿って解説します。

  • ローソク足の歴史
  • ローソク足の用語
  • ローソク足の動き方
  • ローソク足の表示時間と種類

 

日本のローソク足の歴史は江戸時代

ローソク足は日本の江戸時代の豪商である本間宗久(ほんまそうきゅう)氏が考案したと言われています。

大阪や堂島の米相場でその才能を遺憾なく発揮し、『相場の神様』や『出羽の天狗』と称される人物です。

 

本間宗久はこの形がローソクに似ていることからその名を付けたと伝えられています。

※諸説あり

 

また、本間宗久が考案した『酒田五法』は売り時と買い時を読む5つの法則から成る手法で、バイナリーオプションにも有効です。詳しくは『酒田五法はバイナリー攻略に必須!?その内容を初心者に解説してみた!』をご覧ください。

 

ローソク足の用語解説

この画像が全ててですが、これだけではなかなかわかりにくいと思います。

ですので、1つ1つ用語の解説をしていきたいと思います。

 

  • 始値(はじめね)・・・ある期間で最初についた価格のこと
  • 終値(おわりね)・・・始値に対し、その期間の最後についた価格のこと
  • 高値(たかね)・・・ある期間でついた最も高い値段のこと
  • 安値(やすね)・・・ある期間でついた最も安い値段のこと
  • 陽線(ようせん)・・・始値に比べて終値が高かった場合に表示される線のこと
  • 陰線(いんせん)・・・始値に比べて終値が低かった場合に表示される線のこと
  • 実体(じったい)・・・ある期間の始値と終値の範囲
  • 上ひげ(うわひげ)・・・実体から上方向へはみ出した部分
  • 下ひげ(したひげ)・・・実体から下方向へはみ出した部分

 

ローソク足の以下の4つ値を見方を覚えるだけでも、相場が上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか、またはレンジ相場なのかがわかる優れものなのです。

  • 始値
  • 終値
  • 高値
  • 安値

 

ちなみに、上昇トレンドとは簡単に言うとローソク足が右肩上がりになっています。

下降トレンドとはその逆で、ローソク足が右肩下がりの状況です。

レンジ相場とはローソク足の値動きがあまりない状態のことを言います。

※レンジ相場以外にも保ち合い相場、ボックス相場とも呼ばれています。

 

次はローソク足の動き方をより理解できるためにイメージ図を用いて解説したいと思います。

 

ローソク足の動き方

陽線の動き方のイメージはこちら。

陰線の動き方のイメージはこちら。

つまり、始まった値段と比べ一定期間後に高かったら陽線、安かったら陰線というふうに覚えておいて大丈夫です。

※もちろん動き方はこれだけではないので、感覚を掴むための参考にしてみてくださいね。

 

でも、先程から『ある期間』という言葉がでてくると思います。

この『ある期間』とは一体どういう意味なのか

 

ローソク足の表示時間と種類

ローソク足の表示はあなた自身で決めることができます。

そして、それは時間によってわけることが可能で、以下のような細かく表示形式を変化させることができます。

  • 1分足(いっぷんあし)
  • 3分足(さんぷんあし)
  • 5分足(ごふんあし)
  • 10分足(じゅっぷんあし)
  • 15分足(じゅうごふんあし)
  • 30分足(さんじゅっぷんあし)
  • 60分足(ろくじゅっぷんあし)
  • 日足(ひあし)
  • 週足(しゅうあし)
  • 月足(つきあし)
  • 年足(ねんあし)

 

例えば、30分足での表示を選択したとします。

その意味は、30分ごとの株価や為替の値動きをチャートを表示したことになります。

 

例えばこんな感じですね。

この1つ1つのローソク足が30分後の動きになります。

次の記事はこのチャートを構成しているローソク足の見方について解説してみたいと思います。

 

バイナリーオプションに役立つローソク足の見方

引用元:http://diamond.jp/articles/-/130269

ローソク足を見方がわかると相場の今後の動きが推測することができるようになります。

  • 下落するサイン
  • 上昇のサイン
  • トレンド転換のサイン
  • 相場の様子見のサイン

しかも、ローソク足を学ぶだけで勝率は50%以上はいくと言われています。

しっかり基本を学ぶことをおすすめします。

 

ローソク足から読み解く下落のサインは2つ

下落のサインは以下の通りです。

  • 上ヒゲが長い
  • ヒゲがなく、もしくはヒゲが短く陰線の実体部分が長い

 

では、1つ1つ解説していきますね。

 

下落の傾向1:上ヒゲが長い3パターン

1パターン目。

 

上ヒゲが長ければ下落の傾向が高いと言われています。

なぜなら、一旦大きくは上昇したけど上の方で抵抗にあって押し戻されたというのがわかるからですね。

 

さらに、このパターンでは始値よりも終値が低くなっています。これは典型的な下落傾向があるローソク足になります。

 

この抵抗という言葉に違和感を覚えると思います。そういう人は『バイナリーオプションでよく聞くレジサポラインとは!?(基礎編)』をご覧ください。

 

つまり、上ヒゲが長いほど下落する力が強いということが言えます。

 

こちらもそうですね。

2パターン目。

こちらは陽線で終わっていますが、1度上がったけれど大きく下がっています。

このように上昇トレンドのときに長いヒゲが出ると『もうこれ以上上がらない=高値/天井』を意味します。

今後は下降する傾向があるので要注意のローソク足です。

 

3パターン目。

こちらの形はトウバと呼ばれており、アルファベットのTの字をひっくり返したような形で覚えやすいのではないでしょうか。

これは始値から大きく上昇したけれども、結局抵抗され始値に戻ってしまったパターンです。

 

このトウバが出ると下落傾向にあると言われています。

このローソク足にも注意が必要です。

 

下落の傾向2:ヒゲがなく、もしくは短く陰線の実体部分が長い2パターン

1パターン目。

ヒゲがない陰線とは大陰線と呼ばれています。

始値から終始下げ続け終値までずっと下がる陰線は、下落の傾向が強いと言われています。

 

2パターン目。

また、こちらも下落傾向にあると言われています。

なぜなら、実体部分が長いため価格の変動の勢いや強さがわかるからです。

 

大陰線はとても強い売りサインです。

ですので、天井圏あたりで大陰線が出た場合は要注意で、これから下落する傾向が高いです。

 

ちなみに、それを逆手に取り逆張りすることもできます。

僕は逆張りトレーダーですが、こういうときはチャンスだと考えています。詳しくは『バイナリーオプションは逆張りで勝てる!?初心者が注意する点とは?』をご覧ください。

 

ローソク足から読み解く上昇のサインも2つ

上昇のサインは基本的に下落サインの逆と考えてもらって大丈夫です。

 

では、そのサインは以下の通りになります。

  • 下ヒゲが長い
  • ヒゲがなく、もしくはヒゲが短く陽線の実体部分が長い

です。

 

上昇の傾向1:下ヒゲが長い3パターン

1パターン目。

一旦大きく下がりましたが、流れが上昇方向に変わり、その結果始値より終値が高くなりました。

その場合下ヒゲが長くなるため、下ヒゲが長いほど上昇する力が強いと考えることができます。

 

2パターン目。

こちらは陰線ではあるものの上昇傾向にあると言われています。

下降トレンドのときに、このような長い下ヒゲが出た場合は『もうこれ以上は下がらない=安値/底』を意味すると言われています。

つまり、今後は転換し上昇トレンドに転換する可能性があるローソク足です。

なぜなら、1度は価格が下がったけれども持ち直して価格が上昇しているからです。

この下ヒゲが長いサインは、上昇トレンドへ変換する傾向が高いと覚えておきましょう。

 

3パターン目。

この形は通帳トンボと言われる形です。

アルファベットのTの字ですね。

 

始値から1度は大きく値段を下げたものの、始値まで価格が戻ったことがわかると思います。

 

つまり、始値=終値という状態です。

このトンボが出た場合は上昇傾向にあると言われています。

 

ヒゲがない、もしくはヒゲ短く陽線の実体部分が長い

1パターン目。

ヒゲがない陽線は大陽線と呼ばれています。

始値が1番安くその後ずっと上がり続け高値が終値という状態です。

 

これは、上昇傾向が強いことを表しています。

 

2パターン目。

こちらも上昇傾向にあると言われています。

なぜなら、価格が大きく変化するほどの買いの勢いが強いからです。

 

大陽線は非常に強い買いのサインでありもしこのサインが底値で出た場合は、今後は上昇することが期待できます。

 

ローソク足から読み解くトレンド転換のサイン

トレンド転換とはシンプルに以下のこと意味します。

  • 上昇トレンドから下降トレンドへ
  • 下降トレンドから上昇トレンドへ

 

 

では、同じように転換のサインをイメージ図で説明したいと思います。

 

トレンドの転換の傾向1;上昇トレンドから下降トレンドへ

こちらは始値より終値が低かった場合になります。

このローソク足は、投資家を迷わすと言われており初心者の人はうかつに手を出さない方がいいでしょう。

 

特に、上下のヒゲが長ければ長いほど迷ってしまうので注意が必要です。

 

トレンドの転換の傾向2;下降トレンドから上昇トレンドへ

こちらは、始値より終値が終値が高くなった陽線になります。

これもヒゲの長さによって投資家を迷わすと言われています。

 

先程も書きましたが、長いヒゲのローソク足は要注意です。

バイナリーオプション初心者の人は様子をみることをおすすめします。

 

ローソク足からわかる相場の様子見のサイン

このプラスにのような形になっているローソク足もあります。

こちらは、相場全体が様子を見ているときにあらわれるローソク足になります。

 

今後の流れが変わる可能性があるので注意が必要です。

こちらもバイナリーオプション初心者は無理にエントリーする必要はないと考えています。

 

ただ、こういう考え方もあります。

それは、上昇トレンドの時に出だ場合は下降トレンドへ。

逆に下降トレンドで出た場合は上昇トレンドへ向かうという考え方です。

 

こちらは上昇トレンドへ転換してますね。

こちらは下降し始めましたね。

 

100%このように動くとは限りませんが、過去の統計からこういう動き方をすると言われています。

少しでも不安がある場合は無理にエントリーすることは控えましょう。

 

ローソク足の形から考える上昇・下降のサインのまとめ

上昇サイン:大陽線

実体部分が大きい陽線。

これが出た場合は上昇トレンドの傾向があります。

 

下降サイン:大陰線

実体部分が大きい陰線になります。

これが出た場合は下降傾向にあると言われています。

 

様子見のサイン

基本的に投資家達を悩まします。

何回も書きますが、バイナリーオプション初心者はこのローソク足が出た場合は様子を見ることをおすすめします。

 

上昇・下降傾向のサイン

 

相場全体が様子見のサイン

 

あくまでも1つの例として考えてみてくださいね。

また、相場は世界経済の影響をモロに受けます。

 

すると、相場が荒れこの通りに動かないときもあります。

 

この段落の始めにも書きましたが、ローソク足を学ぶだけで勝率は50%以上になると言われています。

ですので、まず初心者の人はしっかりチャートを見てローソク足の傾向を掴むようにしましょう。

 

そして、その勝率をさらに高めるためにもローソク足+αが必要になります。

この+αの部分はズバリテクニカル分析です。

テクニカル分析を詳しく知りたい人は『バイナリーオプション攻略にはテクニカル分析が必須!メリットと使い方を解説』をご覧ください。

 

ただ、全ての基本はローソク足になります。

小手先のテクニックに頼るのではなく、しっかりと基本であるローソク足の見方について理解することをおすすめします。

 

バイナリーオプションで役立つローソク足の入手の仕方

ローソク足のようなチャートは購入する必要はありません。無料で自分でダウンロードすることができます。

その方法を最後にお伝えします。

  • ローソク足が使えるMT4について
  • 無料でダウンロードする方法

 

ローソク足が使えるMT4について

MT4(エムティーフォー)とは、世界中で使われているFX取引のプラットフォームで、高性能のテクニカル分析が使えることができるものです。

 

バイナリーオプションはFXの一部なので、このMT4はバイナリーオプションにも非常に有効に使うことができます。

また、ローソク足だけでなく、バイナリーオプションに役立つ様々なインジケーターも使うことができます。

 

例えば、移動平均線やボリンジャーバンド、RSI、MACDなど。

その他にも有効なインジケーターが無料で使うことができる本当に優れたものなのです。

 

無料でMT4をダウンロードする方法

MT4はFXの口座を開設することで無料で手にいれることができます。

こちらは実際僕がダウンロードして使っている会社なのでおすすめします。

MT4を取り扱っている会社の公式ホームページはこちらからから確認することができます。

 

書籍でローソク足を勉強することもできます

バイナリーオプションの基本であるローソク足を学ぶためにはこちらの書籍がおすすめです。

created by Rinker
¥1,540 (2020/09/25 08:25:58時点 Amazon調べ-詳細)

初心者の人にもわかりやすく書かれているので、ぜひ手にとって勉強してみてください。

バイナリーオプションを始める前に、まずは知識に投資することをおすすめします。

 

まとめ:ローソク足を制するものはバイナリーオプションを制する

今回は、ローソク足の基本的な用語の意味や見方と使い方、そして無料で手に入れる方法について解説しました。

 

この記事をまとめると、

  • ローソク足とはバイナリーオプション攻略の基本中の基本。
  • ローソク足が読み解くことができれば相場の値動きが予測しやすい。
  • ローソク足種類は豊富だが覚えることで勝率50%程度は確保できる。
  • ローソク足が入っているMT4は無料で手に入れることができる。

こんな感じですね。

 

僕の経験上バイナリーオプションで稼げていない人ははローソク足の基本をおろそかにし、機械に頼った取引しかしていません。

『ローソク足のことについて勉強する』。遠回りに思うかもしれませんが、その行動があなたの資金を守ります。

ぜひ意識して勉強してみてくださいね。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です