【民泊には必須!?】時間がない会社員のための英語学習方法を紹介!

【民泊には必須!?】時間がない会社員のための英語学習方法を紹介!

昨日書いた民泊記事が、意外と多くの方から良い反応を頂いたので、同じく民泊関係の記事を書いてみようと思います。

 

その良い反応のあった記事を見ていない人は、こちらの記事なのでまた読んでみてくださいね。

【民泊実践者が語る】民泊で失敗する人に共通する8個のポイントとは?

 

民泊をするにあたってやはり恐怖になるのが、海外からの予約ですよね。

英語でびっしりと文章が来たらどうしよう・・・

英語では何て言えばいいのだろうか・・・

話かけられたらどうしよう・・・

など、色々考えてしまうと思います。

 

そこで、今回は民泊ビジネス実践中の僕がおすすめする、忙しい人に向けた英語勉強方法を紹介したいと思います。

民泊をしてみたい、でも英語に恐怖がある人は是非参考にしてみてくださいね。

 

民泊には英語は必須なのか?

タイからの家族旅行^^色々観光場所の情報をお伝えしました

まず、この記事で僕を知ったという人もいると思うので簡単に自己紹介を。

なぜなら、英語ができない人の話だと思われたら、素直に受け取ることができない人もいると思うので。

 

僕自身は21歳から4年半アメリカで生活していました。

全く英語が話せない中渡米し、頑張って英語を勉強をして今では民泊の運営上問題ないレベルの英語を扱うことができます。

 

ですので、

  • 英語が全く話せなかった状態から話せるようになった
  • 民泊を実践中である

この2つの視点から、英語ができない人はどのような方法で民泊で使う英語を勉強していったらいいか参考になるかなと思います。

 

実際、昨日はタイ人と中国人がご宿泊されていて、英語で対応していたので参考になると思います。

では早速。

まずは、そもそも英語は民泊運営において必要なのかどうかという僕なりの結論からお伝えしますね。

 

民泊運営者は英語を扱えたほうが良い

ステキなカップルさんでした^^お鍋がすごく美味しかったです

結論は、民泊運営において英語ができないよりは、当然できた方がいいでしょう。

これは考える必要はない事実ですね。

 

じゃあ私には難しい・・・』と考えるのは少し早いです。

そう考える人の思考で多いのが、こういう考え方ではないでしょうか。

  • 発音を直さないと英語が通じない
  • 文法を完璧にしないといけない

 

このように考える人が多いと思うのですが、そもそもこの考え方が間違っています。

なぜなら、民泊では使う英語はある程度決まっているからですね。

 

つまり、民泊で使う範囲内の必要最低限の英語だけ始めは勉強すればいいのです。

では、その民泊を運営する上で使う英語について解説したいと思います。

 

民泊で使う英語とは?

民泊を運営する人は英語の発音は最低限でいい

オーストラリア人の親子で自転車で福岡〜東京まで向かうという

まず、発音は諦めましょう。

こんなことに時間をかけるだけ無駄ですね。

さっさと割り切る必要があります。

 

なぜなら、大人になってからは完璧なネイティブスピーカーのような発音を手に入れることができません。

さっきも書きましたがこんなことに時間を使うのは無駄です。

 

そして、民泊に宿泊する海外の方も完璧な発音よりも、有益な情報を求めています。

 

だから、1つ質問させてください。

あなたは英語の通訳者にでもなるつもりですか』と。

本業で英語を使って仕事をする通訳者を目指すのであれば、必要かもしれません。

 

ですが、あなたがしようとしていることは民泊です。

決して英語を使っての通訳の仕事をするわけではありません。

民泊で収益を上げようとしているのです。

 

そう書くと『だって発音が悪いと通じないよね』と言う人がいますが、そもそも日本人の英語が通じないのは、それ以前の問題だと僕は考えています。

 

英語が通じないのは発音だけのせいではない

香港からのゲストさん^^家族旅行

確かに発音がよければ1発で通じることができます。

ですが、多くの英語が話せない日本人は肝心なことを忘れています。

それは、『声が小さい』ということです。

 

そうなんです、日本人は『声が小さい』のです。

 

だから、どれだけ頑張って発音をよくしたとしても、そのあなたの声が海外の人(特に、ネイティブスピーカー)に小さくて聞こえないのです。

 

だから、日本人は意識して少し大きな声で話すぐらいがちょうどいいと僕は考えています。

 

ですが、話すことよりも重きを置いて勉強することがあります。

それは、『英語の読み書き』です。

 

民泊で使う英語とは英語の読み書き

大塚国際美術館が今回の目的のご家族

英語ができない人はまず英語を話すことよりも、英語の読み書きを勉強することをおすすめします。

この2つに時間をとって重点的に勉強を行うべきだと僕は考えています。

 

なぜなら、民泊を使って宿泊するゲストさんと、会って話をするかどうかは経営者の運営スタイルによって変わってくるからです。

 

ゲストと会わないという運営スタイルの人もいるので、その場合は英語を使って話すということはなくなります。

だから、忙しい人はそもそも英語を話すということを勉強する必要はないのです。

 

ですが、予約が入るとほぼメッセージが送られてきます。

こちらは僕のairbnbの受信トレイに来た海外のゲストさんからのメールです。

訳すと、、、、。

 

こんにちは、木内さん。

あなたのアパートの近くに駐車場があるか知りたいです。

また、私達は違った日本食を食べたいので、私達のためにいくつかのレストランを予約する手伝いをすることがあなたは可能かどうか教えてね。

よろしくお願いします。

 

というもの。

 

つまり、このように予約が入るとほぼ100%と言っていいほど、メッセージが送られてきます。

だから、『英語を話す』という前に『英語を読んで理解して書いて返信する』という行為が必要になるからです。

 

その後会って話をするかどうかはあなた次第。

だから、民泊における英語はまずは『読み書き』を勉強することをおすすめします。

そして、その勉強方法とは以下の方法が効率的だと考えています。

 

民泊で使う英語の学習方法とは?

中国からの留学生2人組^^すごく優秀な2人でした

まず、おすすめなのが、中学3年生までの英語を勉強し直すことですね。

これで、ほとんどの場合は大丈夫です。

 

例えば、実際海外のゲストさんから、予約完了時に送られてきたこちらの文章はどうでしょうか。

訳すと、、、。

 

こんにちは。

私にとって四国に来るのは2回目です。

そして、airbnbを使うのも2回目なの。

このお家で素晴らしい経験ができたらいいなって思っています。

 

という感じですね。

 

どうでしょう。

特に難しい単語は出て来なかったですね。

 

また、もう1つメッセージをお見せしましょう。

こちらは英語のネイティブスピーカーであるオーストラリア人からのメッセージです。

訳すと、、、。

 

私達はちょうど四国88ヶ所を歩き終えました。

だから、2日間休みが本当に必要です。

私達はオーストラリア人です。

2人とも年齢は56歳。

 

どうでしょう。

ネイティブスピーカーの人でも意外と簡単な英語が使われていますよね。

だから、まずは中学3年生までの英語を勉強しなおしましょう。

 

どこから勉強すればいいかわからないという人は、わからないと思ったところ全て勉強すれば問題ないと思います。

 

そして、ある程度できたなって思ったらもうそれでOKです。

すぐにairbnb等の仲介サイトに物件を登録しましょう。

 

時間がない社会人の民泊用英語の勉強方法は実践あるのみ

台湾からのゲストさん^^2日間ご宿泊いただきました

えっ!?いきなりですか。まだ英語が中途半端なのですが、、、』と思うかもしれませんが、ある程度できたらOKです。

すぐに登録をして実践しましょう。

 

なぜなら、使わない内容を勉強しても時間が無駄だからです。

もちろん、学生で時間がある人だったらまだ”アリ”かもしれません。

ですが、社会人で忙しい中しようとしている人はすぐに物件を登録することをおすすめします。

 

そして、メッセージが送られてきたらネットで英語の翻訳機能を使ってでも返信する。

すると、ある一定の共通点がわかってきます。

つまり、旅行者がどういう情報を求めているかという内容です。

 

そして、その英語を問題なく伝えられるように再度勉強すればいいのです。

 

つまり、実践しながら学ぶのです。

 

何がわからないか理解する。

わからないところを理解したらなら、それがわかるように勉強するという方法が最も効率よく民泊で使える英語を学ぶ方法です。

 

また、行動ができない人の言い訳で、『まだ完璧じゃないんで』とかありますが、実践を知らずして何が完璧なのかわかるはずがありません。

 

民泊を実践してあなたが答えられなかった英語を勉強するのが1番の近道

ベトナムからの留学生^^優しいゲストさんでした

とにかく実践をしましょう。

そして迷ったらgoogle翻訳や色んな翻訳機能を返信しましょう。

 

もし自分でこれ以上ダメだと思ったら、僕に連絡をください。

僕が返信します。

 

筋トレをした人は経験があると思いますが、ダメだと思ったところから、もう1回できるのかどうかが筋トレには大切です。

そのラスト1回を頑張ることができた人は筋肉が成長します。

 

だから、いつまでも勉強という甘えた環境に身を置くのではなく、実践し迷い苦しみ、そしてあなたの英語の弱点を克服するために学びましょう。

 

そうすれば、他の人が半年ダラダラと勉強している間に3ヶ月もすればそれなりの読み書きはできるようになると思います。

しかも、実践しているからお金も増えるかもしれません。

 

だから、民泊で使う英語を勉強する方法は実践しながら、自分の知らない言葉を勉強する。

この方法が1番の近道だと思います。

 

最後に

イタリアからのご夫婦^^四国88ヶ所1番札所にて

いかがでしたか。

今回は民泊で使う英語の勉強方法についてまとめてみました。

 

色々な意見はあるかと思いますが、英語を勉強する目的が民泊で収益を上げるということでしたら、ダラダラ英語を勉強するよりも、さっさと民泊を始めることをおすすめします。

 

そして、実践を積み間違えながら、悔しい思いをしながら必要な英語から学んでいく。

 

これが本当に早い民泊で使える英語だと僕は考えています。

ですので、是非民泊で英語を使うことに恐怖を覚えている人は、勇気を持って1歩を踏み出してください。

 

きっと楽しい民泊ライフが待っていると思います。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ちなみに、もしあなたが民泊やゲストハウスのことをより詳しく知りたいならこちら記事がおすすめです。

  • 宿泊者側の視点から
  • 経営者側の視点から

という2つの視点で記事をわけているので、参考になると思います。

 

ぜひあわせて読んでみてくださいね。


【無料】投資やビジネスをしたいけど、その資金がない人はこちらの本でのマインドセットがおすすめ!

投資やビジネスをしたくてもその元手となる資金がない人も多いですよね。

その場合は、こちらの本でマインドセットすることをおすすめします。


内容は、両親がパチンコで作った借金を返済していた元皿洗いの男の実話ストーリーです。

その後、たった1人で3億円を稼ぎ20代でセミリタイア経験した人がその秘密を公開しています。


ちなみに、あなたは成功者と成功しない人の違いは何か知ってますか。

それは『考え方』です。


考え方が変わるから行動が変わります。

行動が変わるから結果も変わってきます。

 
つまり、成功者のマインドを知るということは成功への第一歩となります。

こちらの本はお金が必要なく無料で読むことができるので、普遍的なマインドを身に着けたい人はおすすめです。


Amazonで1位を獲得した本ですので読んでみてくださいね。
自由な人生を手に入れる教科書


この本であなたの投資やビジネスが上手くいくようになれば幸いです。




また、メルマガでは私の投資方法や民泊のブログでは書けない内容を公開しています。

是非下記の画像をクリックしてメルマガへ登録してみてくださいね。



ご登録いただいた人にはもれなく収益が上がる『レポート』を無料でプレゼント中!!



LINE@のご登録はこちらから

忙しいサラリーマンの人でも実践できる民泊やバイナリーオプションの質問などお気軽にどうぞ!

登録ができな人は【@uyx2647q】で検索すると登録できますよ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です