ゲストハウスが上手く経営できてる理由は◯◯がないからです・・・

ゲストハウスが上手く経営できてる理由は◯◯がないからです・・・

うずしおゲストハウスという鳴門市にある宿泊施設を僕は経営しています。

時期としては2018年の3月に経営始めたので、現在でちょうど1年と7ヶ月経ったところになります。

 

経営的には売上が上がっており、利益もそれに伴って増えています。

もちろん、僕も色々努力をしていますすが、それ以上に重要なことがあります。

 

そこで、今回のブログ『ゲストハウス経営が上手くいっている理由』について解説したいと思います。

 

僕の頑張り以外でゲストハウス経営が上手くいっている理由?

結論からお伝えすると、

  • ライバルがいないから

です。

 

これに限ります。

では、どうしてそう思うのか具体的に解説したいと思います。

 

ライバルがいないことがゲストハウスを上手く経営できている1番の理由

ライバルがいない。

本当にこれがゲストハウスが上手くいっている理由になります。

 

もちろん、ホテルなどの宿泊施設なども周辺にもあります。

ですが、ゲストハウスとホテルではそもそも宿泊する層のお客さんが違ったります。

 

そして、いつもこう考えているんですね。

もし本気で大手会社が資本を入れてゲストハウスを作ったら・・・』と常に恐怖があったりするんですよね。

 

本当にキレイなゲストハウスは多くあります。

僕が経営している場所は築30年近くの建物。

どうしても、建物や設備で大手資本が入っている会社と勝負しても勝てません。

 

だから、僕が勝てる分野と考えている『サービス』で勝負しています。

 

勝てる分野で圧倒的な差をつける

これが僕が生き残っていく方法かなと考えています。

僕の経験上、東京のキレイなゲストハウスに宿泊した経験がいくつかあります。

 

ですが、建物はキレイなのですが、そこには僕がこのゲストハウスで提供しているサービスなどはありませんでした。

つまり、キレイな建物、設備では宿泊できるけど、『サービスという面ではそこまで・・・』と感じています。

 

逆にいうと、『サービス面ではまだまだ勝負できるし、負けてもいない』とも考えています。

 

でも、『もし本当に資本力がある会社がサービス面を強く提供してきたら・・・即倒産しそう』という不安があったりします。

 

だからこそ、自分の強みを活かせる分野で圧倒的な差をつけ、『あそこには勝てない』と思われるようにゲストハウスを経営していきたいと考えています。

 

最後に

ライバルがいない場所で勝負する。

これがビジネスでは本当に大切だと考えています。

 

どうしても、ライバルが多いレッドオーシャンに飛び込んでしまうと、僕のように少資本で勝負しているところは、なかなか勝てないでしょう。

 

最終的には値引き合戦に参加させられるかもしれないし、そうなると絶対に資本力があるところに勝てません。

※僕は値引き合戦には参加しませんが。

 

だから、出店する前にどういうライバルがいるのか、事前のリサーチの段階である程度の勝負が決まってくるかと思います。

どうしても、出店してからはなかなか変更できないですからね。

 

ですので、しっかりリサーチしてライバルがいない部分で勝負することをおすすめします。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です