バイナリーオプション初心者のためのファンダメンタルズ分析の方法とは?

バイナリーオプション初心者のためのファンダメンタルズ分析の方法とは?

バイナリーオプションを始めようと思い少し勉強をすると必ず以下の2つの言葉に出会います。

  • テクニカル分析
  • ファンダメンタルズ分析

です。

 

以前の記事で、テクニカル分析について初心者のためにわかりやすくまとめたので、今回はファンダメンタルズ分析について書いてみたいと思います。

 

この2つの分析はバイナリーオプション投資をする上ではなくてはならない物です。

さらに言うと、この2つの分析ができるようになると株やFXへの応用が効くようになります。

 

ですので、しっかりと学ぶことをおすすめします。

ぜひ最後まで読んでしっかりと理解できるようにしましょう。

 

ファンダメンタルズ分析とは?

投資を始めてする人には聞いたことがない言葉ですよね、このファンダメンタルズ分析は。

実際私も投資を始めるまで全く知りませんでした。

それは何なんだ?』という感じでした(笑)

 

ですので、いつもと同じファンダメンタルズ分析の定義から説明したいと思います。

どうして定義を1番始めに伝えるかというと、この定義が曖昧なままであれば理解するのに時間がかかってしまったり、意味を間違って受けてったりしてしまうからです。

 

ウィキペディアではファンダメンタルズ分析とはこのように解説しています。

企業のファンダメンタル分析とは、財務諸表、健全性、経営、競争優位性、競合相手、市場などを分析することである。先物や為替に適用する場合は、経済、金利、製品、賃金、企業経営の全般的な状況に着目する。

この用語は、他の種類の定量的な分析やテクニカル分析などの投資分析と区別するために使用されている。ファンダメンタル分析は過去と現在のデータを用いて行われるが、その目標は業績予想である 。

個人投資家においては長期保有を前提に配当などの利回りを重視する立場をとる。大手機関投資家すなわち各銀行の含み益にも関係することから株価に全く無関心なことはないが、短期の上げ下げに一喜一憂しないアプローチ手法である。

うーん、この説明ではわかりにくいですよね。

もう少し詳しく解説していきますね。

 

ファンダメンタルズ分析は中長期的な分析方法

もう少し簡単にまとめるとファンダメンタルズ分析はこういう意味になります。

  • 経済の基礎的な要因を分析する事で相場の今後の流れを予測する分析手法
  • 各国の経済指標や政策金利の動向・要人の発言等を分析する方法

です。

 

また、ファンダメンタルズ分析は『経済の基礎的諸条件』と日本語で訳されます。

でも、『経済の基礎的要因・・・ってよくわからない』って声が聞こえます。

 

では、どういう要因が関係あるのかというと以下の点になります。

  • 雇用統計
  • FOMC
  • FRB議長の記者会見
  • ヨーロッパ中央銀行の総裁会見
  • 国際収支
  • 為替介入

が主だった要因になります。

 

ですが、これがわかってもこの情報を活かせる人と活かせない人にわかれます。

では、活かすためには何が必要なのでしょうか。

 

それを次の記事にまとめてみました。

 

ファンダメンタルズ分析をする前にまずはマインドセット

ほんと、何よりもこれが大切です。

なぜなら、バイナリーオプションではファンダメンタルズ分析等のノウハウよりもマインドが大切だからです。

 

大切なので、もう1回書きますね。

マインドが何より大切!』です。

 

もしあなたが、取引に一喜一憂していたらこういうことが100%起こるでしょう。

負けた〜!次の取引額を2倍にして取り返してやる!』と思わないですか。

思いますよね。

 

もし、こう考えたていたら必ず資金が無くなってしまいます。

冷静じゃなくなると、エントリーしてはいけないタイミングでエントリーをするようになります。

 

こうなってしまっては分析をしたところで、それを活かすことができなくなります。

だからマインドが最も大切なのです。

ですので、絶対に取引に一喜一憂することなく常にマインドは冷静に取引するように心がけましょう。

 

ファンダメンタルズ分析を応用する

マインドセットが何よりも重要だということが分かっていただけたと思います。

 

では、そのマインドセットを基準にファンダメンタルズ分析をどのように投資に活かしていけばいいのでしょうか。

まずはファンダメンタルズ分析の2種類のアプローチについて考え方を伝えたいと思います。

 

ファンダメンタルズ分析2種類のアプローチ方法がある

ファンダメンタルズ分析は2つのアプローチ手法にわかれます。

1つはトップダウンアプローチ

もう1つはボトムアップアプローチです。

 

ちなみに、トップダウンアプローチは以下の内容をもとに分析する手法です。

  • 景気
  • 経済
  • 金利
  • 為替

などです。

 

それと比べて、ボトムアップアプローチは以下の内容をもとに分析する手法になります。

  • 企業の業績の予想
  • 財務状況や売上
  • 利益から見た株価

などです。

 

具体的なトップダウンアプローチの例がこちら

経済の流れから分析する手法がトップダウンアプローチ。

 

例えば、以下のような仮説を立てたとします。

  • 仮説1『この頃景気がいいよね。中央銀行が政策金利をアップさせるかも

 

するとこういうことが考えられますよね。

  1. 金利がアップする
  2. 借り入れが多い会社はその利息の支払いが増えてしまう
  3. 利息の支払いが多くなってしまい利益を上げられなくなり業績が悪化する

こういう考え方がトップダウンアプローチの考え方になります。

 

では、もう1つ仮説を立ててみましょう。

  • 仮説2『最近円高が急激に進行している

にしてみます。

 

するとその結果、以下のことが予測できますよね。

  1. 円高になる
  2. 輸入企業は低価格で海外から商品を仕入れることができる
  3. 原価が下がる
  4. 利益が上がる

という流れです。

 

でも、トップダウンアプローチを考えるときには注意点があります。

 

トップダウンアプローチの注意点

トップダウンアプローチの注意点をまとめたので参考にしてみてくださいね。

  • アプローチの数を増やしすぎると、分析の精度が落ちる傾向にある
  • 業種や業態、売上までの分析はできるが、企業ごとの分析には適していない

という点です。

 

仮説を立てるのはいいのですが、目的は利益を上げることです。

手段ばかりに気を取られてしまってはいけません。

 

あくまでも、利益を上げるための1つの分析方法という感じで考えてみるといいかもしれませんね。

 

では、もう1つの手法であるボトムアップアプローチとはどういう手法なのでしょうか。

 

具体的なボトムアップアプローチの例がこちら

ボトムアップアプローチはトップダウンアプローチで分析した業界の動向にはあまり注目せず、企業個別ごとの業績を中心に分析する方法です。

 

より具体的に言うと以下の内容を参考したりします。

  • 財務状況
  • 財務指標分析
  • 株価指標分析(PER・PBR)
  • 製品や特色

などです。

 

これらは企業ごとに調べるので主に株の売買に使われたりします。

そして、この2つのアプローチ方法がファンダメンタルズ分析の基本的な手法になります。

 

では、バイナリーオプションにはファンダメンタルズ分析はどのように活かせばいいのでしょうか。

 

ファンダメンタルズ分析の活かし方はテクニカル分析と合わせて取引する

バイナリーオプションに活かすときは、テクニカル分析と合わせて使うようにしましょう。

なぜなら、どうしても中長期的な視点で判断するファンダメンタルズ分析のみでは、バイナリーオプションで利益を上げることが難しいからです。

 

ですので、テクニカル分析で成績を上げつつ、勝率を上げるためにファンダメンタルズ分析を利用するという形が1番勝ち続けることができます。

この2つの手法を駆使して継続的に利益を上げるようにしましょう。

 

ファンダメンタルズ分析にも弱点がある

それは、時間差です。

どういうことかというと、どうしても個人の投資家が最新の情報を手に入れようとプロの投資家よりも時間がかかってしまいます。

 

つまり、あなたが相場の情報を仕入れる頃には相場が動き出している可能性があるということです。

ですので、テクニカル分析を中心に取引しているトレーダーは『ファンダメンタルズ分析では時間差があり勝つことができない』と発言する人もいます。

 

そういうことを聞くと『個人投資家ではファンダメンタルズ分析では戦えないのでは?』と疑問を抱く人もいると思います。

もちろん、バイナリーオプション自体が短期トレード(30秒〜長くても数十時間程度)なので、株やFXと比べてそこまで効きにくいという事実はあります。

 

それでも、ファンダメンタルズ分析を無しにバイナリーオプションを語ることはできません。

というか、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析を勉強しないで投資をしてはダメです。

 

では、どうやって勝つかというと相手の土俵で戦わないようにすることがポイント。

  • 個人投資家がプロ投資家よりも優れた点で勝負する
  • 機関投資家の弱みを攻める
  • 利益を多く残す対策をする(税金・手数料など)

 

先程も書きましたが、大切なのは情報の質や早さではなく最終的な利益です。

情報はあくまでも1つの判断材料であって、目的ではありません。

 

ここを間違えてはダメですよ。

相場が悪いときはあえてエントリーしないというのができるのも個人投資家の強みです。

 

かの20世紀を代表するドラッカーも人間の強みに対してこういう言葉を残しています。

何ごとかをなし遂げるのは、強みによってである。弱みによって何かを行うことはできない

と。

 

つまり、個人投資家のあなただからこそある”強み”を意識して行動するようにしてくださいね。

 

最後に

いかがでしたか。

バイナリーオプションはどうしても短期トレードですので、株やFXと比べるとそこまでファンダメンタルズ分析が効きにくいとは言われています。

 

でも、必ず勉強してください。

確かに始めは難しいかもしれません。

専門用語も分からないかもしれない。

 

ですが、大切なお金を投資するのです。

そのお金を稼ぐためにあなたは何時間働いたのでしょうか。

それとも、どんな辛い経験をして得たお金なのでしょうか。

 

投資と考えるとどうしても1円を軽く考えがちになります。

ですが、冷静になりもっとお金と真剣に向きあるようにしましょう。

 

その遠回りに思える行動が必ずあなたの投資家人生に役に立ちます。

しっかり勉強するようにしましょう。

 

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

最後におすすめのインジケーターを紹介しておきますね。

 

  • 酒田五法

酒田五法はバイナリー攻略に必須!?その内容を初心者に解説してみた!

 

  • フィボナッチ

バイナリーオプション攻略!フィボナッチの使い方をイラストで解説!

 

  • MACD

バイナリーオプションでのMACDの使い方とは?初心者目線で解説してみた!

 

  • ストキャスティクス

バイナリーオプションでのストキャスティクスの有効な使い方とは!?

 

  • RSI

RSIはバイナリーオプションでは必須知識!?その使い方をまとめてみた!

 

  • ボリンジャーバンド

バイナリーオプションに必須のボリンジャーバンドとは!?初心者のために解説!

 

  • 移動平均線

バイナリーオプションに必須の移動平均線とは?初心者目線で解説してみた!

 

  • ローソク足

バイナリーオプションでのローソク足の見方を初心者のために徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です