バイナリーオプションでエントリーを避けた方がいい時間帯を解説!

バイナリーオプションでエントリーを避けた方がいい時間帯を解説!

バイナリーオプションは基本的に平日であれば24時間取引することが可能です。

ですが、実はエントリーする時間帯によっては勝ちにくい相場というのがあるのは知ってますか。

 

これは、本当に大切で同じ取引をするなら有利な時間帯で戦いたいですよね。

もちろん、私もそうしてますしその時間帯は意識してバイナリーオプションにエントリーするのを控えています。

 

ですので、今回の記事はそのバイナリーオプションにエントリーしてはいけない時間帯や勝ちやすい時間帯を紹介したいと思います。

 

どんなお金でも大切なお金です。

真剣に最後まで読んで実践してくださいね。

 

バイナリーオプションにエントリーしてはいけない時間帯とは?

大切なお金を使ってエントリーする。

当然勝ちたいと思いますよね。

そりゃ誰だって『負けてもいい』なんて思って取引している人はまずいないと思います。

 

でも、エントリーしてはいけない時間帯を知ってエントリーしている人は少ないかもしれませんね。

 

ですので、エントリー避ける時間帯を説明したいと思います。

 

各市場(マーケット)が開く時間帯はエントリーを避ける

では、まず市場(マーケット)が開くというのは、どの地域のことを言うか説明しますね。

それは、以下の5つの地域です。

  • 日本
  • アメリカ
  • ヨーロッパ
  • ロンドン
  • オーストラリア(ニュージーランド)

です。

 

でもそれって、バイナリーオプションを始めたばっかりだと一体何時かわからないですよね。

そんな地域によって分けられているんだ』っていう人もいますよね。

 

ですので、1日の流れを具体的な時間はこちらにまとめてみました。

※この表記はすべて日本時間での表記なので、気をつけてくださいね。

 

午前4時からウェリントン(ニュージーランド)の市場がオープンする

まず、オーストラリアやニュージーランドの市場がオープンします。

市場がオープンするということは価格が大きく変動する可能性が高いということ。

 

つまり、予測通りの動きになりづらくエントリーしても勝ちにくい。

わざわざ勝ちにくい市場で戦う必要はないよね。

 

だから、バイナリーオプション初心者の人は、午前4時(ウェリントン市場がオープンする時間)はエントリーを控えた方がいいでしょう。

 

なせなら、このウェリントンの市場だけでなく、各市場がオープンする時間帯は値動きが激しくなる傾向があるからですね。

だから、市場オープンの前後30分前後はエントリーしないほうがいいでしょう。

 

ここは僕も意識しているポイントなので、もう1度書きますね。

必ずバイナリーオプションを始めたての人はマーケットのオープン30分前後はエントリーを避けることをおすすめします。

 

また、このオーストラリアやニュージーランドの市場の特徴は以下の2点ですね。

  • 市場への参加者は他の市場とくらべて少ない
  • 流動性があまりない

ということ。

 

でも、特に2つ目の文章を見てもあまり意味がわかりませんよね。

流動性って何?』って思っている人も多いと思います。

ですので、流動性について少し解説してみますね。

 

流動性がバイナリーオプションでは非常に重要になってくる

先程書いた流動性って意味わかりにくいですよね。

 

簡単に言うと、流動性が少ないってことは取引量が少ないってことですね。

流動性が少ない=取引量が少ない』と考えて大丈夫です。

 

そして、取引量が少ないってことは参加している人数が少ないってことを意味します。

つまり、『流動性が少ない=相場にエントリーしている人が少ない』ってことですね。

 

実は、この取引量が多い少ないってバイナリーオプションには本当に重要なことなんですよね。

なぜなら、流動性は値動きに直結するからです。

 

まず、為替の流動性が少ないということは、為替の動きが安定しているってことなんですよね。

 

でも逆に言えば、ちょっと力のある参加者(トレーダー))が大きな取引をしたら、為替に急激な値動きがある可能性があるっていうことですよね。

 

だから、そのような状況になったときに、本来予測している値動きと違った動きをして負ける可能性があります。

 

何回もこのブログで伝えていますが、バイナリーオプションで最も大切なことはいかに負けないかということ。

そのためには資金管理を徹底的に行うこと。

 

ですので、危険なエントリーを減らして確実に勝てる(根拠のある)エントリーをすることが本当に大切になってきます。

だからこそ、危ない時間帯で取引することはおすすめしないですね。(特に初心者は)

 

日本の市場は午前9時からオープンし15時にクローズする

あなたは世界3大市場って知ってますか。

 

それは、以下の市場のこと。

  • ロンドン
  • ニューヨーク
  • 日本

です。

 

そして東京市場(アジア市場)がオープンする9時以降に、以下の特徴が出ると言われているので、しっかり覚えておいてくださいね。

  • ドル円・クロス円と言った円を絡めたトレードが比較的多く行われる傾向がある
  • トレンドを継続しやすい傾向がある

ということです。

 

でも初心者の人はこのトレンドって意味がわからないですよね。

簡単に説明しますね。

トレンドというのは、こういう値動きのことをいいます。

チャートというのは、上がったり下がったりしてを繰り返して形成していますよね。

それが、同一方向に動くことをトレンドといいます。

 

そして、値動きが上がっていくトレンドを『上昇トレンド』と呼び、値動きが下がっているトレンドを『下降トレンド』と呼びます。

この際覚えておいてくださいね。

 

では、話を戻しますね。

 

ですので、市場のこのような特徴を1つ1つ覚えていくようにするといいですね。

なぜなら、傾向が分かれば対策が取れるからですね。

テストと一緒ですね(笑)

 

また、バイナリーオプションという投資をしているけど、PCの向こう側には人間がいるのは忘れないでほしいです。

これは本当に大切なことになります。

 

つまり、市場って人間心理の集まりなんですよね。

これは酒田五法の考案者である本間宗久さんもこのような考え方を残されていますね。

 

相場は相場が動く。

自分が動かすのではない。

相場の予測は本当に大切だが、それ以上に相場を動かす大衆心理こそが最も重要なことである。

自分自身が正しいと信じるのではなく、相場に参加している大衆が正しいと思うことが相場を動かすのである。

引用元:http://binarysupport-club.com/テクニカル分析/sakatagohoubinarykouryaku/

 

きちっとこの当たりの心理を予測して取引するようにすると、勝率も上がっていくでしょう。

では引き続き市場の時間について解説していきますね。

 

ロンドン及びヨーロッパの市場は日本時間の16時にオープンする

先程、世界3大市場の説明をしましたね。

実は、このロンドン市場が世界最大の市場なのです。

 

そして、そのロンドン市場に続き、世界でNo.2の取引量を誇るのがニューヨーク市場です。

このロンドン市場とニューヨーク市場を合わせると、世界の取引量の半分にもなると言われている超巨大市場です。

 

そのロンドン市場がオープンする時間は16時または17時(冬時間のため)。

 

そして、このロンドン市場の特徴は以下の2つです。

  • ロンドン市場が開く16時は取引が活発になる傾向がある
  • ユーロやポンドの値動きが多くなる傾向がある

ということです。

 

この当たりの情報もしっかり、頭に入れておいてくださいね。

ちなみに、日本にはあまり馴染みのない冬時間ですが、11月の第1日曜日〜3月の第2日曜日までが冬時間となります。

 

ニューヨークの市場は日本時間の22時または23時(冬時間)にオープンする

ニューヨーク市場がオープンする時間は22時または23時になります(冬時間)

このニューヨーク市場とロンドン市場とが重なる時間は、最も値動きが激しくなる時間と言われています。

 

その具体的な時間は、ロンドン市場が、16時(17時)から翌日の午前1時(午前2時)まで、ニューヨーク時間が22時(23時)から翌日の午前6時(午前7時)まで。

 

つまり、日本時間の22時(23時)〜翌日の午前1時(2時)までは値動きが激しくなります。

 

ですので、この2つの市場がオープンした直後は僕も基本的に取引をしないようにしていますので、初心者の人はエントリーしないようにしましょう。

 

また、このニューヨーク市場の特徴は以下の通りです。

  • ロンドン時間が開いている間は世界で最も取引される時間帯と言われている
  • トレーダーが多いため流動性が高く、為替が大きく動きやすい傾向がある

です。

 

ですので、本当に注意が必要ですね。

 

エントリーしたい気持ちを抑えることも非常に大切

初心者の頃はエントリーしたくて根拠が甘くなったところでエントリーをしがちになります。

その気持ちは本当によくわかります。

ですが、そこをぐっと我慢して取引をするようにしましょう。

 

実際、プロのトレーダーの人達というのは取引の回数て実は少ないって知ってますか。

彼らは、1日わずか数回の根拠のあるタイミングのみにエントリーします。

そして、その1回のエントリー金額が多いという特徴も。

 

そのためには、チャートを見て自分なりの分析をする必要があります。

これが本当に大切です。

 

取引したい気持ちはわかりますが、その気持を抑えてぐっと待つことがバイナリーオプションで勝率を上げる上で非常に大切です。

しっかり自分の感情をコントロールするようにしましょう。

 

最後に

いかがでしたか。

ここに書いたのは私の経験をベースに書いてみました。

 

もちろん、これが正しいわけでもないし間違っているわけでもないと思うんですよね。

結局、相場って人間心理の集合体であり生き物なんですね。

 

だから、全く同じ1日なんてないんですよね。

それを私達は過去のチャートから予測しているってだけなんですよね。

 

だからこそ、しっかり自分の頭で考え分析していくというのが大切です。

 

そして、もう1つおすすめなことが学習を続けるということですね。

結局負ける人というのは学習を中途半端にしている人が多いですね。

そして、その結果必ずと言っていいほど資金を溶かしてしまっています。

 

ですので、コツコツ学習を続けて取引の方法をしっかり理解しましょう。

もし、より詳しくインジケーターの使い方を知りたい場合は、こちらの記事も合わせて読むことをおすすめします。

 

ボリンジャーバンドはこちらの記事からどうぞ。

バイナリーオプションに必須のボリンジャーバンドとは!?初心者のために解説!

 

RSIはこちらの記事からどうぞ。

RSIはバイナリーオプションでは必須知識!?その使い方をまとめてみた!

 

ストキャスティクスはこちらの記事からどうぞ。

バイナリーオプションでのストキャスティクスの有効な使い方とは!?

 

フィボナッチはこちらの記事からどうぞ。

バイナリーオプション攻略!フィボナッチの使い方をイラストで解説!

 

酒田五法の記事はこちらからどうぞ。

酒田五法はバイナリー攻略に必須!?その内容を初心者に解説してみた!

 

ただ、『そもそもインジケーターって何?』って人もいますよね。

それの人はこちらの記事がおすすめです

バイナリーオプション初心者へのインジケーターはこれがおすすめ!

 

でも学習するにしても、塾や教材はお金が高い』という人は是非私のメルマガに登録して見てくてくださいね。

かなり有益な情報を公開していますのおすすめです。

 

また、バイナリーオプションで勝ち続けるためにはペイアウト率というのが非常に重要です。

このペイアウト率を考えずに口座を開設してしまうと、知らない間に大きく損をしている可能性があります。

 

ですので、その心配がある人は、こちらの記事もあわせて読んでみてくださいね。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。


【無料】投資やビジネスをしたいけど、その資金がない人はこちらの本でのマインドセットがおすすめ!

投資やビジネスをしたくてもその元手となる資金がない人も多いですよね。

その場合は、こちらの本でマインドセットすることをおすすめします。


内容は、両親がパチンコで作った借金を返済していた元皿洗いの男の実話ストーリーです。

その後、たった1人で3億円を稼ぎ20代でセミリタイア経験した人がその秘密を公開しています。


ちなみに、あなたは成功者と成功しない人の違いは何か知ってますか。

それは『考え方』です。


考え方が変わるから行動が変わります。

行動が変わるから結果も変わってきます。

 
つまり、成功者のマインドを知るということは成功への第一歩となります。

こちらの本はお金が必要なく無料で読むことができるので、普遍的なマインドを身に着けたい人はおすすめです。


Amazonで1位を獲得した本ですので読んでみてくださいね。
自由な人生を手に入れる教科書


この本であなたの投資やビジネスが上手くいくようになれば幸いです。




また、メルマガでは私の投資方法や民泊のブログでは書けない内容を公開しています。

是非下記の画像をクリックしてメルマガへ登録してみてくださいね。



ご登録いただいた人にはもれなく収益が上がる『レポート』を無料でプレゼント中!!



LINE@のご登録はこちらから

忙しいサラリーマンの人でも実践できる民泊やバイナリーオプションの質問などお気軽にどうぞ!

登録ができな人は【@uyx2647q】で検索すると登録できますよ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です