成長したかったら先生に付くのと同時に生徒を見つけることがおすすめ!

成長したかったら先生に付くのと同時に生徒を見つけることがおすすめ!

成長するための最も効率的で良い方法の1つに、先生に付いて学ぶというのがあります。

そして、さらに言うと、その内容を『人に教える』というのもあなたの成長を早める方法の1つになります。

 

このように書くと『人に教えてもらっている立場なのに、人に教えることなんてできない』と考えるかもしれません。

 

ですが、人に習っているからこそ『アウトプット』をする必用があるのです。

 

そこで、今回のブログは『なぜアウトプットすると成長するのか』ということについて、解説したいと思います。

最後まで読んでいただくと、『アウトプットの素晴らしさ』について、知っていただけると思います。

 

成長するには先生に習うことがおすすめ

これはわかっていただけると思います。

独学で学ぶことも出来ますが、やはり成長のスピードは遅くなります。

ですので、先生に付いて学ぶことは非常に大切になります。

 

ですが、ここで以下の2つの注意点があります。

  • 守破離を徹底する
  • 自分で仮説検証を繰り返す

 

では、その理由について解説したいと思います。

 

成長するためには守破離を徹底する

先生に付いて学ぶことは大切です。

ですが、『守破離』を徹底しない人は、先生についても結果が出にくいという共通点があります。

 

守破離とは、

  • 守・・・先生の教えをしっかりと守り行動する
  • 破・・・他の先生の教えの良いところなども取り入れ発展させる
  • 離・・・独自の新しいものを生み出す

というものです。

 

ですが、この『守』さえ守れない人がいます。

 

頭でっかちになってしまい、『これは知ってる』とか『これは意味ない』とかその人自身で判断してしまい、教えてもらったことを行動に移さない人が本当に多いですね。

 

これでは、意味がありませんよね。

そして、始めの『守』を守れた人は、次の『破』に移るのですが、ここで大きく差がつきます。

 

それが、2つ目の『自分で仮説検証を繰り返す』ということになります。

 

仮説検証を繰り返すことであなたは成長する

成長したかったら先生に付くのと同時に生徒を見つけることがおすすめ!

これも本当に大切です。

先生に教えてもらったことがしっかりできるようになったら、次はあなた自身で仮説と検証を繰り返しましょう。

これで大きく成長できます。

 

ですが、多くの人がこの仮説と検証が苦手です。

では、なぜ仮説と検証を繰り替えすことをおすすめするのかというと、これによってあなた自身のマイルールが出来るからです。

 

そして、そのマイルールを修正していくことで、あなた自身のオリジナルの方法が出来上がるわけです。

こういうことを経験すると、どんなことにも応用することが可能です。

 

Aというビジネスだけでなく、Bというビジネスにも応用できますし、Cというスポーツにもこの考え方を応用することがで決まるのです。

 

ですが、言葉が悪いですが先生に依存ばっかりしていると、その先生を超すことは絶対に出来ません。

ですので、その先生を飛び越える意気込みを持って仮説と検証を繰り返し行うことをおすすめします。

 

仮説と検証の記事はこちらに詳しく書いています。

仮説検証を繰り返し行えない人は人生で損をしている⇒その理由とは?

仮説検証を繰り返し行えない人は人生で損をしている⇒その理由とは?

2019年4月18日

仮説検証を繰り返し行えない人は人生で損をしている⇒その理由とは?

 

そして、その成長を更に早める方法としておすすめの方法が、『人に教える』という方法です。

 

アウトプットするメリットとは?

アウトプットするメリットは本当にたくさんあります。

これは僕自身も人に教えて経験があるので実体験になります。

  • 知識が整理される
  • 自分が出来ているところ出来ていないところを把握することができる

 

では、その理由を1つ1つ解説していきます。

 

アウトプットすることで知識が整理される

アウトプットすることであなたが先生から教えてもらった知識が整理されます。

 

なぜなら、教えてもらった当時はわかった気になっていますが、いざそれを人に教えるとなると全然理解していないことに気がつくからですね。

 

ですので、人に教えるということはあなたにとって非常に効率良く成長できるチャンスとなります。

ですが、このような考えを持っている人は相当多いと思います。

 

習い始めたばかりなのに、私の知識なんて全然ない』という考え方ですね。

 

ですが、このように考えてることはできないでしょうか。

全くの素人に対しては先生に教えてもらったことを伝えることができるのでは?』と。

 

もちろん、知識がある人に対しては教えることができないでしょう。

ですが、『全くの素人だったら・・・』と考えると可能性が広がるのでないでしょうか。

 

素人に教える過程で、いかにわかりやすく伝えるか相手目線に立ってお伝えする必用があります。

そのためには、用語1つとっても専門用語ではなく、相手にわかりやすい言葉で伝えなければいけません。

 

そして、その過程で知識が整理されるのです。

だから、人に教えるということは、その人だけでなくあなた自身の役にも立ちます。

 

また、人に教えることで出来ること、出来ないことがわかるようになります。

 

自分が出来ること出来ないことが理解できる

成長したかったら先生に付くのと同時に生徒を見つけることがおすすめ!

人に教えようとすると、戸惑うことがあります。

それは、質問を受けたときですね。

 

これで、上手く答えることができた場合は、あなたは理解していると言えるでしょう。

ですが、先生に教えていただいた直後は生徒の質問に上手く答えることができないでしょう。

 

つまり、どの知識が定着しているか、定着していないか生徒に教える過程で理解できるのです。

 

ですが、これが先生に教えてもらっているだけでは、どうしても『自分が人に教えることができるレベルで理解しているかどうか』わかりません。

 

ですので、先生に付くということと生徒を持つということを同時にすることによって、あなたの成長スピードはどんどん上がっていくでしょう。

 

是非この方法はおすすめですので、騙されたと思って挑戦して欲しいと思います。

 

最後に

いかがでしたか。

 

今回は成長するためには先生に付くことと、生徒を持つことの重要性について僕の考えを書いてみました。

ブログの内容をまとめると、

  • 先生について『守破離』を守る
  • 自分で考え仮説と検証をする
  • 生徒に教えることで知識が整理される
  • 生徒に教えることで出来ること出来ないことがわかる

という内容です。

 

ですので、成長のスピードを早めるためにも是非先生だけでなく、生徒を見つけることをおすすめします。

 

また、こちらの記事もぜひあわせて読んでみてくださいね。

 

努力をしても結果が出ない理由を解説しています。

【努力は報われない!?】⇒努力は正しい方法で行動してこそ報われる

【努力は報われない!?】⇒努力は正しい方法で行動してこそ報われる

2019年4月23日

【努力は報われない!?】⇒努力は正しい方法で行動してこそ報われる

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です