ゲストさんとの会話からわかった!幸せに見えても人間悩みは尽きない

ゲストさんとの会話からわかった!幸せに見えても人間悩みは尽きない

僕は徳島県で『民泊』と『うずしおゲストハウス』を運営しています。

そして、毎日多くのゲストさんがお越しになり、一緒にお酒を飲んだりして楽しく会話をしたり。

 

でも、その会話も2人きりだと、途中から悩みを相談される方もいらっしゃいます。

どれだけ、本人が幸せそうに見えていてもですね。

 

そこで、今回のブログは『どれだけ幸せそうに見えても人間の悩みは尽きない』ということを、実体験から気づいたので、シェアしたいと思います。

 

どれだけ幸せそうに見えても悩みのない人間はいない

どれだけ幸せそうに見えても、ほとんどの人が1つや2つ悩みを持っています。

でも、その話をする前に、そもそもなぜ『初対面の僕』に対して、相談ごとをしてくるのでしょうか。

 

なんでだろうな』と考えてみたのですが、たどり着いた結論がこれでした。

  1. 見ず知らずの人
  2. 質問が上手い
  3. 共感力が高い
  4. 聞くことに徹している

という4つの条件を満たしているからかなと。

 

自分で自分を褒めることは恥ずかしいですが、でも営業マンとして数千万円の物を売っていた経験上、他の人と比べて『2〜4番は高いのでは?』と思ったりもしています。

 

ただ、それと同等ぐらいに『見ず知らずの人』というのが大きいかと思ってますね。

初対面だからこそ、『旅の恥はかき捨て』とばかり様々な相談できるのかなと。

 

では、どのような相談が多いかというと、

  • 就職相談(大学生から)
  • 仕事の相談(会社員の人から)
  • 民泊を始め方の相談(脱サラ希望の人から)
  • アメリカ留学の相談(留学希望者の人から)
  • 英語の相談(英語が話したいと考えている人から)
  • 経営の相談(独立したばかりの人から)
  • 恋愛相談(特に女性から)
  • 自信の付け方の相談(自信が持てない人から)

など、ごく一部ですが書き出してみました。

 

そして、びっくりしたのは、僕も含め他の人から見ると『順調そうに人生を歩まれている方もいる』ということですね。

 

人間は生きている限り悩む生き物

どれだけ順調そうに見えている人でも、やはり悩みを持っています。

 

例えば、人生勝ち組と呼ばれている人でも恋愛が上手くいかなくて悩んでいたり、仕事が安定していたとしても、物足りなかったりなど。

 

この前話しをしたモデルさんも、芸能界に悩んでいたりと・・・。

だからこそ、見ず知らずの僕に相談してすっきりされて帰られています。

 

そして、その時僕が意識していることは、『しんみりなりすぎないように』適切なタイミングで冗談を言ったりして『雰囲気を変化する』ですね。

 

また、アドバイスするときも自分の意見を言うときもあれば、相手の意見を尊重してほぼ何も言わない聞き役に徹するときもあります。

 

悩みは僕に相談する時点でその人の中で解決されているかもしれない

まずは、そのゲストさんの意見を真剣に聞くんですよね。

この『真剣に聞く』といのがポイントで、その言葉の中からキーワードとなる言葉がポロって出たりします。

これがすごく大切ですね。

 

実は、悩みを相談する時点で、その人の中である程度『解決案』ができている可能性があると僕は考えています。

 

だから、相手の言葉から推測し、自分の意見を100%ゴリ押しするのではなく、相手の考えを尊重したりもします。

 

それではアドバイスになっていないじゃないか』と思う人もいるかもしれませんが、僕の考えでは『それは独りよがりかもしれない』ということですね。

 

そもそも、『相談=解決策が欲しい』とは限りません。

『相談=聞いて欲しいだけ』ということも十分あるんですよね。

※恋愛相談とか。

 

だからこそ、真剣に会話を聞く必要があり、その人がどういうことで悩み、そしてその悩みは

  • 解決したい悩みなのか
  • ちょっとしたアドバイスが欲しい悩みなのか
  • 聞いて欲しいだけの悩みなのか

を判断したりしています。

 

では、僕に相談をしたゲストさんがどうなって欲しいかというと、『元気になって欲しい』ということなんですね。

だからこそ、その人の悩みにあわせて相談内容を変化したりしています。

 

相手の考えを尊重する必要もあるが時にはズバッとアドバイスすることもある

その人の悩みにあわせて相談方法を変えている僕ですが、その人にとって『本当にズバッとしたことが必要』と感じたときは、言葉を選びながら僕の考えをお伝えしたりします

 

では、なぜ遠回しに言うのかというと『初対面だから』です。

ある程度仲良くはなりますが、その距離感は非常に重要と僕は考えているからですね。

 

なぜなら、『仲良くない人にアドバイスをもらってもムカつくだけ』だから。

逆に『仲が良い人からのアドバイスは受け入れやすかったり』します。

 

ですので、アドバイスをするときは、相手との距離感を感じて言葉を選んだりしていますね。

この距離感は僕は本当に重要視していることなので、ぜひ参考にしてみてください。

 

最後に

今回はブログを書きながら『人間悩みが必ずある⇒相談への僕の対処方法』というちょっと不思議な終わり方になってしまいました。

 

しっかり、ブログの構築をしてから書き始めるともっとわかりやすい記事になるのかなと反省しています。

 

ただ、今回紹介した

  • 相談=アドバイスを必要としていないときもある
  • アドバイスするためには相手との距離感が重要になる

という2つは、ぜひ覚えていて欲しいと思います。

 

きっとあなたの人生に役立つので。

 

ちなみに、こちらの記事もぜひあわせて読んでみてくださいね。

内容は、相手の視点に立つことが重要というブログになります。

顧客に寄り添った細かい商品提案こそが満足度を高める唯一の方法!?

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です