香港のゲストさんがよくお越しになるのでデモの現状を聞いています

徳島県鳴門市で僕が経営している『うずしおゲストハウス』ですが、海外から多くのゲストさんがお越しになります。

 

ご宿泊いただく国のTOP3は

  • フランス人
  • 香港人
  • 台湾人

で、その他にも

  • ドイツ人
  • オランダ人

も多くご宿泊いただいてます。

 

気づいた人もいると思います。

上記の中に・・・・そうなんです。

香港が入っていますよね。

 

今年の前半までは多かったのですが、6月からデモが開始すると少し少なくなりました。

それでも多くの香港人がお越しになっていただいてますが。

 

現在どんどん過激化しているデモ隊と香港警察。

その現状を本当に多くの香港人から直接僕は話を聞いています。

メディアでは伝わってこない内容ですね。

 

ですが、正直聞いていることを全てこのブログに書くことはできないですね。

理由は、中国が怖いから。

 

僕のゲストハウスに宿泊予約が入って、中国警察の人とか来たらどうすることもできないですよね。

予約を拒否することもできないですし。

 

だから、軽めの内容を少しだけブログに掲載したいと思います。

 

基本的に今回の対立というのは、『自由のためのデモ』ですよね。

中国というよりは中国共産党は香港もすべて自分達でコントロールしたい。

でも、香港はイギリスの植民地だったため、自由が何かを知っている。

 

だから、共産主義になりすべて政府にコントロールされたくないという思いがある。

そして、今回のデモのきっかけとなったのが、『逃亡犯条例』という法律。

それは、犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを認める法律です。

 

簡単に言うと、香港で中国政府の悪口を言った場合、中国本土へ連行できるというもの。

これでは、言論の自由なんてなくなりますよね。

 

では、香港人から聞いた香港と中国の違い、そして僕が香港人ゲストさんを接客して感じることをまとめて書いてみたいと思います。

  • 香港人はジャッキー・チェンよりブルース・リーの方が好き
  • 中国人は中国のパスポートを香港人は香港のパスポートを持っている
  • 中国には土地の所有権がなく50年ごとに見直しになる
  • 中国人は14億人。中国人の移民を受け入れると家族で押しかけるのでやめたほうがいい
  • 外国人に参政権を与えてはダメ。中国人の政府ができるよ。人数が多いから
  • 今年の6月から香港では自殺者が増えている(本当かどうかわからないか)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です