【これから独立起業する人へ】僕が独立して感じたこと※時間編※

【これから独立・起業する人へ】僕が独立して感じたこと※時間編※

今はサラリーマンだけど、将来的に独立して自分でビジネスを始めたいって考えている人は多いんじゃないかな。

そこで、自分が独立してビジネスをして良かった点、悪かった点を正直に書いてみようかなって思う。

 

今回はその時間編。

是非、実際の生の声っていう意味でも参考になればと思います。

 

僕はもともとサラリーマンを10年ぐらい続けてからの独立でした。

 

そのサラリーマンというのは、東京と徳島でのサラリーマン生活を両方経験しているから、都会の人でも地方に住んでいる人でも参考になるところは多いと思う。

 

では、早速自分が独立して感じていることを書いてみようと思う。

まず、結論から。

 

サラリーマン時代と比べて時間が全然なくなった。

というのが結論。

 

でも、このサラリーマン時代という言葉ってその人の基準によって違うと思うんですよね。

だから、『東京での僕のサラリーマン時代』の時間っていうのをちょっと話そうと思う。

※地元徳島の会社はすごくいい会社だったので、その点は間違いないでくださいね。

 

基本は超ブラック企業。

 

朝は午前8時に出社、帰宅は早い時で終電。

これは、すごくいい時。

 

現場によって違うけど酷かった現場は1Rに男性社員6人ぐらいで泊まり込みの毎日。

帰宅は週1回ぐらいできるかどうか。

この帰宅の時っていうのは本社での朝礼の日ね。

※僕は元新築マンションの営業マン。

 

泊まり込みの日は終電まで駅で降りてきた人に対してチラシ配り。

その後、路上で歩いている人を勧誘。

その後、民家へポスティングという毎日。

 

ノイローゼになっている人も大勢いたし、辞める人なんて1日で辞めていった。

面白いことに、辞める人は全員夜逃げしますからね。

ほぼ90%以上。

 

会社の中で『あいつ飛んだぞ』っていう言葉がよく飛び交っていたかな。

中には夜逃げして実家から連れ戻された人も(苦笑)

 

また、休みなんて全然なかった。

僕は最長1ヶ月半休みが無かったけど、ヒドイ人は半年休んでないって言ってたかな。

 

また暴力は当たり前。

殴る蹴るっていうのを見てきたし、実際僕も殴られたので。

 

印象に残っている暴力事件はいくつかあるけど、やっぱり入社3日目に社員の人が新宿でボコボコにされているのを見たのが1番始めだったので印象に残っている。

 

当然新宿なので人がいっぱいいるでしょ。

 

そりゃいきなり信号待ちをしている部下を、後ろから上司が蹴って倒れたところを踏みつけてさらに蹴り続けている。

当然人だかりができますよね。

これが1番印象に残っている暴力かな。

 

ちょっと時間的な話とそれてしまったけど、基本的な僕の東京でのサラリーマンの時の時間ていうのはそんな感じ。

でもね、勘違いしてほしくないのは、この超ブラックな企業で働けたことに僕は感謝しているってこと。

 

労働基準法なんて無視もいいとこだし、殴る蹴るなんてのはもっての他と思うでしょ。

でも、この厳しい環境に身を置くことは僕の人生にとって非常に有意義な時間だったと思っている。

 

こういう経験をしているからこそ、都会の人達のスピード感というのを体験することができた。

これは、田舎に住んでいるだけではなかなか体験できない経験だと思っているから。

スピードに対する意識ね。

田舎は基本的にゆっくりな人が多い。

 

でも、独立してからはこの比じゃなかった。

いや、時間は平等に24時間なので変わらないけど、時間1秒あたりの責任の重さが全然違う。

 

例えば、サラリーマンをしている時っていうのは、完璧に自分のこととして考えられていないんですよね。

でも、独立したらそうじゃない。

全ての時間が僕の場合は恐怖に変わったんですよね。

 

それは、正直に書くとお金に対する恐怖。

だから、正直恐怖感から働いているっていうのが独立したときの本当の気持ちであり、今もその気持は忘れていない。

 

不動産収入や、ビジネスの自動化でお金は毎月入ってくる仕組みは作った。

けど、やはり『万が一』っていうのを考えてしまう。

 

だって、サラリーマンのときは極端な話仕事をしなくても、売上が上がらなくても、会社に貢献しなくても決まった日時になればお給料が貰えると思うんですよね。

 

中には、経費という名目で交通費を会社に請求したり、打ち合わせと称して打ち上げ費用を会社へ請求している人もいると思う。

でもね、独立したら全て自分次第なんですよね。

 

だから、独立したときはその恐怖感が半端なく襲ってきましたね。

ほんと、会社を辞めるって社長に報告した以降なんて夜中に目が覚めるんですよね、恐怖心から。

 

寝れないんですよ。

寝てもすぐ目が覚めるとかね。

 

失敗したらどうしよう』とか『破産するんじゃないか』とか『独立が失敗したら子供がイジメられる』とかね、様々な感情が僕の中にあらわれたんですよね。

 

これがサラリーマンとして働いている状態と全然違う。

だから、その恐怖心を拭うためにも自らドンドン仕事をして少しでもより多くのお金を稼ぐようになっていった感じですね。

 

僕は元住宅・不動産関係の仕事でしょ。

で、独立したときに取り組んだのはインターネットビジネスと英語塾。

 

特に、インターネットビジネスは専門用語が全然わからなくてね、時間だけが虚しく過ぎていく。

これが同じ不動産関係で独立していたら、少し話は違っていたかもしれないけどね。

 

だから、さっきも書いたけど稼いでも次から次へとビジネスに取り組んで時間がなくなっているっていうのは、恐怖心から逃れるための行動。

 

でもよく、広告で見ないですか。

独立してすぐに初月から結果が出て旅行行きまくりですとかね。

本当にすごい人はすぐに結果を出せるかもしれないけど、逆に疑ってしまいますよね。

 

ほんまかな〜』と。

すごく嘘くさいというのが本音かな。

 

で、逆に良かった点はね、時間をコントロールすることができるようになった。

これが1番かな。

 

例えば、東京時代なんて全然時間なんてコントロールできないんですよね。

でも今は、すべての行動は自分で決めることができる。

 

例えば、『海外旅行がしたい!』と思えば、僕は明日からでもすぐに海外に行くことができるんですよね。

冬は北海道の食事が美味しいと聞けば、2時間後には北海道の行きの飛行機に乗ることができるんですよね。

 

これって、サラリーマンしていたら難しくないですか。

 

例えば、子供が熱を出したときもそう。

自分で仕事を管理できるから、自宅で仕事をするという選択を自分ですることできるんですよね。

この時間の使い方というのが本当にサラリーマンの時と変わった点ですね。

 

だらか、結局いつも僕が言っている『リスクを取った行動かどうか』が本当に大切になるんですよね。

 

毎日の恐怖心はやはり独立3年目を迎えてもなかなか消えません。

もちろん、これは個人の性格によるところもあるのかもしれませんが。

 

でも、そのリスクをとったからこそ僕は自分がしたいと思ったことをしたい時にできるようになりました。

 

だから、僕の経験上独立したあとはビジネスに集中するために忙しくなるから、時間が全然なくなる。

ただ、その時間の使い方を自分でコントロールできるからサラリーマンのときとは全然別物になる。

ということがわかりましたね。

 

経験してもらったらわかると思うけど、自分の管理下に時間を置くことができるという点は人生において本当に大切なことであり、独立する大きなメリットの1つになるんじゃないかなって本気で思う。

 

もちろん、始めは大変だしなかなか上手くいく人って少ないと思う。

だからといって行動しないっていうのは人生無駄にしていると思う。

ネットか雑誌か忘れたけど、こういう言葉を読んだことがある。

 

行動して失敗した後悔は時間と経つにつれ薄くなっていくが、行動しなかった後悔は時間が経つにつれ大きくなっていく

確かにその通りだなって思う。

もし、あなたが独立したいと考えているなら、僕は早く独立することをおすすめします。

大変だけど、覚悟をもって飛び込めば大丈夫。

 

でも、そうは言ってもなかなか行動が取れない人もいますよね。

その場合は、独立する前に副業である程度の収入を得ていることがおすすめです。

 

実際僕自身は独立してから非常にお金に困った経験があるのですが、それでも以下の収益があったら助かった面もあります。

  • 不動産からの家賃収入
  • 太陽光からの収入

 

ですので、サラリーマンから独立し起業を考えている人は、会社員時代から副収入を得る行動を取ることをおすすめします。

 

初期費用をあまりかけたくないという人はアフィリエイトがおすすめですね。

だたし、デメリットは収益が発生するまでに時間がかかるということ。

詳しくはこちらの記事を読んでみてくださいね。

スキマ時間で稼ぐ!アフィリエイトの始め方の手順を初心者へ解説!

 

もっと早く収益を上げたいと考えている人はバイナリーオプションがおすすめですね。

どれぐらい稼ぐことが可能かはこちらの記事に書いているので、参考にしてみてくださいね。

バイナリーオプションで稼ぐ人の月収は?有名トレーダー達の月収を検証!

※バイナリーオプションは預貯金が少ない人にはおすすめしていません。

 

また、金銭的な余裕が少しでも独立する前に欲しいという人は是非僕のメルマガを読んでみてくださいね。

面白い稼ぎ方やサラリーマンで時間のない方でも稼げる方法をというのをお伝えしてます。

なぜ言い切れるかっていうと、僕が元サラリーマンだからですね。

 

今回の記事も最後まで読んでくれてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です