ビジネスの観点からホスト業界を真剣に分析してみようと思います!

最近経営している『うずしおゲストハウス』が非常に好調で、ずっと満室状態が続いています。

1人で何もかもしているので、少し疲れてはいますが、ゲストさん達の前ではそういう姿は見せずに、楽しんでいただけるように行動しています。

 

ですが、昨日ふと考えたんですね。

『最近は僕目当てで来てくれるお客さんもいる。ご紹介していただくお客さんもいる。でも、このまま僕が忙しくなり、ゲストさん達に満足していただくことができるのか』と。

 

こんなことを色々考え悩んだりしていたんですね。

どうすれば、少ない時間でもゲストさんに喜んでもらったり、そのゲストさん達の記憶に残るのかと。

もちろん価値提供をするというのが前提なので、宿泊施設としての機能はどんどん向上させていきたい。

 

でも、それだけでは大手資本が入ったホテルやゲストハウスには勝てない。

どうしても『このゲストハウスに宿泊する理由』を作りたい。

常にそう考えているんですね。

 

だから、色々試行錯誤してよりゲストさんに満足したり感動してもらえるように、独自のサービスや気遣いをしています。

そして、それが評判になり多くのゲストさんにご宿泊いただくようになって起こった次の課題が、先程書いた僕との接触時間なんですね。

 

今までは1人に対して、次は3人に対して、次は5人に対して接客をしていたのですが、それが10人に対して、15人に対してとなると、どうしても僕が物理的に割ける時間が限られてきます。

 

しかも、紹介のお客さんや僕との話を楽しみにして来ていただいている人達に対して、そういう状況を作ってしまうんですね。

 

それでは、どうしても満足していただくことが出来ないですし、逆に言えば僕との会話=売りだったりするのに、それが出来ない=マイナスになったりする可能性もある。

 

なぜなら、建物がおしゃれじゃなく古く設備も最新の物じゃないから。

だから、ゲストさんが増えるにつれこういう悩みが生まれてきました。

 

しかも、最近は1週間近く満室状態が続いたので、特に強く考えるようになりました。

『もっと少ない時間でもゲストさんに価値を提供するには』と。

 

そして、こんなことを考え始めたんですね。

『どうやったら短時間でも僕との交流を満足してもらえるゲストハウスにできるのか』。

『他の業界で満足度が高い業界はないか』。

『うちは女性ゲストさんの割合が多いからまずは女性ゲストさんに満足してもらうには』。

『女性が短時間でも通っている施設はないのか』。

『あっ!ホスト業界ある』。

『ホスト業界は女性のゲストさんが短時間でも大金を払うというビジネスモデル』。

『無理やり払わすわけでもなく、女性ゲストさんは自ら大金を払う』。

『なにかそこには人を短時間でも魅了する魅力があるのではないか』。

『よし、一度ホスト業界を調べてみよう』。

という流れですね。

 

こんな単純な思考の結果、少しビジネス的な視点でホストという人達を研究してみようと思いました。

どうして彼らは仕事ができるのか。

どうして彼らは短時間でも女性から応援されるのか。

どうして女性は大金を払うのか。

 

色々興味深いことはあります。

ただ、僕は『キャバクラでボーイとして働いていた経験』があるので、調べていくと早めに共通点か何かが見つかりそうかなっては思っています。

 

ちなみに、キャバクラの体験はこの記事にまとめています。

キャバクラで働いていた経験からモテる女性の共通点をお伝えします!

 

これが、昨夜の考えていたことですね。

で、早速ゲストさん達がチェックアウトしたあと、ホストの動画をYouTubeで見始めました。

すると、2つの共通点に気づいたんですね。

 

1つはめはイケメン。

2つめは細いということ。

 

1つめのイケメンで『いきなり出鼻をくじかれた感』があり、さすがにちょっと顔を変化させることはできないなと思ったので、2つめの痩せるということにフォーカスしてみようかなと。

 

だから、早速昼食は抜きました。

 

ただ、僕はアメリカのロサンゼルスで4年半生活していた経験から、どうしてもガリ=喧嘩が弱い=舐められるという考えを持っているため、筋トレをして身体を締めようと考えています。

 

個人の部分ではトークやその構成など、ホスト業界全体ではどういう仕組みでお金が回っているのかなども、調べてみようと思ってます。

 

もちろん、『女性にお金をあれだけ払わすのはよくない!』という意見はあるかもしれませんが、それでも無理やり払わしているのではないと思うんですよね。

 

つまり、ホストの皆さんに何らかの魅力があり、そこに女性の人は価値を感じていると。

その価値を感じているからこそ、短時間しか席にいなくても何万円も何十万円ものお金を払う。

 

僕しているゲストハウスの宿泊料金には何十万円という支払いはなく、1人数千円程度。

でも、その数千円以上の価値をより提供することができたら、もっとゲストさんに喜んでくれるのかなと。

 

つまり、今までの僕のレベルを100として、お客さんの数が10になると、お客さんが受け取る僕の価値は100÷10=10となりますよね。

 

でも、ホストの何かの秘密を知り、よりお客さんに価値を提供できるように僕のレベルが向上したら、どうなるか。

僕のレベルが200になり、お客さんの数が10であれば、200÷10=20になりますよね。

 

つまり、お客さんは現在よりも2倍の価値を受け取ることができる。

しかも、料金は変わらず。

そうなると、必然的に満足から感動するレベルになると思うんですよね。

 

実際、先日ご宿泊いただいたゲストさんからこのようなメッセージをいただきました。

僕が今までやっていることが間違えてなかったということがわかり、本当に嬉しい。

だから、思わずシェアしてしましました。

 

このメッセージからもわかるように、このゲストハウスにご宿泊いただいたゲストさんは満足していただいてる。

それがこのゲストハウスの口コミにもあらわれている。

 

でも、それ以上に感動してもらうためには、僕のレベルを上げるしかない。

そうじゃないと、大手資本の会社がゲストハウスを近隣に建てたときは、一気に倒産になるかもしれないからですね。

 

常に他では真似できないような価値をお客さんに提供していきたい。

そのためにはホスト業界をビジネス視点で研究してみようと思ってます。

 

また、色々気づきや共通点があったらまとめてブログに書いてみたいと思います。

ぜひ楽しみにしていてくださいね。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です