ブランド構築は非常に重要!日本経済新聞に掲載されて感じたこととは?

ブランド構築は非常に重要!日本経済新聞に掲載されて感じたこととは?

僕はブランド構築は非常に重要だと考えています。

それは、個人でも企業でも商品でもです。

 

でも、会社員の時は正直そこまでブランドの構築に対して『大切なことはわかっているが・・・』という状態でした。

 

ですが、独立・起業してから本当に企業だけでなく個人でもブランドを構築するということが重要だと気づきました。

 

そこで、今回のブログは、

  • 個人がブランド構築をするメリット
  • 日本経済新聞に掲載されたのでどのような経緯で掲載されたのか

という点についか僕の実体験を解説したいと思います。

 

最後まで読むと、ブランドを構築する重要性がわかるので、楽しみにしてくださいね。

 

そもそもブランドやブランド構築とは何か?

ブランドとは顧客が持っているイメージ

まず、このブランド構築の重要性について語る前に、そもそもブランドとは何なのでしょうか。

その定義から解説したいと思います。

 

ブランドを調べると、以下の解説がありました。

引用元:コトバンク

ブランドとは製品につける名前、ないしは名前がついた製品そのものをいう。転じて他と区別できる特徴を持ち価値の高い製品のことを指す場合がある。

 

つまり、ブランドとは商品そのもののイメージのことを言います。

では、誰が持っているイメージかというと、それは顧客が持っているイメージです。

Aという商品は高級で良質なイメージがある』とかですね。

 

では、そのブランドを構築するとはどういうことなのでしょうか。

 

ブランドを構築するとは企業側の視点で顧客に持ってもらいたいイメージを構築すること

まず、先程説明したブランドとこれから説明するブランド構築には明確な違いがあります。

それは、顧客の視点か企業の視点かです。

 

先程のブランドは顧客側の視点での話だったと思います。

ですが、このブランド構築は企業側の視点になります。

 

企業が自社商品を顧客にどのようにイメージしてもらいたいのか、それを構築していくのがブランド構築になります。

 

ですので、顧客にイメージを持ってもらうための行動、例えば、

  • プロモーション
  • 販売方法

などを整える行動をすること=ブランドの構築の行動となります。

 

でも、どうして企業だけでなく個人もブランドを構築する必要があるのでしょうか。

それはには、大きくわけて4つのメリットがあります。

 

個人がブランドを構築するメリットは大きくわけて全部で4つ

個人にブランド力があると以下の点で有利になります。

  • 価格競争に巻き込まれない
  • 顧客の満足度の向上
  • 従業員の満足度の向上
  • 人や情報が集まる

 

では、解説していきたいと思います。

 

ブランド力が高いと価格競争に巻き込まれない

これは、有名なブランドをイメージするとわかりやすいですよね。

 

例えば、ルイヴィトンとかどうでしょう。

価格競争に巻き込まれているでしょうか。

お客さんから値切られているでしょうか。

 

そんなことないですよね。

ルイヴィトンはルイヴィトンなんですよね。

つまり、ブランド力が向上すると、価格競争に巻き込まれないし値引きもされなくなります。

 

その結果、適正な利益を得ることができ、そこで働く従業員のお給料にも反映することができます。

 

ブランド力が高いと顧客の満足度が向上する

同じAという商品でも片方はルイヴィトンの商品で、もう片方は無名の商品だとします。

その場合、同じ値段だったらどちらが顧客の満足度は高いでしょうか。

 

当然、無名のAという商品より、ルイヴィトンの商品の方が顧客の満足度が高くなりますよね。

つまり、ブランドが高いということは、すなわち顧客を満足させる1つの方法になります。

 

ブランド力が高いと従業員の満足度も高くなる

個人のブランド力が高くなると、一緒に働いている人の満足度も高くなります。

これは、企業で考えるとわかりやすいと思います。

 

例えば、ルイヴィトンで働いている人はルイヴィトンという企業に誇りを持つことができるでしょう。

 

ですが、名もない企業で働いている人は、少し語弊がある言い方になりますが、ルイヴィトンほどの誇りをその企業に持つことができるでしょうか。

 

つまり、ブランド力を高めるということは、従業員の誇りを高めることにつながり、その結果、そこで働く従業員の満足度も高くなります。

 

これは、個人においても全く同じです。

例えば、個人で絶大な影響力を持っているYoshikiさんのマネージャーさんとかは、Yoshikiさんの元で働けることに誇りを持っていると思います。

 

もちろん、僕たちにはわからない大変さはあると思いますが。

ですので、個人でも企業でもブランド力が高くなれば、従業員の満足度を高めることができます。

 

ブランド力が高まると人や情報が集まる

ブランド力が高まってくると様々な仕事の話や情報が集まってきます。

もちろん、それに伴って自然に人も集まってきます。

 

芸能人とか見るとわかりやすいですよね。

道をあるくだけで、人が集まってきますよね。

 

また、お仕事の話も届きやすくなります。

こういうことがブランド力が高いと起こります。

 

では、そもそも『個人のブランド力を高める』と書いていますが、そもそも個人の商品とは何なのでしょうか。

それは、その個人本人そのものです。

 

僕がブランド構築したい商品は僕自身

ブランドを構築するというのは、企業側の視点と先ほど書きました。

企業=僕』として考えると、僕がブランド構築をしたい商品は僕自身になります。

 

意味がわかりにくい人は芸能人をイメージしてみてくださいね。

 

芸能人や有名人は商品が彼ら自身ですよね。

つまり、僕の商品も僕自身なんですね。

 

もちろん、芸能人と比較すると、僕自身の知名度は全く比べ物になりません。

でも、それはコツコツ行動を続けることによって改善できると僕自身は考えています。

 

だから、自分ブランドの構築とは、自分という商品を顧客に良いイメージを持っていただく行動になります。

 

そして、僕が顧客に持って欲しい良いイメージとは、『民泊・ゲストハウスの第一人者』や『民泊というビジネスを通して地域活性化に取り組んでいる人』というイメージです。

 

つまり、今後は『民泊・ゲストハウス運営と言えば木内』や『ビジネスを通して地域活性化をしている人と言えば木内』と言われるように行動したいと考えています。

 

そして、そのためのブランド構築の方法の1つに新聞に掲載されるというのがあります。

 

ブランド構築の方法の1つに新聞に掲載される

今回、日本経済新聞に掲載されました。

もちろん、総合ページにです。

 

では、なぜ日本経済新聞に掲載されたかというと、実は毎日書いている僕のブログを日本経済新聞の記者さんが読んでいただき、直接問い合わせがあったからですね。

 

また、地元徳島新聞に掲載された経緯は、知り合いの人の紹介でした。

もちろん、その人は僕が民泊をしていることを知っていますし、実際、徳島県でNo.1の実績があるということを知っています。

このように、新聞に掲載されるというだけで、一般の人は僕に対して『民泊やゲストハウスで実績がある人』というイメージを持ってくれますよね。

 

これが、ブランド構築になります。

そして、こういうメディアに露出すると、また違う場所からお話がきたりします。

 

さらに、それが仕事に繋がったりするのです。

 

ですので、僕自身も引き続きメディアに出たり、YouTubeで僕自身の考えを発信し、より僕自身という商品に対してより良いイメージを持ってもらいたいと考えています。

 

最後に

今回のブログは個人がブラン力を構築するメリットと新聞に掲載された経緯について書いてみました。

全ては顧客と向き合いコツコツ真面目に努力しているからだと僕自身は感じています。

 

そうなんです。

大切なのは、顧客なんですね。

これを疎かにしてしまうと、僕のブランド力は低下してしまいます。

 

だからこそ、これからも顧客のことを考えビジネスに取り組んでいこうと考えています。

そして、自分自身のブランド力をより高めるためには海外だと僕は考えています。

 

日本経済新聞で名前は全国デビューしました。

次は海外メディアから取材を受けたいと考えています。

 

そのためには、事業の内容はもちろんのこと、英語での発信も重要になってくると考えています。

幸い僕は英語が出来るので、失敗しながらでもコツコツ自分自身の商品開発を続けていきたいですね。

 

ブランド力を付けた人はすごい影響力を持ちます。

ブログではずっと言い続けていますが、これからは本当に個人が大企業並みの力を持つ時代だと考えています。

 

ですので、個人で活躍したい人は、是非あなたの強みを見つけ『○○と言えば「あなたの名前」』が出てくるように行動してみてください。

 

僕自身もまだまだですし、これからもブランド構築のために活動していきたいと思っています。

コツコツお互いがんばりましょう。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ちなみに、もしあなたが民泊やゲストハウスのことをより詳しく知りたいならこちら記事がおすすめです。

  • 宿泊者側の視点から
  • 経営者側の視点から

という2つの視点で記事をわけているので、参考になると思います。

 

ぜひあわせて読んでみてくださいね。

あわせて読みたい

民泊・ゲストハウスが好きな人へ!絶対読むべき人気記事のまとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です