地元徳島の名俳優大杉漣さんの死について思うこと

地元徳島の名俳優大杉漣さんの死について思うこと

人生とは本当に儚いですね。

まさか、大杉漣さんが死んでしまうとは思ってもみませんでした・・・。

それも病気で徐々に弱っていくのではなく、突然死んでしまうなんて。

 

僕は、徳島出身で現在も徳島に住んでいるんだけど、東京とかに仕事で行くとよく言われることがある。

  • 徳島は行ったことがない
  • 徳島ってどこにあるんだっけ
  • 阿波踊りでしょ
  • 有名人だれ

とか聞かれる。

 

場所は・・・、まー僕が関東周辺の県の位置が正確にわかっていないというのと同じような感覚かなと。

 

また、有名人に関しての回答には毎回困っていました。

あまり有名人がいないんですよね。

 

始めは、ずっと板東英二やアンジェラアキって言ってたけど、最近姿を見ないし。

 

でも、大杉漣さんがどんどん有名になってきて最近はよく『徳島出身の有名人は大杉漣』と答えていた。

なんかね、本当に残念なんですよね。

 

地元には徳島新聞ていうのがあるんだけど、その一面の今日の見出しがこれ。

大杉漣さんは徳島をすごく愛してくれていた。

その気さくさはかなり有名。

 

徳島には現在J2で頑張っている徳島ヴォルティスというサッカーチームがある。

普通は大杉漣さんぐらい有名になると、VIP席とかで観戦したりするけど一般の人に混じって一生懸命応援しているなんてのは当たり前。

引用元:http://matomame.jp/user/bohetiku/14252634cd01392c777e

写真撮影にも応じるし、普通に徳島の街を歩いている。

なんかね、近所のおっちゃんみたいな感じだったんですよね。

 

徳島県人の誇り。

本当に残念しかない。

 

でもね、こういうことがあると改めて人生の儚さというのを感じますよね。

やはり人間いつか死ぬんだなと。

そして、それがいつくるか誰にもわからないということも。

 

そして、改めて自分の人生について考えてみますよね。

あなたも考えませんでしたか、あなたの人生を。

 

僕はね、死ぬときは楽しい人生だったと思って死にたい。

あなたは死ぬ時に満足して死にたいとかは思いませんか。

当然誰しも思いますよね。

 

でも、現実は人生に希望を見いだせない人が多いということが不思議じゃないですか。

自分は幸せになりたいと思っている、でも現実は全然違うと。

 

僕の考えは、その違いって何かっていうと・・・、結局行動したかしていないかの違いだと思っている。

 

でも、こんなこと書くと『俺は行動している』って反論したくなる人も多いと思います。

 

でもね、行動の質が違うんですよね。

どういうことかと言うと、リスクを取って行動したか』の違いなんですよね。

1つ例を上げてみたいと思います。

 

Aさんは副業で稼ぎたいと思っている。

で、選んだジャンルがアフィリエイト。

でも、数ヶ月どれだけ頑張っても1ヶ月1000円程度の収益しか上がらない。

 

そこで、Aさんは声を大にして言うわけですよ、『アフィリエイトは稼げない』って。

でもね、稼げてない人に聞くんですよ『どうやって勉強したんですか』って。

 

すると、面白いぐいらいそういう人に限って独学なんですよね。

独学なんで、当然費用はかからない。

 

でもね、そこには何のリスクも取っていないですよね。

 

逆に、Aさんと同じ時期に始めたBさんがいたとします。

Bさんはアフィリエイトに挑戦したいと思っていたけど、ネットビジネスは初心者。

だから、何から始めていいかわからない。

 

そこで、アフィリエイトの塾に参加します。

30万円の高額塾です。

Bさんに取ってはなけなしのお金です。

 

でも、そこでノウハウを学ぶことにより短期間で毎月10万円の収入を得ることができるようになりました。

 

Bさんとしては毎月最低10万円が入ってくるので、30万円の塾費用は3ヶ月で全部支払うことができるということですよね。

 

こんな話は作り話と思うでしょ。

このBさんて実は僕なんですよね。

 

正確には10ヶ月で100万円超えの収益を得ることができたんですが。

そして、その結果セミナーで講師として話すようにもなりました。

 

アフィリエイトをド素人の状態から始めて11ヶ月目の僕。

 

でね、結局この行動ってお金だけじゃないんですよ。

 

成長のスピードが遅いってことは、何より時間を無駄にしているんですよね。

つまり、人生を無駄にしているってこと。

 

ほんと、これに気がついていない人が多すぎる。

 

お金があれば有意義に過ごすことができる。

でも、リスクを取らないために収入が増えず現状のまま。

これって虚しくありませんか。

 

だから、さっきも書いたけど『あなたの行動はリスクを取っているのか』という点で自分の行動を冷静に判断してみてください。

きっと頑張っているけど結果が出ていない人ってリスクを取っていない人が多いです。

 

もちろん、リスクを取ることはめちゃくちゃ怖いですよ。

 

僕も、30万円の塾に入ったときは、借金が9000万円くらいで無職。

さらに、子供が3人いるため生活費も合わせると毎月の支出は100万円以上。

 

通帳の残高はみるみる減っていっている。

こんな状況でしたからね。

 

また、『塾に入ったけど稼げなかった』って人もいますよね。

そういうリスクを取ったけど稼げていない人に多いのが、依存性です。

これはね、本当に多い。

例えば、こういうことを言ってませんか。

 

○○さん教えてくれなきゃ稼げないじゃないですか

○○さん助けてください。あなただけが頼りです

とかね。

 

こういう人は何をしても稼げないですね。

ベクトルが自分の方向に向いていなくて相手の方向に向いているから。

だから、ネットで調べたらわかるのにそれすらしない人が多すぎる。

 

もちろん、始めはそれでいいですよ。

僕もそうでした。

 

でもね、ネットを使って稼ぐってそんなに甘くないんですよね。

このマインドに気がつけた人はベクトルが自分に向き出すんですよね。

 

だから、自分で行動して分析してそれを質問したりするようになります。

結局、行動してないから具体的な質問ができないですからね。

 

さらに、マインドの続きで言うと副業と思ってしている人はなかなか結果が出ないですね。

ビジネスです。

 

あなたは個人事業主なんですよ。

この感覚をしっかり持つようにしてくださいね。

 

ただ、リスクって悪いことばかりじゃないんですよね。

リスクを取るってことは2ついいことがあるんですよ。

 

それは、『ストーリーができる』ということと『感情が動く』ということですね。

 

リスクを取れば、あなたの人生にストーリー性が加わります。

僕がさっき自分の状況を語ったように、そこにストーリが生まれますよね。

それをあなたも語るストーリーができので、語りそれに共感してくれた人がファンになります。

 

また、感情が動くということは記憶されるということなんですね。

例えば、学校の勉強とか全く覚えていないですよね。

あれば頭で覚えようとしたから、その場では覚えているけど時間が経つと忘れてしまう。

 

でも、高校生の時に馬鹿話した話や経験て覚えていますよね。

それって、感情と共に記憶したことなんですよね。

 

だから、感情が動く経験をするってことは、あなたが死ぬ時に思い出の1つとなるということなんです。

 

結局、大杉漣さんの話から少し脱線してしまいましたが、人生を有意義に過ごす。

それをもう1度真剣に考えてもいいのではないでしょうか。

 

 

本当に大杉漣さんは徳島県人の誇りでした。

改めて大杉漣さんのご冥福をお祈り致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です